歴史・時代 江戸小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 江戸×
126 1234
元祖札束風呂、もとい、小判を床に敷き、その上を全裸で転げまわるのを終生の楽しみとした守銭奴岡定俊。もはや老齢となった彼のもとを、弾圧から逃れてきた宣教師の一団が訪れる。彼らはある大きな秘密を抱えていた……。天下一の驕りものと呼ばれた大久保長安の隠し財宝と幕府転覆計画。そして財宝の秘密を探らんと伊賀忍者と伊達政宗配下の黒脛巾組が、定俊のおひざ元猪苗代を狙う。迎え撃つは定俊と愛する妻にして甲賀忍者おりく。人生最後の戦いに老いた定俊は戦人の血を滾らせる。 ※この物語はフィクションであり、あえて史実を無視、または都合よく解釈している部分があることをあらかじめご承知おきください。
24hポイント 575pt
小説 1,802 位 / 67,658件 歴史・時代 12 位 / 772件
文字数 203,952 最終更新日 2020.03.27 登録日 2018.10.28
大伝馬町、木綿問屋街にある葉茶屋三好屋の一人娘『おみつ』は、 他の江戸娘と比べ少しふくふくとした娘である。 『おみつ』がふくふくとする原因は『おみつ』のとある力にあって……。 歌舞伎役者のように美しい藍屋若旦那『一太』からの溺愛に気づかず、 今日も懸命に菓子などを頬張る『おみつ』の少し不思議な日常と恋のお話。 第五回歴史・時代小説大賞で大賞&読者賞を頂きました。応援ありがとうございます。
24hポイント 553pt
小説 1,858 位 / 67,658件 歴史・時代 13 位 / 772件
文字数 54,862 最終更新日 2020.02.13 登録日 2019.04.15
江戸は安永から天明の辺り(1772~89年)、まだ猫が一般的ではなかった頃――福を逃したお福と幸薄い幸太郎が、異国からやって来た猫・美弥が結ぶ縁を頼りに本当の幸せを探していく人情物語。 *時代小説は大好きですが、書くとなると難しいです。時代考証や言葉遣い(*京都には7年間住んでいましたが、生まれも育ちも静岡です)etc間違いや認識不足等がありましたら、ご指摘お願いします。 *表紙はcパブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集からお借りした小原古邨「猫に提灯」です 。 《参考資料》 「絵でみる江戸の女子図鑑」「絵で見る江戸の町と暮らし図鑑」(善養寺 ススム /文・絵  江戸人文研究会 /編  廣済堂出版) 「江戸時代のすべてがわかる本」(大石学/編 ナツメ社) 「知識ゼロからの大江戸入門」(北嶋廣敏/監修 幻冬舎) 「お江戸の歩き方」「江戸庶民の衣食住」(竹内誠/監修 学習研究社) 「江戸の風景」「完全版江戸の暮らし」「江戸ビジュアル図鑑」(双葉社) 「猫づくし日本史」(武光誠/編 河出書房新社) 「見取り図で読み解く江戸の暮らし」(中村克己/著 青春出版) *その他インターネット等でも情報を取集しています。
24hポイント 285pt
小説 3,139 位 / 67,658件 歴史・時代 23 位 / 772件
文字数 44,586 最終更新日 2020.03.28 登録日 2020.02.22
「天明太平記」、「千代田大乱」に続く三作目です。タイトル通りです。田沼親子の幕政改革です。
24hポイント 276pt
小説 3,262 位 / 67,658件 歴史・時代 25 位 / 772件
文字数 1,070,481 最終更新日 2020.03.14 登録日 2019.05.26
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。衆目駭然として敢えて正視する者なし、これ我が東行高杉君に非ずや」 明治四十二(一九〇九)年、伊藤博文はこの一文で始まる高杉晋作の碑文を、遂に完成させることに成功した。 晋作のかつての同志である井上馨や山県有朋、そして伊藤博文等が晋作の碑文の作成をすることを決意してから、まる二年の月日が流れていた。 碑文完成の報を聞きつけ、喜びのあまり伊藤の元に駆けつけた井上馨が碑文を全て読み終えると、長年の疑問であった晋作と伊藤の出会いについて尋ねて…… この小説は「奇兵隊結成」や「功山寺の挙兵」、「第二次長州征伐」などの高杉の英雄的活躍だけに留まらず、久坂玄瑞や吉田松陰、伊藤博文、吉田稔麿等の松下村塾の面々、さらには近藤勇や土方歳三といった新選組などの幕府方の面々も描いた群像劇です!
