歴史・時代小説 一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 江戸×
49 12
元祖札束風呂、もとい、小判を床に敷き、その上を全裸で転げまわるのを終生の楽しみとした守銭奴岡定俊。もはや老齢となった彼のもとを、弾圧から逃れてきた宣教師の一団が訪れる。彼らはある大きな秘密を抱えていた……。天下一の驕りものと呼ばれた大久保長安の隠し財宝と幕府転覆計画。そして財宝の秘密を探らんと伊賀忍者と伊達政宗配下の黒脛巾組が、定俊のおひざ元猪苗代を狙う。迎え撃つは定俊と愛する妻にして甲賀忍者おりく。人生最後の戦いに老いた定俊は戦人の血を滾らせる。 ※この物語はフィクションであり、あえて史実を無視、または都合よく解釈している部分があることをあらかじめご承知おきください。
24hポイント 830pt
小説 960 位 / 37,606件 歴史・時代 3 位 / 386件
文字数 76,849 最終更新日 2018.11.05 登録日 2018.10.28
2
歴史・時代 連載中 長編 R18
浪人で無垢(童貞)の不栗万之介は、絵師、戯作家を目指す若者だった。 故あって、故郷の久留里藩を出て江戸で暮らし2年。 しかし、その生活は日雇い仕事と、貸本屋からの「春画」「黄表紙」を読ん自分を慰める毎日だった。 そんな彼も、北斎に弟子入りを願う。 そこで、出会った美麗の女。その外見はまるで童女のようだった。 しかし、彼女こそ「鬼を喰らう」存在。 鬼に憑かれた者から鬼を祓い、その鬼を喰らう「鬼喰らい師」だった。 そして、鬼狂の仕事を手伝うことになる万之介。 それは、怪異と幻想の世界へ足をふみいれることであった。 ■参考文献 邪教・立川流(著)真鍋俊照 江戸の社会構造 (著)南和男 江戸春画 性愛枕絵研究 (著)吉崎淳二 江戸の枕絵師 (著)林美一 江戸時代のすべてがわかる本 (著)大石学 エロティック日本史 (著)下川 耿史 江戸の性生活 (著)歴史の謎を探る会 江戸の大誤解 (著)水戸計 性タブーのない日本 (著)橋本治 読みだしたら止まらない裏日本史 (著)日本裏日本史研究会 江戸の二四時間 歴史と人物増刊 葛飾北斎・春画の世界 (著)浅野秀剛 国芳の春画 (著)浅野秀剛  春画に見る江戸老人の色事 (著)白倉敬彦  江戸の春画 (著)白倉敬彦
24hポイント 170pt
小説 2,959 位 / 37,606件 歴史・時代 21 位 / 386件
文字数 73,521 最終更新日 2017.06.24 登録日 2017.05.25
初代福山藩主、水野勝成が若い頃放浪を重ねたあと、備中(現在の岡山県)の片隅で居候をすることになるお話です。一番鑓しかしたくない、天下無双の暴れ者が、備中の片隅で居候した末に見つけたものは何だったのでしょうか。 →本編は完結、関連の話題を適宜更新中です。
24hポイント 85pt
小説 4,178 位 / 37,606件 歴史・時代 35 位 / 386件
文字数 256,956 最終更新日 2018.11.25 登録日 2017.05.15
江戸時代中期、家老の娘照(てる)は、十も年上の吝嗇な男孫右衛門と祝言を挙げる。だが、実家の事情で離縁せざるを得なくなる。そんな彼女に思いを寄せていたのは幼馴染の清兵衛だった。 ムーンライトノベルズの「『香田角の人々』拾遺」のエピソードを増補改訂したものです。
24hポイント 63pt
小説 4,814 位 / 37,606件 歴史・時代 41 位 / 386件
