恋愛 ハッピーエンド小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ ハッピーエンド×
13,856 12345
1
恋愛 連載中 短編 R15
わたしの婚約者は王宮精霊騎士団所属の精霊騎士。 この度、第二王女殿下付きの騎士を拝命して誉れ高き近衛騎士に 昇進した。 でもそれにより、婚約期間の延長を彼の家から 告げられて……! どうせ待つなら彼の側でとわたしは内緒で精霊魔術師団に 入団した。 そんなわたしが日々目にするのは彼を含めたイケメン騎士たちを 我がもの顔で侍らかす王女殿下の姿ばかり……。 彼はわたしの婚約者なんですけどね! いつもながらの完全ご都合主義、 ノーリアリティのお話です。 少々(?)イライラ事例が発生します。血圧の上昇が心配な方は回れ右をお願いいたします。
24hポイント 102,059pt
小説 7 位 / 140,815件 恋愛 7 位 / 43,686件
文字数 29,477 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.19
2
恋愛 連載中 短編 R15
「──わかった、これまでのことは謝罪しよう。とりあえず、国に帰ってきてくれ。次の聖女は急ぎ見つけることを約束する。それまでは我慢してくれないか。でないと国が滅びる。お前もそれは嫌だろ?」  出来るだけ優しく、テンサンド王国の第一王子であるショーンがアーリンに語りかける。ひきつった笑みを浮かべながら。  だがアーリンは考える間もなく、 「──お断りします」  と、きっぱりと告げたのだった。
24hポイント 100,388pt
小説 8 位 / 140,815件 恋愛 8 位 / 43,686件
文字数 21,350 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.09
3
恋愛 連載中 長編
 幼い頃に誘拐されたマリアベル。保護してくれた男の人をお母さんと呼び、父でもあり兄でもあり家族として暮らしていた。  誘拐される以前の記憶は全くないが、ネックレスにマリアベルと名前が記されていた。  数年後にマリアベルの元に侯爵家の遣いがやってきて、自分は貴族の娘だと知る事になる。  お母さんと呼ぶ男の人と離れるのは嫌だが家に戻り家族と会う事になった。  片田舎で暮らしていたマリアベルは貴族の子女として学ぶ事になるが、不思議と読み書きは出来るし食事のマナーも悪くない。  お母さんと呼ばれていた男は何者だったのだろうか……? マリアベルは貴族社会に馴染めるのか……  っと言った感じのストーリーです。
24hポイント 91,875pt
小説 11 位 / 140,815件 恋愛 10 位 / 43,686件
文字数 45,311 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.17
4
恋愛 連載中 短編
結婚して3年目。 騎士である彼は王女様の護衛騎士で、王女様のことを何よりも誰よりも大事にしていて支えていてお護りしている。 それこそが彼の誇りで彼の幸せで、だから、私は彼の1番にはなれない。 王女様には私は勝てない。 結婚3年目の夫に祝われない誕生日に起こった事件で限界がきてしまった彼女と、彼女の存在と献身が当たり前になってしまっていたバカ真面目で忠誠心の厚い騎士の不器用な想いの話。 ※ざまぁ要素は皆無です。旦那様最低、と思われる方いるかもですがそのまま結ばれますので苦手な方はお戻りいただけると嬉しいです
24hポイント 89,317pt
小説 13 位 / 140,815件 恋愛 12 位 / 43,686件
文字数 60,336 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.02.24
5
恋愛 完結 長編 R15
第三王女でありながら貧しい生活を強いられていたエリサ。 突然父王に同盟の証として獣人の国へ嫁げと命じられた。 婚姻相手の王は竜人で番しか愛せない。初対面で開口一番「愛する事はない」と断言。 しかも番が見つかるか、三年経ったら離婚だそう。 しかしエリサは、是非白い結婚&別居婚で!とむしろ大歓迎。 番至上主義の竜人の王と、平民になることを夢見る王女の、無関心から始まる物語。 ご都合主義設定でゆるゆる・展開遅いです。 獣人の設定も自己流です。予めご了承ください。 ざまぁされる話にはならない予定です。 R15は保険です。 3/4 HOTランキング(女性向け)で2位になれました。ありがとうございます。 3/5 HOTランキング(女性向け)で1位になれました。皆様のお陰です。 3/21 10万文字超え確実になったので長編に変えました。 5/20 本編完結しました。今後は番外編となります。 5/28 完結しました。
24hポイント 88,226pt
小説 15 位 / 140,815件 恋愛 14 位 / 43,686件
文字数 363,121 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.03.01
6
恋愛 完結 短編