24hポイント 263pt
小説 3,371 位 / 67,658件 歴史・時代 30 位 / 772件
文字数 113,183 最終更新日 2020.03.29 登録日 2019.07.04
6
歴史・時代 連載中 長編 R18
浪人で無垢(童貞)の不栗万之介は、絵師、戯作家を目指す若者だった。 故あって、故郷の久留里藩を出て江戸で暮らし2年。 しかし、その生活は日雇い仕事と、貸本屋からの「春画」「黄表紙」を読ん自分を慰める毎日だった。 そんな彼も、北斎に弟子入りを願う。 そこで、出会った美麗の女。その外見はまるで童女のようだった。 しかし、彼女こそ「鬼を喰らう」存在。 鬼に憑かれた者から鬼を祓い、その鬼を喰らう「鬼喰らい師」だった。 そして、鬼狂の仕事を手伝うことになる万之介。 それは、怪異と幻想の世界へ足をふみいれることであった。 ■参考文献 邪教・立川流(著)真鍋俊照 江戸の社会構造 (著)南和男 江戸春画 性愛枕絵研究 (著)吉崎淳二 江戸の枕絵師 (著)林美一 江戸時代のすべてがわかる本 (著)大石学 エロティック日本史 (著)下川 耿史 江戸の性生活 (著)歴史の謎を探る会 江戸の大誤解 (著)水戸計 性タブーのない日本 (著)橋本治 読みだしたら止まらない裏日本史 (著)日本裏日本史研究会 江戸の二四時間 歴史と人物増刊 葛飾北斎・春画の世界 (著)浅野秀剛 国芳の春画 (著)浅野秀剛  春画に見る江戸老人の色事 (著)白倉敬彦  江戸の春画 (著)白倉敬彦
24hポイント 106pt
小説 5,844 位 / 67,658件 歴史・時代 45 位 / 772件
文字数 66,498 最終更新日 2017.06.24 登録日 2017.05.25
 西欧列強に不平等条約を強要され、内乱を誘発させられ、多くの富を収奪されたのが悔しい。  幕末の仮想戦記も考えましたが、徳川家基が健在で、田沼親子が権力を維持していれば、もっと余裕を持って、開国準備ができたと思う。  北海道・樺太・千島も日本の領地のままだっただろうし、多くの金銀が国外に流出することもなかったと思う。  清国と手を組むことも出来たかもしれないし、清国がロシアに強奪された、シベリアと沿海州を日本が手に入れる事が出来たかもしれない。  色々真剣に検討して、仮想の日本史を書いてみたい。 一橋治済の陰謀で毒を盛られた徳川家基であったが、奇跡的に一命をとりとめた。だが家基も父親の十代将軍:徳川家治も誰が毒を盛ったのかは分からなかった。家基は田沼意次を疑い、家治は疑心暗鬼に陥り田沼意次以外の家臣が信じられなくなった。そして歴史は大きく動くことになる。 印旛沼開拓は成功するのか? 蝦夷開拓は成功するのか? オロシャとは戦争になるのか? 蝦夷・千島・樺太の領有は徳川家になるのか? それともオロシャになるのか? 西洋帆船は導入されるのか? 幕府は開国に踏み切れるのか? アイヌとの関係はどうなるのか? 幕府を裏切り異国と手を結ぶ藩は現れるのか?