文字数 49,215 最終更新日 2017.06.19 登録日 2017.05.25
長きにわたる江戸幕府の支配が終わりを告げ、新時代を迎えた日本。 『国土平定』を掲げる新政府は、古来より日本に棲む亜人種『鬼』を 討伐するため、『討鬼隊』を結成。西洋式の近代武器を装備した 討鬼隊は、日本史史上初めて、鬼族との全面戦争に突入した・・・・ 新米兵士の萩村は戦場で、負傷した見知らぬ軍医から小包を受け取る。政府を転覆させるほどの力を持つ「ある秘密」を巡る争いに巻き込まれるとも知らずに・・・・ ※現代の読者にも分かりやすいように、作中のセリフ等は現代語に訳してあります
24hポイント 42pt
小説 5,748 位 / 37,606件 歴史・時代 52 位 / 386件
文字数 70,759 最終更新日 2018.06.07 登録日 2017.03.07
時は幕末 一軒の小さな道場に一人の跡取りがいた 名は真田遼 とある晩 道場破りに合い 子どもは姿を消した それから月日は流れる 子どもは新選組の扉を叩いた
24hポイント 42pt
小説 5,748 位 / 37,606件 歴史・時代 52 位 / 386件
文字数 17,902 最終更新日 2018.02.28 登録日 2018.01.29
時は江戸、老中水野忠邦が失脚した頃のこと。 佳穂(かほ)は江戸の望月藩月野家上屋敷の奥方様に仕える中臈。 幼い頃に会った千代という少女に憧れ、奥での一生奉公を望んでいた。 ところが、若殿様が急死し事態は一変、分家から養子に入った慶温(よしはる)こと又四郎に侍ることに。 又四郎はずっと前にも会ったことがあると言うが、佳穂には心当たりがない。 海外の事情や英吉利語を教える又四郎に翻弄されるも、惹かれていく佳穂。 一方、二人の周辺では次々に不可解な事件が起きる。 事件の真相を追うのは又四郎や屋敷の人々、そしてスタンダードプードルのシロ。 果たして、佳穂は又四郎と結ばれるのか。 シロの鼻が真実を追い詰める! 別サイトで発表した作品のR15版です。
24hポイント 42pt
小説 5,748 位 / 37,606件 歴史・時代 52 位 / 386件
文字数 354,105 最終更新日 2018.05.22 登録日 2018.04.27
側用人である島松時貞と、藤の間に生まれた主人公の静子。優しくて、江戸中でも噂の美しさを持つ静子は、楽しい毎日を過ごしておりました。嘉一朗と婚約もして祝言も上げて楽しい毎日を過ごしておりました。ですが、上様が静子様を見て見たいと言うことで会ってみると上様は静子様を気に入られ、側室にしようとしました。その時は、収まったことなのですが、あとで書状が届き、側室として向かい入れるということになってしまいました。他の側室や御台様からのいじめにも耐え抜き、静子がどんどん成長をしていく物語です。 この話は全てフィクションです。
24hポイント 21pt
小説 7,817 位 / 37,606件 歴史・時代 70 位 / 386件
文字数 20,710 最終更新日 2016.07.14 登録日 2016.06.27
ある日、京都府の西本願寺にお詣りにいった桜。 お詣りが終わり、振り向いたら、江戸時代にタイムスリップ! タイムスリップしたと思ったら、不逞浪士にバッタリ遭遇! 絡まれてる所を新撰組に救ってもらい、なんとか生き延びれた。 新撰組に事情を話した所、帰れるようになるまで新撰組に置いてくれるということに!