エドウィン王子から婚約破棄されて、修道院でいじめ抜かれて死んでしまう予知夢を見た公爵令嬢アデリアーナは、男爵令嬢のパナピーアに誘惑されてしまうはずの攻略対象者との出会いを邪魔して、予知夢を回避できるのか試そうとする。 婚約破棄への道を自分で潰すつもりなのに、現実は何だか予知夢の内容とどんどんかけ離れて、知らないうちに話が進んでいき……。 宰相インテリ子息、騎士団長の脳筋子息、実家を継ぐために養子になったわんこ系義弟、そして婚約者の王太子エドウィンが頑張る話。 *リハビリに短編を書く予定が中編くらいになってしまいましたが、すでにラストまで書き終えている完結確約作品です。全23話+おまけ2話、よろしくお願いします。 *短い期間ですがHOTランキング1位に到達した作品です。
24hポイント 84,156pt
小説 16 位 / 140,815件 恋愛 15 位 / 43,686件
文字数 38,194 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.13
7
恋愛 連載中 長編 R15
「えっ、ゲームの世界の悪役令嬢に生まれ変わった?」頭をぶつけた拍子に前世の記憶が戻ってきたフラン、でも、ゲームの中身をほとんど覚えていない!公爵令嬢で第一王子の婚約者であるフランはゲームの中で聖女を虐めて、サマーパーティーで王子から婚約破棄されるらしい。しかし、フランはそもそも前世は病弱で、学校にはほとんど通えていなかったので、女たらしの王子の事は諦めて青春を思いっきりエンジョイすることにしたのだった。 しかし、その途端に態度を180度変えて迫ってくる第一王子をうざいと思うフラン。王子にまとわりつく聖女、更にもともとアプローチしているが全く無視されている第二王子とシスコンの弟が絡んできて・・・・。 ハッピーエンド目指して書いていくので読んで頂けると幸いです。 HOT女性向けランキング第1位獲得。小説家になろう、日間恋愛異世界転生ランキング最高3位、週間4位ランクインしました。カクヨムでも掲載中です。
24hポイント 79,301pt
小説 17 位 / 140,815件 恋愛 16 位 / 43,686件
文字数 152,948 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.11
8
恋愛 連載中 長編 R15
14歳で結婚したディアナ。 夫となったのは、18歳のアクスウィス公爵家の嫡男フィルベルド様。 しかし、一度お会いしただけで、彼は一緒に住めないといい、その日からお会いすることは無かった。 そして、ディアナが20歳になった時、夫であるフィルベルド様と夜会でお会いすることになった。 しかし、フィルベルド様は現れず、バルコニーでハンカチを落として拾おうとすると、知らない騎士様に自殺未遂の疑いをかけられる。 そして、夫に会えなくて離縁を決意すると、屋敷が全焼してしまった。 そんな中で私に自殺未遂の疑いをかけた男性が私を探しており……彼は「夫は俺だ!」と、とんでもない告白をして来た。 「君は最愛の妻だ!」 一体いつから!? 離縁を決意した妻と溺愛したい夫のおかしなじれじれ夫婦の話です。 ★無断転載禁止! ★あらすじは時々更新します。
24hポイント 78,403pt
小説 18 位 / 140,815件 恋愛 17 位 / 43,686件
文字数 81,314 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.04.25
9
恋愛 連載中 短編 R15
「——君を愛してる」 そう悲鳴にも似た心からの叫びは、婚約者である私に向けたものではない。私の従姉妹へ向けられたものだった—— 幼い頃に交わした婚約だったけれど私は彼を愛してたし、彼に愛されていると思っていた。 あの日、二人の胸を引き裂くような思いを聞くまでは…… 『最初から愛されていなかった』 その事実に心が悲鳴を上げ、目の前が真っ白になった。 私は愛し合っている二人を引き裂く『邪魔者』でしかないのだと、その光景を見ながらひたすら現実を受け入れるしかなかった。  『このまま婚姻を結んでも、私は一生愛されない』  『私も一度でいいから、あんな風に愛されたい』 でも貴族令嬢である立場が、父が、それを許してはくれない。 必死で気持ちに蓋をして、淡々と日々を過ごしていたある日。偶然見つけた一冊の本によって、私の運命は大きく変わっていくのだった。 私も、貴方達のように自分の幸せを求めても許されますか……? ※後半、壊れてる人が登場します。苦手な方はご注意下さい。 ※このお話は私独自の設定もあります、ご了承ください。ご都合主義な場面も多々あるかと思います。 ※『幸せは人それぞれ』と、いうような作品になっています。苦手な方はご注意下さい。 ※こちらの作品は小説家になろう様でも掲載しています。
24hポイント 75,985pt
小説 20 位 / 140,815件 恋愛 18 位 / 43,686件
文字数 22,343 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.17
10
恋愛 連載中 短編 R18