24hポイント 106pt
小説 5,844 位 / 67,658件 歴史・時代 45 位 / 772件
文字数 122,226 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.04.27
天明4年、若年寄の田沼意知が殺されていなかったら、という歴史改変小説です。
24hポイント 106pt
小説 5,844 位 / 67,658件 歴史・時代 45 位 / 772件
文字数 271,832 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.03
【1月21日に福山市の『福山城築城400年』Facebookでご紹介いただきました。https://m.facebook.com/fukuyama400/】備後福山藩初代藩主、水野勝成が若い頃放浪を重ねたあと、備中(現在の岡山県)の片隅で居候をすることになるお話です。一番鑓しかしたくない、天下無双の暴れ者が、備中の片隅で居候した末に見つけたものは何だったのでしょうか。 →本編は完結、番外編と関連の話題を適宜更新中です。
24hポイント 63pt
小説 7,615 位 / 67,658件 歴史・時代 61 位 / 772件
文字数 272,392 最終更新日 2020.01.17 登録日 2017.05.15
(本文より抜粋) 「ここと……ここ。なの。見て」  霧が着物の裾を捲って、二人に自分の股ぐらを披露していた。  な、なにをしておるのじゃ?  余三郎は我が目を疑った。  余三郎側から見ると霧の背中しか見えないが、愛姫と百合丸の二人は霧の真っ正面に頭を寄せて彼女の股ぐらを真剣な目で観察している。 「ううむ……ツルツルじゃな」 「見事なまでにツルツルでござるな」  霧はまだ八歳児だぞ、当たり前だろうが!  余三郎は心の中で叫ぶように突っ込んだ。 「父様は霧のこれを見て……殺すしかないと仰った。なの」  二人は目を見開いて息を呑んでいた。聞き耳を立てていた余三郎の顔は驚愕で歪んだ。  な、なにぃー!? 自分の娘の股ぐらがツルツルだから殺すとな!? 立花家はあれか? みな生まれた時からボーボーじゃなきゃダメなのか?
24hポイント 63pt
小説 7,615 位 / 67,658件 歴史・時代 61 位 / 772件
文字数 203,035 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.01.26
全ては楽市楽座から始まった――― 『経済は一流、政治は三流』と言われる日本 世界有数の経済大国の礎を築いた商人達 その戦いの歴史を描いた一大叙事詩 『皆の暮らしを豊かにしたい』 信長・秀吉・家康の天下取りの傍らで、理想を抱いて歩き出した男がいた その名は西川甚左衛門 彼が残した足跡は、現在(いま)の日本に一体何をもたらしたのか ※この小説は『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』で掲載しています
24hポイント 63pt
小説 7,615 位 / 67,658件 歴史・時代 61 位 / 772件
文字数 437,875 最終更新日 2020.01.17 登録日 2019.07.30
江戸時代中期、家老の娘照(てる)は、十も年上の吝嗇な男孫右衛門と祝言を挙げる。だが、実家の事情で離縁せざるを得なくなる。そんな彼女に思いを寄せていたのは幼馴染の清兵衛だった。 ムーンライトノベルズの「『香田角の人々』拾遺」のエピソードを増補改訂したものです。
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 46,686 最終更新日 2017.06.19 登録日 2017.05.25
私は一人で生きていく。 暁月雫は一人ぼっちだった。 とある学校からの帰り道、雫はタイムスリップをして幕末へと飛ばされた。 新撰組にの沖田との出会いで、雫の心は変わっていく。 「その笑顔止めてよ。一番嫌いな顔だ」 「あのときみたいに、何も出来ない自分ではいたくない」
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 68,046 最終更新日 2017.11.15 登録日 2017.08.09
いまだ戦国の気配くすぶる寛永年間、三代徳川将軍家光の治世。 そのお膝元では、怪忍者集団逆卍党が跳梁跋扈していた。 現われたのは超絶美麗の剣客、夢見客人――。 陰謀、謀略! 剣術、妖術、忍法! 百花繚乱入り乱れての大活劇! 悲運の姫君の秘密を巡り、蠢く妖人魔人の群れ。 対するは凄腕揃いの暇人たち。 魔を斬り闇を断つ、妖刀御世継ぎ殺し村正の一閃! 大江戸時代伝奇痛快娯楽エンターテイメント、ここに開演!!