24hポイント 21pt
小説 7,817 位 / 37,606件 歴史・時代 70 位 / 386件
文字数 8,656 最終更新日 2016.12.26 登録日 2016.12.23
10
歴史・時代 連載中 長編 R15
 弥生・奈良・平安・鎌倉・南北朝・安土桃山・戦国・江戸・明治と過去の時代に人々の側にいた存在達が、自分を使っていた人達の事を当時を振り返り語る話の集合です。  長編になっていますが、いくつもの話が寄り集まった話になっています。  また、歴史物ですがフィクションとしてとらえてください。
24hポイント 21pt
小説 7,817 位 / 37,606件 歴史・時代 70 位 / 386件
文字数 110,120 最終更新日 2016.07.15 登録日 2016.05.30
江戸中期   江戸の町では一夜にして芝居小屋もろとも、一つの一座が消えたとのうわさが飛び交っていた。 事の起こりは、米問屋「愛田屋」の一人娘で不思議話好きのお可奈と「愛田屋」の小僧の為松から始まる。 お可奈と為松は錦糸濠に河童を探しに行ったところ、通称「暗闇坂」でその肝に埋め込まれた『珠』を使い、妖しい奴ら相手に占いを仕事とする少年と出会う。
24hポイント 21pt
小説 7,817 位 / 37,606件 歴史・時代 70 位 / 386件
文字数 98,484 最終更新日 2017.10.05 登録日 2017.08.08
幕末の動乱の中、知られざるエピソードがあった 語り継がれることのない新選組隊士の話 https://www.alphapolis.co.jp/novel/852376446/419160220 上記の作品を書き上げてから、こちらの作品を進めたいと考えております。 暫しお待ち下さいませ。 なるべく史実に沿って書こうと考えております。 今回、初めて歴史小説を書くので拙い部分が多々あると思いますが、間違いがあった場合は指摘を頂ければと思います。 お楽しみいただけると幸いです。 調べ直したところ、原田左之助さんが近藤さんと知り合ったのは一八六二年の暮れだそうです!本編ではもう出会っております。すみません ※男主人公です
24hポイント 21pt
小説 7,817 位 / 37,606件 歴史・時代 70 位 / 386件
文字数 17,405 最終更新日 2018.02.15 登録日 2018.01.13
越後の国、脇野町村(現在の新潟県長岡市旧三島町 脇野町)に生まれた庄兵衛(中屋庄兵衛)は、三条の大地震で行方不明となった親友半助を探すべく、家を飛び出し会津へ向かった。  そこで庄兵衛は桶屋に弟子入りし、その後中屋の鋸鍛冶に弟子入りする。 そこで重左エ門と名乗る男が半助に瓜二つ。  鋸の修行を続けながら、重左エ門のことをさぐる庄兵衛であったが…… ☆新潟県長岡市旧三島町に実在した鋸鍛冶の人 中屋庄兵衛 と 忍者 をテーマにしたフィクション作品、やや子ども向けに作ったファンタジー作品です。 実在の中屋庄兵衛、中屋重左エ門とは異なります。
24hポイント 21pt
小説 7,817 位 / 37,606件 歴史・時代 70 位 / 386件
文字数 102,272 最終更新日 2018.11.29 登録日 2016.05.31
江戸末期。在ってはいけない最新型の銃を持つ...子連れの暗殺者がいた。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 7,480 最終更新日 2015.05.12 登録日 2015.05.12
 自らの足を勃起させることによって、江戸の市中を縦横無尽に奔走することができた久衛門の逸話『飛脚の涙』を、大学卒業以来久しぶりに再会した先輩に話して聞かせるぼく。唐突に語られるそれら奇妙なエピソードの数々は、どこに意図があるかわからないまま、聞き手である「先輩」は久衛門の内心に近付いていきます。最後には狐につままれたような感覚を味わうことでしょう。 全文口語体で書かれた江戸奇譚物です。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 23,698 最終更新日 2015.06.01 登録日 2015.05.30
殺生石の力を得て、弦雲が石田俊衛門を斬り殺した。弦雲は江戸に逃げ、藩は石田家の家族に父である俊衛門の仇討を命じたのだった。すぐに石田家の家族は江戸に向かった。そして・・・。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 44,663 最終更新日 2016.03.11 登録日 2015.09.01
時代が違えども恋はする! 恋に不器用な人を手助けする恋文屋、の店主与太郎と恋に悩む町人達のストーリー。 *江戸から明治にかけて(南蛮文化等歴史とは異なることがあります。)* 短編集* 裏話あり[与太郎と浅葱] ※毎回一つの話の中に次の話の主人公がいます。探してみてくださいね。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 11,159 最終更新日 2016.06.12 登録日 2016.05.02