■ストーリー■ アリーセ・プラームは伯爵令嬢であり、現在侯爵家の嫡男であるルシアノと婚約をしている。 しかし、ルシアノが妹であるニコルに思いを寄せている事には気付いていた。 ルシアノは普段からアリーセにも優しく接していたので、いつか自分に気持ちが向いてくれるのではないかと信じていた。 そんなある日、ルシアノはニコルを抱きしめ「好きだ」と言っている所を偶然見てしまう。 ショックを受けたアリーセは、元同級生であり現在仕えている王太子のヴィムに相談する。 するとヴィムは「婚約解消の手伝いをしてやるから、俺の婚約者のフリをして欲しい」と取引を持ち掛けて来る。 アリーセは軽い気持ちでその取引を受け入れてしまうが……。 **補足説明** 思いつきで書き始めた短編作品になります。 設定はかなり適当です。 R18作品になりますのでご注意ください。 基本的に前戯~本番に※(キスや軽いスキンシップには入れていません)
24hポイント 68,636pt
小説 27 位 / 140,815件 恋愛 22 位 / 43,686件
文字数 30,938 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.21
11
恋愛 連載中 短編
公爵令息であるラウグスは、妻であるセリネアとは別の女性と関係を持っていた。 彼は、そのことが妻にまったくばれていないと思っていた。それどころか、何も知らない愚かな妻だと嘲笑っていたくらいだ。 しかし、セリネアは夫が浮気をしていた時からそのことに気づいていた。 そして、既にその確固たる証拠を握っていたのである。 突然それを示されたラウグスは、ひどく動揺した。 なんとか言い訳して逃れようとする彼ではあったが、数々の証拠を示されて、その勢いを失うのだった。
24hポイント 67,692pt
小説 30 位 / 140,815件 恋愛 24 位 / 43,686件
文字数 9,918 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.26
12
恋愛 連載中 長編
マデリーンはこの国の第一王子であるパトリックの婚約者だった。 血の滲むような努力も、我慢も全ては幼い頃に交わした約束を守る為だった。 しかしシーア侯爵家の養女であるローズマリーが現れたことで状況は変わっていく。 花のように愛らしいローズマリーは婚約者であるパトリックの心も簡単に奪い取っていった。 「パトリック殿下は、何故あの令嬢に夢中なのかしらッ!それにあの態度、本当に許せないわッ」 学園の卒業パーティーを一週間と迫ったある日のことだった。 パトリックは婚約者の自分ではなく、ローズマリーとパーティーに参加するようだ。それにドレスも贈られる事もなかった……。 マデリーンが不思議な日記を見つけたのは、その日の夜だった。 ーータスケテ、オネガイ 日記からそんな声が聞こえた気がした。 どうしても気になったマデリーンは、震える手で日記を開いたのだった。
24hポイント 62,603pt
小説 32 位 / 140,815件 恋愛 26 位 / 43,686件
文字数 32,355 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.24
13
恋愛 連載中 短編 R15
 公爵令嬢のシルフィーナ・アストライアは公爵令息のエドガー・サウディス達によって冤罪をかけられてしまった。 『男爵令嬢のリリア・アルビュッセを虐め倒し、心にまで傷を負わせた』として。  存在しない事実だったが、シルフィーナは酷い虐めや糾弾を受けることになってしまう。  持ち物を燃やされ、氷水をかけられ、しまいには数々の暴力まで。  そんな仕打ちにシルフィーナが耐えられるはずがなく……。 虐めて申し訳ない? 数々の仕打ちの報いは、しっかり受けていただきます ※設定はゆるめです。 ※暴力描写があります。 ※感想欄でネタバレ含むのチェックを忘れたりする残念な作者ですのでご了承ください。
24hポイント 61,675pt
小説 34 位 / 140,815件 恋愛 27 位 / 43,686件
文字数 32,892 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.07
14
恋愛 連載中 短編 R15
私は婚約者が嫌い。 そんな婚約者が女性と一緒に待ち合わせ場所に来た。 婚約破棄するとようやく言ってくれたわ! 慰謝料?そんなのいらないわよ。 それより早く婚約破棄しましょう。    ❈ 作者独自の世界観です。
24hポイント 57,710pt
小説 37 位 / 140,815件 恋愛 29 位 / 43,686件
文字数 24,359 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.16
15
恋愛 連載中 短編 R15
ちょうどいい。それが私たちの結婚した理由。 薬師であるジュリアは6年も付き合っていた恋人に裏切られ、周囲も次はあると慰めてくれるけれど、どうでもいいと思うほど傷ついてた。 そんな時、「あなたとならちょうどいい」と遊び人と名高い白騎士(魔法騎士)であるレオナルドに結婚を申し込まれ。 一方、元恋人の黒騎士は……。 ざまぁ要素多少あるかなくらいのさくっと読める甘いエンドもの、になる予定です!