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 175,951 最終更新日 2019.12.29 登録日 2019.03.20
15
歴史・時代 連載中 長編 R18
第三章始まりました。 時は江戸享保年間。八代将軍の時代。 大名家の三男坊で部屋住みの源三郎に突然訪れた婿養子話。 楽しい江戸暮らしを手放したくない源三郎は抵抗するもあえなく陥落。 長い旅の果て、たどりついた山奥でうら若き妻壱子と祝言を挙げる。 ハッピーエンドかと思いきや、妻は極度の○○○コンで。 おまけに口うるさい年下の舅や噂話大好きな周囲の人々に翻弄される。 果たして年の差夫婦は幸せになれるのか。 なお、ムーンライトノベルズにも投稿しています。 「わたくしたちのお殿様」のスピンオフですが、読まなくても大丈夫です。 次回の更新は5月以降の予定です。
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 276,195 最終更新日 2019.12.15 登録日 2019.04.20
仇討ちに燃える浪人と、百鬼夜行において行かれた妖怪「袖引き」が共に長屋で暮らす時代物、疑似家族小説です。 連載小説ですが、春夏秋冬、その季節ごとにアップし、正月~暮れの一年間を描きました。 完結済み。 なろうでも同じ小説をアップしています。
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 56,644 最終更新日 2019.04.13 登録日 2019.04.13
「天明太平記」の続編です。
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 126,983 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.05.01
この物語の舞台は江戸末期。主人公は徳川幕府海軍副総裁・榎本武揚です。この人は300年続いた徳川幕府が今まさに倒れんとする頃、行き場を失った多くの幕臣を救うため、蝦夷地(北海道)に希望を見出し、ここに新たな幕臣のための国を作ろうと志した人です。その夢は結局はかなくついえるわけですが、この榎本なる人物が最北に地にいかなる夢を見たか追いかけると同時に、世に言う箱館戦争の後、罪を許された榎本のその後の人生にも光を当ててみたいと思っている次第であります。
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 48,523 最終更新日 2020.03.12 登録日 2019.07.01
 時は江戸時代前期、若き四代将軍・徳川家綱の御世。  柳生十兵衛の忘れ形見・松は、幼少期に父が定めた年上の許嫁・跡部良隆との祝言を心待ちにしていた。  十六歳になり祝言を目前に控えた松だったが、若く破天荒な叔父・義仙がいきなり江戸へ来て……  果たして松の祝言の行方は!?  表紙は「かんたん表紙メーカー」様HP上で作成しました。
24hポイント 42pt
小説 9,338 位 / 67,658件 歴史・時代 78 位 / 772件
文字数 9,212 最終更新日 2020.03.10 登録日 2020.03.01
20
歴史・時代 連載中 長編 R15
 弥生・奈良・平安・鎌倉・南北朝・安土桃山・戦国・江戸・明治と過去の時代に人々の側にいた存在達が、自分を使っていた人達の事を当時を振り返り語る話の集合です。  長編になっていますが、いくつもの話が寄り集まった話になっています。  また、歴史物ですがフィクションとしてとらえてください。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 134,959 最終更新日 2019.06.18 登録日 2016.05.30
剣道最強女子星野琥珀。 平凡な毎日に飽き飽きしていた彼女。 そんな彼女は、子供を助けるためトラックに飛び込んだ。 そして、彼女は。 自分の目を、疑った。 今ではありえない左腰に刀を下げ、袴を着ている男達。 ……150年前の世界にスリップした彼女。 長州と幕府の争いと陰謀が渦巻く波乱の時代江戸時代。 そこには、誠の志を背負う武士がいた。 桜のように美しく。 誠を貫く強さを持つ。 これは、そんな彼らとのストーリー……
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 2,417 最終更新日 2016.05.24 登録日 2016.05.23