剣道最強女子星野琥珀。 平凡な毎日に飽き飽きしていた彼女。 そんな彼女は、子供を助けるためトラックに飛び込んだ。 そして、彼女は。 自分の目を、疑った。 今ではありえない左腰に刀を下げ、袴を着ている男達。 ……150年前の世界にスリップした彼女。 長州と幕府の争いと陰謀が渦巻く波乱の時代江戸時代。 そこには、誠の志を背負う武士がいた。 桜のように美しく。 誠を貫く強さを持つ。 これは、そんな彼らとのストーリー……
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 2,912 最終更新日 2016.05.24 登録日 2016.05.23
19
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は寛永九年。佐賀鍋島藩の君主・鍋島勝茂によって父親を謀殺されたと信じる少女・こま姫は、小さい頃からの従者である・忍びの猫乃介とともに敵討ちのために江戸に訪れていた。だが、そのこま姫を〈化け猫〉の化身として殺害しようとする裏柳生の刺客がつけ狙う。また、幕府の大目付・柳生宗矩は、将軍家主催の寛永御前試合のために江戸に集まった有名剣士たちを〈化け猫〉退治と称し、こま姫の暗殺へと焚きつけていく。恐ろしい忍びと剣士に狙われた若き女主人の命を、果たして猫乃介は守り切れるのであろうか! (タイムスリップ、転生などはございません)
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 19,549 最終更新日 2016.06.14 登録日 2016.05.30
20
歴史・時代 連載中 長編 R15
時は江戸時代、紀州徳川江戸屋敷で御前試合が行われた。 勝ったのは無名の浪人だった。 その無名の浪人、長谷部伝八郎とその妻、フネの江戸中期ほのぼの物語。 の、筈が、実は徳川御三家御家騒動に巻き込まれる仕官する気が全く無く、武士の心構えがなっていない、現代で言う、「明日頑張る」系時代劇小説。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 9,982 最終更新日 2016.06.12 登録日 2016.06.11
時は江戸、太平の世と呼ばれた徳川の治世に於いて、 「斬る」事を生業とする男達がいた。 【江戸城御庭番】 彼らが斬るのは人か、或いは… 「正義」に翻弄された男達の知られざる物語。 登場人物 ・大村義政 →新任の江戸城御庭番で正義感の強い青年。サチに好意を抱いている ・サチ →身寄りのない娘。義政を「政さん」と呼び慕っている ・橘 龍蔵 →「千人斬りの鬼神」の異名を持つ先代の御庭番頭。突如として江戸城から姿を消したことから指名手配されている。身寄りのないサチを保護しているが、訳がありそう ・岩山元助 →龍蔵に剣を教えた師匠。龍蔵の先代の御庭番頭で、その腕前は日の本中を探しても右に出るものは無いとまで謳われ恐れられた。 龍蔵が御庭番頭になった年に殉職した。 ・御津門斉興 →時の老中。御庭番達を裏で操り、人斬りの任を斡旋する。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 17,698 最終更新日 2017.02.01 登録日 2016.08.05
22
歴史・時代 連載中 長編 R15
闇が闇であり、夜が夜であり、そこに魔が潜んでいた時代。 公儀陰陽方奉行・櫛橋月京奏世は、櫛橋流陰陽道を駆使し人を喰らう妖鬼を追っていた。 いずれ、最愛の妻を喰らった鬼に出会えると信じて。 巷説江戸演義と対を為し、第一回アルファポリス歴史時代小説大賞特別賞作品「狼の裔」ともリンクする、幻想伝奇ホラーアクションの新シリーズ「風説百魔草紙」の櫛橋月京篇! ※小説家になろうでも連載中。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 16,527 最終更新日 2016.12.12 登録日 2016.09.05
「通りゃんせ、通りゃんせ。逝くもの行くもの通りゃんせ」 街は、夜になるともう一つの【顔】を見せる ここは昔懐かしの大江戸。 9時以降の夜の外出はご法度とされている。 何故ならこの大江戸は夜になると妖怪の世界になるから- 「さぁ通りゃんせ、通りゃんせ」
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 1,489 最終更新日 2017.05.09 登録日 2017.05.09
24
歴史・時代 連載中 長編 R15