24hポイント 57,271pt
小説 38 位 / 140,815件 恋愛 30 位 / 43,686件
文字数 33,357 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.14
16
恋愛 完結 短編
同名の短編の連載版ですが、あちらがシルフィーナの一人称でお話が進んでいったのに対して、こちらは三人称で綴って行きます。 基本ハッピーエンドのラストになるのは変わりません。 少しじれじれとするかもですが、お楽しみいただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 「君を愛する事はできない」 新婚初夜に旦那様から聞かされたのはこんな台詞でした。 貴族同士の婚姻です。愛情も何もありませんでしたけれどそれでも結婚し妻となったからにはそれなりに責務を果たすつもりでした。 元々貧乏男爵家の次女のシルフィーナに、良縁など望むべくもないことはよく理解しているつもりで。 それでもまさかの侯爵家、それも騎士団総長を務めるサイラス様の伴侶として望んで頂けたと知った時には父も母も手放しで喜んで。 決定的だったのが、スタンフォード侯爵家から提示された結納金の金額でした。 それもあって本人の希望であるとかそういったものは全く考慮されることなく、年齢が倍以上も違うことにも目を瞑り、それこそ両親と同年代のサイラス様のもとに嫁ぐこととなったのです。  何かを期待をしていた訳では無いのです。 幸せとか、そんなものは二の次であったはずだったのです。 貴族女性の人生など、嫁ぎ先の為に使う物だと割り切っていたはずでした。 だから。縁談の話があったのも、ひとえに彼女のその魔力量を買われたのだと、 魔力的に優秀な子を望まれているとばかり。 それなのに。 「三年でいい。今から話す条件を守ってくれさえすれば、あとは君の好きにすればいい」 とこんなことを言われるとは思ってもいなくて。 まさか世継ぎを残す義務さえも課せられないとは、思ってもいなくって。 「それって要するに、ただのお飾り妻ってことですか!?」 「何故わたくしに白羽の矢が立ったのですか!? どうして!?」 事情もわからずただただやるせない気持ちになるシルフィーナでした。 それでも、侯爵夫人としての務めは果たそうと、頑張ろうと思うのでしたが……。
24hポイント 56,196pt
小説 39 位 / 140,815件 恋愛 31 位 / 43,686件
文字数 52,995 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.15
17
恋愛 連載中 短編 R15
貧乏伯爵家の長女レティシアは双子の異母妹たちの面倒ばかり見ていた。自分のことを後回しにしているのを義母には愚図だからだと思われ、先妻の子ということもあり放置されていた。一つ年下の婚約者が学園を卒業したら婿入りさせて伯爵家を継ぐ予定だったが、結婚まで半年になって婚約者はこう言った。「地味でつまらないレティシアじゃなく、双子の妹と結婚したい。妹を両方とも妻にする。」その申し出に義母と妹たちも喜んで承諾し、レティシアは持参金のいらない嫁ぎ先を探されることになった。…さすがにもう家族の縁を切ろうと逃げ出したレティシアだったが?六話までは序章です。
24hポイント 50,752pt
小説 43 位 / 140,815件 恋愛 33 位 / 43,686件
文字数 59,533 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.04.29
18
恋愛 連載中 長編
義母や異母妹に虐げられて暮らす引きこもり令嬢のソフィアは、日々母親の形見の本を手に薬作りに勤しんでいた。 そんなある日、いつものように目覚めたら稀代の悪女と名高い公爵令嬢、ヴァイオレット・エルフォードになっていた。 「殿下の婚約者に無体を働くなど、馬鹿な真似を」 そう言ってソフィアに厳しい眼差しを向けるのは、美しい騎士のクロードだった。 ヴァイオレットの婚約者候補だという彼は、ヴァイオレットを心から嫌っているようで。 「投獄されてしまったけれど、どうしよう…」と途方に暮れつつも、食事は三食もらえるし、暖かいお部屋で好きなだけ薬作りをしてもいい。それに自分を嫌っているクロードは毎日美味しいお菓子を持ってきてくれる。 「ここが牢獄……!?」と牢獄生活を満喫するソフィアだが、生家であるオルコット伯爵家はとんでもないことになっているようで――。 他サイトにも投稿しています。
24hポイント 45,159pt
小説 46 位 / 140,815件 恋愛 34 位 / 43,686件
文字数 62,178 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.04.30
19
恋愛 連載中 短編