越後の国、脇野町村(現在の新潟県長岡市旧三島町 脇野町)に生まれた庄兵衛(中屋庄兵衛)は、三条の大地震で行方不明となった親友半助を探すべく、家を飛び出し会津へ向かった。  そこで庄兵衛は桶屋に弟子入りし、その後中屋の鋸鍛冶に弟子入りする。 そこで重左エ門と名乗る男が半助に瓜二つ。  鋸の修行を続けながら、重左エ門のことをさぐる庄兵衛であったが…… ☆新潟県長岡市旧三島町に実在した鋸鍛冶の人 中屋庄兵衛 と 忍者 をテーマにしたフィクション作品、やや子ども向けに作ったファンタジー作品です。 実在の中屋庄兵衛、中屋重左エ門とは異なります。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 98,738 最終更新日 2018.11.29 登録日 2016.05.31
側用人である島松時貞と、藤の間に生まれた主人公の静子。優しくて、江戸中でも噂の美しさを持つ静子は、楽しい毎日を過ごしておりました。嘉一朗と婚約もして祝言も上げて楽しい毎日を過ごしておりました。ですが、上様が静子様を見て見たいと言うことで会ってみると上様は静子様を気に入られ、側室にしようとしました。その時は、収まったことなのですが、あとで書状が届き、側室として向かい入れるということになってしまいました。他の側室や御台様からのいじめにも耐え抜き、静子がどんどん成長をしていく物語です。 この話は全てフィクションです。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 20,101 最終更新日 2016.07.14 登録日 2016.06.27
長きにわたる江戸幕府の支配が終わりを告げ、新時代を迎えた日本。 『国土平定』を掲げる新政府は、古来より日本に棲む亜人種『鬼』を 討伐するため、『討鬼隊』を結成。西洋式の近代武器を装備した 討鬼隊は、日本史史上初めて、鬼族との全面戦争に突入した・・・・ 新米兵士の萩村は戦場で、負傷した見知らぬ軍医から小包を受け取る。政府を転覆させるほどの力を持つ「ある秘密」を巡る争いに巻き込まれるとも知らずに・・・・ ※現代の読者にも分かりやすいように、作中のセリフ等は現代語に訳してあります
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 67,959 最終更新日 2019.04.06 登録日 2017.03.07
25
歴史・時代 連載中 長編 R15
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、腐敗臭を放ちだした頃。  夜須藩御手先役見習い・平山清記は、自らの役目に疑問を覚えながらも、主君を守る太刀として藩法を破る無頼漢を斬る日々を過ごしていた。  そんなある日、清記は父の悌蔵に命じられ、中老・奥寺大和の剣術指南役になる。そこで出会った、運命の女。そして、友。青春の暁光を迎えようとしていた清記に、天暗の宿星が微笑む――。  寂滅の秘剣・落鳳。幾代を重ね、生き血を啜って生まれし、一族の魔剣よ。願いを訊き給へ。能うならば、我が業罪が一殺多生にならん事を。  アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」に続く、もう一つの念真流物語! ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「巷説江戸演義」と題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 97,422 最終更新日 2017.06.18 登録日 2017.04.30
時は幕末 一軒の小さな道場に一人の跡取りがいた 名は真田遼 とある晩 道場破りに合い 子どもは姿を消した それから月日は流れる 子どもは新選組の扉を叩いた
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 16,355 最終更新日 2018.02.28 登録日 2018.01.29
27
歴史・時代 連載中 長編 R15
その男の名は歴史に刻まれる事はなかった …確かに彼はそこに存在していたはずなのに。 ーー幕末の世ーー 男達はそれぞれの想いを胸に戦い続ける。 友の為 義の為 国の為 抗う事の出来ない運命に正面から挑んだ。 「あの時の約束を果たす為に俺はここに居る」 「お前と俺の宿命だ……」 「お前が信じるものを俺は信じるよ」 「お前の立つ場所も、お前自身も俺が守ってやる」 幕末で活躍した新撰組とそれに関わったはずなのに歴史に残ることはなく誰一人として記憶に刻むことのなかった1人の男。 運命の糸に手繰り寄せられるように、新選組と出会った主人公『如月蓮二』彼と新選組は幕末の乱世を駆け抜ける!! 作者の完全なる“妄想”によって書かれてます('A`) ※以前エブリスタ、ポケクリにて掲載しておりましたがID&パス紛失にて更新できなくなったため修正を加えて再投稿したものです。 フィクションです。史実とは違った点が数多いと思いますがご了承下さい。 作中の会話にて方言(京弁、土佐弁)で間違いがあるかもしれません。 初物ですので、広い心で見守って頂ければ有り難いですm(_ _)m