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、腐敗臭を放ちだした頃。  夜須藩御手先役見習い・平山清記は、自らの役目に疑問を覚えながらも、主君を守る太刀として藩法を破る無頼漢を斬る日々を過ごしていた。  そんなある日、清記は父の悌蔵に命じられ、中老・奥寺大和の剣術指南役になる。そこで出会った、運命の女。そして、友。青春の暁光を迎えようとしていた清記に、天暗の宿星が微笑む――。  寂滅の秘剣・落鳳。幾代を重ね、生き血を啜って生まれし、一族の魔剣よ。願いを訊き給へ。能うならば、我が業罪が一殺多生にならん事を。  アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」に続く、もう一つの念真流物語! ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「巷説江戸演義」と題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 103,227 最終更新日 2017.06.18 登録日 2017.04.30
25
歴史・時代 連載中 長編 R15
 元禄十三年。江戸の街は元禄十一年に起こった勅額火事の影響から復興しつつあった。その江戸の中に勅額火事を運良く免れた一件の骨董屋があった。 名を骨董屋 鬼灯。骨董ならば何でもござれのこの店の主人は醜女の若い女主人であった。表の顔は骨董屋、そして裏の顔は何でも屋。 そう、庭木の剪定から暗殺まで何でもこなす。 例え其れが幕府や大名が関わろうとも・・・・・・。 骨董屋鬼灯は今日も醜女の店主と変わらぬ日々を送り出すのであったがある日突然襲われる鬼灯。相手の流派から、少し前に武具を都合した親子と関係があることが分かる。 それから何故か首を突っ込んでゆく鬼灯。 さてさて、どのような事件に首を突っ込んだのか・・・・・・。 (作中の姉川家は架空のものです)
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 56,200 最終更新日 2017.06.30 登録日 2017.05.30
時は江戸。火付け盗賊改め長谷川平蔵の直属の元<風魔忍者>の岡っ引き、草笛双伍。草笛の名は、彼が呼ぶ子の代わりに「草笛」を吹くことから、いつしかそう呼ばれることになった。草笛相互が2本の長大な十手を手に活躍する、全5話の痛快アクション時代小説です。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 41,171 最終更新日 2017.05.10 登録日 2017.05.06
紀州の下級藩士根来半四郎の江戸詰日記、生来田舎侍の半四郎は江戸詰勤務が性に合わず、しばしば藩邸を抜け出ては下町の深川で息抜きをしている。そんな半四郎にある日転機が訪れる。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 14,814 最終更新日 2017.06.22 登録日 2017.05.18
28
歴史・時代 完結 ショートショート
1772年(明和九年)四月、江戸は日本橋の呉服商「大角」の手代弥助は、大阪淀屋から仕入れた呉服の代金を銀手形で支払う為、大坂に向かって居た。関所の手前、箱根山麓の宿から弥助が見た江戸は紅蓮の炎に包まれて居た。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 1,278 最終更新日 2017.07.27 登録日 2017.07.27
天保から嘉永にかけて、卍と名乗る一人の天才絵師がいた。 ――かつての葛飾北斎である。 卍と応為は逃げていた。もう何度目になるだろうか。〔引っ越し〕という建前の所謂夜逃げだ。上弦の月が幽かに雲の中からその姿を覗かせる。明るすぎる夜――十一屋の放った破落戸どもが卍たちを襲う。 主な登場人物 ●卍……画狂老人。かつての葛飾北斎。 ●応為……卍の娘で絵師。本名お栄。 ●平手造酒……西村永寿堂の用心棒。北辰一刀流の使い手。 ●十一屋清兵衛……卍を追っている。江戸の版元。 ●西村永寿堂与八……江戸の大版元。卍と何度も仕事をしている。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 5,487 最終更新日 2017.09.15 登録日 2017.09.15
時は江戸。 吉原一の大見世 朝霞楼の頂点に君臨する花魁・露村。 今日も今日とて春を売る。 密かな望みを叶えるために……
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 5,850 最終更新日 2017.04.16 登録日 2017.04.02
幕末。泰平の世を築いた江戸幕府の屋台骨が揺らぎだした頃、怡土藩中老の三男として生まれた谷原睦之介は、誰にも言えぬ恋に身を焦がしながら鬱屈した日々を過ごしていた。未来のない恋。先の見えた将来。何も変わらず、このまま世の中は当たり前のように続くと思っていたのだが――。 <本作は、小説家になろう・カクヨムに連載したものを、加筆修正し掲載しています> ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「巷説江戸演義」と題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 100,815 最終更新日 2017.06.01 登録日 2016.12.10