我が国の第二王子が隣国での留学を終えて数年ぶりに帰国することになった。王都では彼が帰国する前から、第二王子の婚約者の座を巡って令嬢達が水面下で激しく火花を散らしているらしい。 辺境の伯爵令嬢であるリラ・エールは王都に出向くことは滅多にないので関係のない話だ。 そんななか帰国した第二王子はなんと呪われていた。 どんな姿になったのか分からないが、令嬢達がみな逃げ出すくらいだからさぞ恐ろしい姿になってしまったのだろうと辺境の地にまで噂は流れてきた。 ――えっ、これが呪いなの?か、可愛すぎるわ! 私の目の前の現れたのは、呪いによってとても愛らしい姿になった第二王子だった。 『あの、抱きしめてもいいかしら?』 『・・・・駄目です』 私は抱きしめようと手を伸ばすが、第二王子の従者に真顔で止められてしまった。 ※設定はゆるいです。
24hポイント 43,944pt
小説 47 位 / 140,815件 恋愛 35 位 / 43,686件
文字数 3,824 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.28
20
恋愛 連載中 短編 R15
私はイザベル。カステロ伯爵家の長女だ。王立貴族女子学園に通う2年生で、婚約者のいる女の子達の4割は在学中に妊娠して卒業を待たずに学園をやめ嫁いで行く傾向がある。 私達女子の専らの話題は婚約者との恋話。どこにデートに行ったか、手は繋いだか、キスはしたか、・・・・・・どんなに自分が大事にされているか等を、休み時間や放課後におしゃべりし合うの。 私の3歳年上の婚約者はとても真面目で私を大事にしてくれる。でも女の子達の会話の中でキスを経験していないのは私だけだ。彼に文句を言って強請るとそのたびに彼は「君を大事にしたいからキスはやめておこう」と言う。 私は愛されていないのかな? 信じているけれど・・・・・・少しだけ不安だ。 ある日、私の従姉妹が私に相談を持ちかけてきて・・・・・・ ご注意点 ※これは異世界中世ヨーロッパ風のなんちゃって世界ですので、史実にそぐわない点があります。現代的な表現や現代日本に当たり前にある機器・器具・薬剤などが出てくる場合があります。 ※この世界では性に対してわりと緩やかです。王立貴族女子学園の生徒の4割は在学中に婚約者の子供を妊娠して学園をやめていきます。ただ保守的な高位貴族は、子供を作るのは結婚してからというケジメを重んじる傾向はあります。 ※ご都合主義です。ゆるふわ設定です。誤字、脱字けっこうやらかします(恥)。お気づきの際には、誤字報告していただけると助かります。
24hポイント 40,416pt
小説 50 位 / 140,815件 恋愛 36 位 / 43,686件
文字数 20,696 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.21
21
恋愛 連載中 短編
私テリナは、婚約者のアシェルから見た目を変えろと命令されて魔法薬を飲まされる。 魔法学園に入学する前の出来事で、他の男が私と関わることを阻止したかったようだ。 薬の効力によって、私は魔法の実力はあるけど醜い令嬢と呼ばれるようになってしまう。 それでも構わないと考えていたのに、アシェルは醜いから婚約破棄すると言い出した。
24hポイント 37,281pt
小説 57 位 / 140,815件 恋愛 37 位 / 43,686件
文字数 11,357 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.17
22
恋愛 連載中 長編 R15
公爵の娘として生まれたスティングは、この国の第1王子ガナッシュと幼い時から婚約が決まっていた。 政略結婚でありながらもスティングはガナッシュのことが好きだった。 だが、ガナッシュは乳母の孫であるレインを溺愛していた。 ことある事にガナッシュはレインの肩を持ち、スティングの言う事を全く聞かなかった。 そんな中帝国より留学できている皇子、皇女とスティングは仲良くなる。 ガナッシュ様。私は幾つも、忠告をして参りました。それなのにレインを望まれるのです。 いいんです。もう、疲れました。 私は少し自由に生きてみたいと思います 色々なコメントありがとうございますm(*_ _)m 短篇という形だったので詳細設定をあまり書かず内容を書いています。 今更ですが、国の名前を決めずに書いていましたが、いろいろ不都合が出てきましたので、今更ですが、書き加えます。 セクト王国 スティングが住んでいる国 ボルディー王国 隣国 ガルマ宰相がいる国 ログリーニ帝国 フィーとカレンのいる帝国 色々なコメントありがとうございます(*^^*)。今回虐め抜いて見ようと思い書いています。
24hポイント 35,771pt
小説 60 位 / 140,815件 恋愛 39 位 / 43,686件
文字数 246,442 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.01.20
23
恋愛 完結 短編