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 103,560 最終更新日 2019.04.16 登録日 2018.10.09
彫り師の吉次は女房のおえいの行方を案じていた。 彼女は永代橋崩落事故にまきこまれたらしい。 奉行所の下っ引きの仕事にもたずさわる吉次は、御用の筋で板橋宿にたちよる。 そこで記憶を失った女、おしのを知る。 おしのはおえいにそっくりだった。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 25,374 最終更新日 2019.03.24 登録日 2019.03.21
「安永二年。今から十五年近く前の話さ」  そう言って、千瀬姐さんは語りだす。  最初で最後の、うつくしくもかなしい恋のお話を……    * * *  メクるで公開していた歴史物短編小説です。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 8,486 最終更新日 2019.05.08 登録日 2019.04.01
定職に就かず寝てばかりいる甲斐性なしの助六。こんな男でもなんとか生きていけるのが江戸であった。 「おまえさん、お米がないよ」女房のお徳にいわれてきょうはしぶしぶ働きにでる。 痛快商い!大江戸ドタバタコメディ!島村春穂アルファポリス限定読み切り作品!
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 10,422 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.30
徳川家の兵法指南役に二流派があった。 柳生新陰流と一刀流。 一刀流の小野忠常は、柳生新陰流の柳生十兵衛に御前試合で破れてしまう。 それから忠常は十兵衛を斬ることを生きがいとする。 そのころ島原で切支丹一揆が蜂起していた。 数奇な運命に翻弄される忠常は、再び不世出の天才剣士である柳生十兵衛と相まみえる。 一刀流と柳生新陰流の秘剣が激突する。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 10,423 最終更新日 2019.05.01 登録日 2019.04.12
戦国、安土桃山時代を主君を変えながら生き残った一人の侍、高師直の末裔を自称する高師影。高屋又兵衛と名を変えて晩年、油問屋の御隠居となり孫たちに昔話を語る毎日。その口から語られる戦国の世の物語です。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 17,923 最終更新日 2019.05.06 登録日 2019.04.14
深川の遊郭で行き倒れていたところを、春画描きの浮世絵師に拾われた醜女の「猿」。 彼女は浮世絵師のために飯を作る約束で、遊郭の引き手茶屋で住むことを許されて……。 という、江戸飯テーマの人情小説です。 髪結い師の男、化粧師の男、引き手茶屋の婆に郭の台所を任された男、門番の男。など、花街に住む人達の視点で、1話完結の連作短編です。 完結しました。 ※なろうでも同じ小説をアップしています。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 112,242 最終更新日 2019.04.13 登録日 2019.04.13
何者かに父を殺された波江雪之丞は、仇を捜していた。老爺の目撃証言により、仇は赤髪の大男だと知る。その張本人である剣客・蒼井影虎の屋敷に厄介になることに。雪之丞は仇討ちを狙うが、影虎には到底剣の腕が及ばなかった。ある日、勘定方で父の遺品を受け取ったところ、同僚の堀部から「父から書物を預かっていないか」と尋ねられる。屋敷へ赴くと、庭土を掘り返す男を発見。男は賭場で使用する賽を落としていった。影虎とともに賭場へ向かい、父の死の真相を探る雪之丞だが……。◆昼行灯の剣客が事件を解決!第五回歴史・時代小説大賞にて、奨励賞をいただきました。応援ありがとうございました。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 32,698 最終更新日 2019.05.03 登録日 2019.04.17