 山形県最上郡舟形町、東長沢には、「団十郎屋敷」なる場所がある。  その地には、「ここは初代市川団十郎の生誕地である」という言い伝えが残っている。  初代、市川團十郎の経歴は、「市川宗家代々」が伝えるとおりだが、ほかにも様々な説や言い伝えがあり、大変興味深い。  東長沢の伝説に端を発し、初代團十郎の諸説ある記録の断片を筆者なりに編み直した。  例えば、こんな初代市川團十郎の一生があったかもしれない。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 76,135 最終更新日 2016.12.17 登録日 2016.11.28
私は一人で生きていく。 暁月雫は一人ぼっちだった。 とある学校からの帰り道、雫はタイムスリップをして幕末へと飛ばされた。 新撰組にの沖田との出会いで、雫の心は変わっていく。 「その笑顔止めてよ。一番嫌いな顔だ」 「あのときみたいに、何も出来ない自分ではいたくない」
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 73,192 最終更新日 2017.11.15 登録日 2017.08.09
34
歴史・時代 連載中 短編 R15
筑前筑後が贈る、時代小説短編集。 「巷説江戸演義」とは、筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。 どこから読んでも楽しめます。 舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 31,008 最終更新日 2018.04.06 登録日 2017.11.22
こちらも母が遺した小説の一つで、(アイヌの英雄、シャクシャインの激動の生涯を、石田三成の孫とも絡めて描いた長編時代小説です)とのことです。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 136,382 最終更新日 2018.04.29 登録日 2018.04.20
ここは、講談や落語や、最近は政治家が例として使ったようであるが、大岡越前守忠相の名奉行ぶりの一つである「三方一両損」の話に登場する町、神田竪大工町。 幕府の御用を請け負った大工たちそして、駒草屋という店を構えている大工の棟梁”吉五郎”とその妻おくみの娘、この話の主人公のお藤も住んでいた。 お藤は、吉五郎の後を継ぎたいと思っている大工職人で、「火事と喧嘩は江戸の華」と言われている火事を消す町火消の一員になる。そして、いろは四十七組の一番組である‘よ’組の竪大工町の頭に出世する。男社会の中でのお藤の活躍と淡い恋そして江戸の義理人情の真髄に迫る。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 87,268 最終更新日 2018.04.28 登録日 2018.04.28
 時は江戸。明暦の大火と呼ばれる大火事に江戸は見舞われた。しかし、遠く離れた土地では、そんな大事も風の噂に過ぎない。とある山里に住む無邪気な少女・お玉の下には、ある日、兄の形見と金子を持った男が尋ねてきて・・・一人の少女が遊里の中で、人として女として変貌を遂げていく。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 41,299 最終更新日 2018.06.07 登録日 2018.04.30
38
歴史・時代 連載中 長編 R15
江戸・吉原。 朝陽と共に眠る街で紡がれる物語。 なお、明確な描写は一切ございませんが物語の設定上、念のためR15指定をつけております。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 9,771 最終更新日 2018.05.06 登録日 2017.05.21
追われる身となった侍が出会ったのは、遠い異国から逃げ延びてきた魔女だった。 時代設定としては西暦1700年前後を想定していますが、時代考証なんかはふんわりとしかしていません。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 4,480 最終更新日 2018.05.11 登録日 2018.04.30
江戸時代、京の絵師尾形光琳の娘、お冴は酒に身を崩し、独り惨めな暮らしをしていた。ある晩の事、父の使いが現れて悠泉寺を訪問する様に命じられる。不審に思いながらも、夜中に寺を訪れたお冴えは『鬼骨の筆』なる怪しげな筆を渡される。と或る人物画を描くように依頼を受けるのだったが……。
24hポイント 0pt
小説 37,606 位 / 37,606件 歴史・時代 386 位 / 386件
文字数 106,959 最終更新日 2018.04.22 登録日 2018.01.16
49 12