アリゼには親が決めた婚約者がいた。名前はカイラス=ハウフィールド。彼は巷で”彫像”と呼ばれている。何故ならとても美しいから……それと、全く喋らないから! お互いの親同士が決めた婚約。交流しようにもひたすら無言。まあいいか、とアリゼは婚約を気楽に考えていたものの、呪いをかけられ猫になってしまう。 猫のまま途方に暮れていたアリゼは、カイラスと出会う。すると……⁉ えっ、キャラ違いすぎませんか⁉ 猫は好きでも人が嫌いなカイラスと、猫になったり少しだけ人に戻ったりするアリゼがハッピーエンドになるまでの話。
24hポイント 35,734pt
小説 61 位 / 140,815件 恋愛 40 位 / 43,686件
文字数 48,814 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.12
24
恋愛 連載中 長編 R18
ある事情のため男として生きる伯爵令嬢ルルシェ。彼女の望みはただ一つ、父親の跡を継いで領主となること――だが何故か王弟であるイグニス王子に気に入られ、彼の側近として長いあいだ仕えてきた。 女嫌いの王子はなかなか結婚してくれず、彼の結婚を機に領地へ帰りたいルルシェはやきもきしている。しかし、ある日とうとう些細なことが切っ掛けとなり、イグニスに女だとバレてしまった。 王子は性別の秘密を守る代わりに「俺の女嫌いが治るように協力しろ」と持ちかけてきて、夜だけ彼の恋人を演じる事になったのだが……。 ○ニブい男装令嬢と不器用な王子が恋をする物語。○Rシーンには※印あり。 [男装令嬢は伯爵家を継ぎたい!]の改稿版です。 ムーンライトでも公開中。
24hポイント 33,321pt
小説 70 位 / 140,815件 恋愛 44 位 / 43,686件
文字数 88,338 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.21
25
恋愛 連載中 短編
公爵令嬢の私ルーナは、婚約者ラドン王子に「お前より平民の方が好きだ」と言われてしまう。 平民を新しい婚約者にするため、ラドン王子は私から婚約破棄を言い渡して欲しいようだ。 家族もラドン王子の酷さから納得して、言うとおり私の方から婚約を破棄した。 愛することをやめた結果、ラドン王子は後悔することとなる。
24hポイント 32,540pt
小説 73 位 / 140,815件 恋愛 45 位 / 43,686件
文字数 59,027 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.02.06
26
恋愛 連載中 長編 R15
【決してご迷惑はお掛けしません。どうか私をここに置いて頂けませんか?】 妾腹の娘として厄介者扱いを受けていたアリアドネは姉の身代わりとして暴君として名高い辺境伯に嫁がされる。結婚すれば幸せになれるかもしれないと淡い期待を抱いていたのも束の間。望まぬ花嫁を押し付けられたとして夫となるべく辺境伯に初対面で冷たい言葉を投げつけらた。さらに城から追い出されそうになるものの、ある人物に救われて下働きとして置いてもらえる事になるのだった―。
24hポイント 30,861pt
小説 77 位 / 140,815件 恋愛 47 位 / 43,686件
文字数 90,385 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.01
27
恋愛 連載中 短編
 今日は私が、ラファオール伯爵家に嫁ぐ日。ついにハーオット子爵邸を出られる時が訪れましたので、これまで隠していたことをお伝えします。  お姉様たちは私を苦しめるために、私が苦手にしていたクロード様と政略結婚をさせましたよね?  ですがそれは大きな間違いで、私はずっとクロード様のことが――
24hポイント 29,153pt
小説 80 位 / 140,815件 恋愛 48 位 / 43,686件
文字数 22,008 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.08
28
恋愛 連載中 短編 R15
フロリアン伯爵、つまり私の兄が赤ん坊を押し付けてきたのよ。 恋人がいたんですって。その恋人、亡くなったんですって。 で、孤児にできないけど妻が恐いから、私の私生児って事にしろですって。 「は?」 「既にバーヴァ伯爵にはお前が妊娠したと告げ、賠償金を払った」 「はっ?」 「お前の婚約は破棄されたし、お前が母親になればすべて丸く収まるんだ」 「はあっ!?」 年の離れた兄クラウディオには、私より1才下の妻リヴィエラがいるの。 親の決めた結婚を受け入れてオジサンに嫁いだ、真面目なイイコなのよ。 「お兄様? 私の未来を潰した上で、共犯になれって仰るの?」 「違う。私の妹のお前にフロリアン伯爵家を守れと命じている」 なんのメリットもないご命令だけど、そこで泣いてる赤ん坊を放っておけないじゃない。 「心配する必要はない。乳母のスージーだ」 「よろしくお願い致します、ソニア様」 ピンと来たわ。 この女が兄の浮気相手、赤ん坊の生みの親だって。 舐めた事してくれちゃって……小娘だろうと、女は怒ると恐いのよ?