2017年に書いたものの改稿版を掲載します。 幕末を駆け抜けた新撰組。 その十一番目の隊長、綾瀬久二郎の凄絶な人生を描く。 よく知られる新撰組の物語の中に、架空の設定を織り込み、彼らの生きた跡をより強く浮かび上がらせたい。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 313,539 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.23
 享和三年五月のある日、伊勢屋のおよねの見舞いに訪れたさやと内山拾七郎は、およねが部屋に引きこもっているのを知る。およねは延命院の柳全という僧の子を堕胎し、それを種に強請られていた。  強請ったのはお松。お松は医者の順庵の助手であったが、およねに頼まれ密かに堕胎薬を作った。それが順庵にばれ、問答している内に誤って殺してしまったのだった。  拾七郎の兄で内山三兄弟の長兄、同心の内山三之丞は、逃げたお松を探していたが、お松は恋人の清吉と共に、不忍池で死体で発見される。お松は柳全をも強請り、逆に延命院の凄腕の用心棒跡部信雪に殺されたのだ。  信雪はかつて内山三兄弟の次兄伝伍と平戸藩の剣術指南役を争ったが破れ、妻の藤乃を捨て人斬りの道に堕ちていた。その後悔から伝伍は剣を捨て、藤乃の想いにも向き合えずにいたが、信雪が延命院にいるのを知り、彼と自分の過去とに向き合う決意をする。  一方、延命院では、日潤と柳全という僧が、大奥女中や町娘との女犯の罪を犯していた。事件を重く見た寺社奉行脇坂安菫は、腹心の部下三枝右門に命じて密かに調査を進めていた。右門は伝伍に眼をつけ、仕官の名目で伝伍に信雪を殺させようとする。それを知った三之丞は怒り、また安菫が大奥を恐れて事件解決に逡巡しているのにも腹を立て、自らも事件の解決に乗り出す。また、さやと拾七郎も、およねの事情を知って憤り、自らの手で柳全を捕縛しようと動く。  そして五月二十六日、安菫は右門に、日潤らの捕縛のため延命院踏み込みを決行させる。三之丞、伝伍、拾七郎とさやも延命院に踏み込み、それぞれの決着をつけるのだった。 (これは第二回富〇見時代小説最終選考作を、加筆修正したものです)
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 96,122 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.24
【忍者だって 転職 したい!!】 明暦4年。 江戸で口入屋を営む青年・一成(いちなり)は、 道で行き倒れていた伊賀の抜け忍の女・名無し(ななし)に出会う。 ひょんなことから名無しにいつかれてしまうも、 仕事をする条件で同居を許可した一成。 しかし、名無しは仕事もまともにできない問題視で、 すぐにクビになってしまう日々が続いていた。 まったく反省しない名無しに呆れる一成。 その一方で、江戸ではひそかに『辻斬り』が横行していた。 名無しは辻斬りを恐れた同心から警護を頼まれ、 ノリノリで仕事に応じたが……
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 11,333 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.04.24
明治初期、旧幕臣小栗家の家臣の妻であった女性のお話。短編。完結済。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 26,341 最終更新日 2019.05.14 登録日 2019.04.29
奥村仁一郎は、殺された父の仇を討つこととなった。目指す仇は幼なじみの高野孝輔。孝輔の妻は、密かに想いを寄せていた静代だった。(舞台は架空の土地)短編。完結済。 5/22 4話が非公開になっていました。後悔しました。申し訳ありません。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 29,425 最終更新日 2019.05.22 登録日 2019.04.29
冬木丈次郎は二十歳。うらなりと評判の頼りないひよっこ与力。ある日、旗本の屋敷で娘が死んだが、屋敷のほうで理由も言わないから調べてくれという訴えがあった。短編。完結済。
24hポイント 21pt
小説 13,328 位 / 67,658件 歴史・時代 113 位 / 772件
文字数 27,420 最終更新日 2019.05.21 登録日 2019.04.29
126 1234