24hポイント 28,978pt
小説 81 位 / 140,815件 恋愛 49 位 / 43,686件
文字数 18,175 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.21
29
恋愛 完結 短編
「メイベル、きみの所業は俺の耳に入っている。妹をいじめて喜んでいるそうじゃないか。どういうつもりだ?」 「ええ? なにそれ?」 怒りに震えるイアン王子の言葉に、思い当たるふしはない。 私が彼の妹のアンをいじめた? とんでもない。 それどころか、事あるごとにアンから嫌がらせを受けているのは私のほうだ。
24hポイント 28,655pt
小説 82 位 / 140,815件 恋愛 50 位 / 43,686件
文字数 50,093 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.25
30
恋愛 連載中 長編
<あなた方を相手にするだけ、時間の無駄です> 【私に濡れ衣を着せるなんて、皆さん本当に暇人ですね】 今日も私は許婚に身に覚えの無い嫌がらせを彼の幼馴染に働いたと言われて叱責される。そして彼の腕の中には怯えたふりをする彼女の姿。しかも2人を取り巻く人々までもがこぞって私を悪者よばわりしてくる有様。私がいつどこで嫌がらせを?あなた方が思う程、私暇人ではありませんけど?
24hポイント 28,237pt
小説 84 位 / 140,815件 恋愛 51 位 / 43,686件
文字数 150,283 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.03.08
31
恋愛 連載中 短編
秘かに想いを寄せていたジャックから結婚の報告を受け落ち込むクレア。 しかし二人にはある秘密があって……
24hポイント 28,103pt
小説 86 位 / 140,815件 恋愛 52 位 / 43,686件
文字数 6,721 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.26
32
恋愛 完結 ショートショート R15
ある日、王都で働いている兄が泣きながら、実家に帰ってきた。話を聞いてみると、嘘の噂のせいで婚約者の親に誤解され、このままでは婚約破棄されてしまうかもしれないという。その噂を流した令嬢は、私、アリス・キュレルと因縁のある人物だった。迷惑をかけられるのは二度目なので今回は容赦しません。
24hポイント 28,094pt
小説 87 位 / 140,815件 恋愛 53 位 / 43,686件
文字数 5,928 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.27
33
恋愛 連載中 短編 R18
私はマトローナ。早くに亡くなった両親に代わり、大切に育ててきた妹がこの度結婚しました。妹が幸せになった事は喜ばしいのですが、ものすごく気分が沈んでしまい、近頃は生きているのが辛くてたまりません。 誰もいない部屋に帰るのが嫌で橋の上にいたところ、男の人に声を掛けられました。その男の人は、私が働くパン屋の常連さんでした。 男の人には家族がいました。彼は亡くなったお兄さんの娘を一人で育てていたのです。 孤独に耐えかねている私。自分ともに姪の世話をしてくれる女性を求めている彼。私たちの利害は一致していました── ◆R18回には※あり。ヒロインは非処女です。
24hポイント 27,359pt
小説 89 位 / 140,815件 恋愛 54 位 / 43,686件
文字数 27,723 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.23
34
恋愛 連載中 長編
王太子からの婚約破棄。 理由は私が男爵令嬢を虐めたからですって。 そんなことはしていませんし、大体その令嬢は色んな男性と恋仲になっていると噂ですわよ? まぁ、辺境に送られて無理やり結婚させられることになりましたが、とってもカッコいい人だったので感謝しますわね
24hポイント 25,291pt
小説 97 位 / 140,815件 恋愛 55 位 / 43,686件
文字数 435,341 最終更新日 2022.05.28 登録日 2021.07.14
35
恋愛 連載中 短編
伯爵令嬢のシェイナ・アルバートは、婚約者のギゼフ・ランバル侯爵に浮気の上、婚約破棄されてしまう。 シェイナは悲しんだが、すぐに王族からの救いの手があった。理由は彼女が有名な画家だったからだ。 ペンネームで描いていたので、意外と知らない者も多かった。この事実が元婚約者のギゼフをどん底に落とす。 ギゼフは他国の重鎮に売る用も含めて、大量にシェイナの絵を注文していたのだ。しかし、シェイナは彼に関係する注文を全てキャンセルしてしまう。 ギゼフの後悔の傍ら、シェイナは王子殿下との仲を進展させていき──。
24hポイント 25,066pt
小説 98 位 / 140,815件 恋愛 56 位 / 43,686件
文字数 26,996 最終更新日 2022.05.27 登録日 2021.11.17
36
恋愛 完結 短編
婚約者が私ではない別の女性を愛しているのは知っている。お互い恋愛感情はないけど信頼関係は築けていると思っていたのは私の独りよがりだったみたい。 学園では『愛し合う恋人の仲を引き裂くお飾りの婚約者』と影で言われているのは分かってる。 いつまでも貴方を私に縛り付けていては可哀想だわ、だから私から貴方を解放します。 貴方のその想いが実りますように…… もう私には願う事しかできないから—— ※ざまぁは薄味となっております。(当社比)もしかしたらざまぁですらないかもしれません。汗 お読みいただく際ご注意くださいませ。 ※完結保証。全10話+番外編1話です。 ※番外編2話追加しました。
24hポイント 24,764pt
小説 100 位 / 140,815件 恋愛 58 位 / 43,686件
文字数 22,314 最終更新日 2022.01.20 登録日 2022.01.10
37
恋愛 連載中 短編
 伯爵令嬢のアンティーラは爵位を継ぐために別邸を父親から与えられ、そこで将来に向けた勉強と書類仕事をこなす毎日。  そんな中婚約者であるマッディは仕事も手伝わずにヒモ生活を満喫しながら、自分の家から連れてきたメイドと平然と浮気をしていた。  最初は婚約者の裏切りを我慢していたアンティーラだったが、ある日たまらず「浮気ならよそでやって」と言ったところマッディから逆ギレされ、あげくに浮気相手のメイドからも「あなたのほうが浮気相手で私の方が本命だから彼と別れて」と迫られる。    一度はやり直そうとしたものの煮えきらない婚約者の態度に婚約解消を決意したアンティーラだが、別れ話を切り出されたマッディは豹変し、メイドをも巻き込んで信じられないような行動に出て――⁉  ※三角関係メイン。題材的にざまぁはもちろんあります。
24hポイント 21,748pt
小説 110 位 / 140,815件 恋愛 60 位 / 43,686件
文字数 15,174 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.21
38
恋愛 連載中 短編
公爵令嬢であるエルミナ・サディードは、両親や兄弟から虐げられて育ってきた。 その結果、彼女の性格は最悪なものとなり、主人公であるメリーナを虐め抜くような悪役令嬢となったのである。 そんなエルミナに生まれ変わった私は困惑していた。 なぜなら、ゲームの中で明かされた彼女の過去とは異なり、両親も兄弟も私のことを溺愛していたからである。 私は、確かに彼女と同じ姿をしていた。 しかも、人生の中で出会う人々もゲームの中と同じだ。 それなのに、私の扱いだけはまったく違う。 どうやら、私が転生したこの世界は、ゲームと少しだけずれているようだ。 当然のことながら、そんな環境で歪むはずはなく、私はただの公爵令嬢として育つのだった。
24hポイント 21,159pt
小説 114 位 / 140,815件 恋愛 61 位 / 43,686件
文字数 17,195 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.19
39
恋愛 連載中 長編
こちらの話は、『あなたの愛など要りません』の外伝となります。 メインキャラクターの一人、ランスロットの恋のお話です。 「女性は、花に似ていると思うんだ。水をやる様に愛情を注ぎ、大切に守り慈しむ。すると更に女性は美しく咲き誇るんだ」 そうランスロットに話したのは、ずっと側で自分と母を守ってくれていた叔父だった。 12歳という若さで、武の名門バームガウラス公爵家当主の座に着いたランスロット。 愛人宅に入り浸りの実父と訣別し、愛する母を守る道を選んだあの日から6年。 18歳になったランスロットに、ある令嬢との出会いが訪れる。 自分は、母を無視し続けた実父の様になるのではないか。 それとも、ずっと母を支え続けた叔父の様になれるのだろうか。 自分だけの花を見つける日が来る事を思いながら、それでもランスロットの心は不安に揺れた。 だが、そんな迷いや不安は一瞬で消える。 ヴィオレッタという少女の不遇を目の当たりにした時に ーーー 守りたい、助けたい、彼女にずっと笑っていてほしい。 ヴィオレッタの為に奔走するランスロットは、自分の内にあるこの感情が恋だとまだ気づかない。
24hポイント 20,527pt
小説 118 位 / 140,815件 恋愛 62 位 / 43,686件
文字数 58,239 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.04.30
40
恋愛 連載中 長編 R15
彼氏と親友の浮気現場を目撃した悠里はその場から走って逃げた。ずっと幼馴染で三人一緒だったけど、そういうことなら二人で幸せに!もう私には関わらないで!そう思っていたのに「悠里は俺たちがいなきゃだめだろう。」「私たち三人一緒でしょう?」何それ、気持ち悪い…。もう二人とは一緒に居たくない。逃げようとしたのに、三人で異世界に転移?私が聖女?…じゃあ、この二人とは行動を別にしてもらっていいですか?
24hポイント 19,485pt
小説 124 位 / 140,815件 恋愛 65 位 / 43,686件
文字数 129,949 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.03.15
13,856 12345