ライト文芸 ライト文芸小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ ライト文芸×
357 12345
1
ライト文芸 連載中 長編 R15
「杏沙、お願い。私が退院するまでこの人と付き合って」 末期がんに侵された友人の由紀はそう言って、自分の彼氏 永井和臣を差し出した。 「うん、いいよ」 杏沙は願掛けのつもりで頷いた。 それから和臣との付き合いが始まった。 手も握らない。キスもしない。身体を重ね合わせることも、彼との未来を想像することさえしない偽りの交際は、罪悪感だけが積もる日々。 そんなある日、和臣は言った。 「由紀にとって、君は一番大事な友達……親友なんだ」  その言葉に杏沙は、ちくりと罪悪感を覚えた。 杏沙は由紀の親友では無い。親友になりたくても、なれない。そんな資格は無いのだ。 なぜなら昔、杏沙は───
24hポイント 2,756pt
小説 679 位 / 100,861件 ライト文芸 15 位 / 4,667件
文字数 23,126 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.29
真殿修は会社の昼休み、スマートフォンで繋いだ家用モニターを起動させる。そこに映るのは恋人であり、同棲相手の垣内頼子。 修は毎日、昼になると彼女の食生活を抜き打ちチェックしている。これには深い事情があった。 頼子は偏食家であり、ズボラな性格。家で仕事をする彼女は食事を抜くことがしばしばあり、かと思えばお菓子の無茶な一気食いをする。また好き嫌いも激しい。 そんな頼子の身を案じた修は食生活を改善するよう頼んだが「だったら、あたしがちゃんとできるようになるまで監視してよ」とすがられ、いまに至るわけだが……頼子がつくるズボラ飯動画についつい魅入ってしまうのだった。 それまで歩んできた人生をゆっくりと解きほぐすふたりの生活。ズボラ飯はもちろん、豪華な一品まで盛りだくさんな連作短編。 これは、おいしく、おかしな大人の日常生活を描いた物語。 *** 第3回ライト文芸大賞、大賞をいただきました。投票、応援ありがとうございました!
24hポイント 1,136pt
小説 1,431 位 / 100,861件 ライト文芸 28 位 / 4,667件
文字数 151,155 最終更新日 2021.03.22 登録日 2020.04.29
それなりに有名な出版会社に入社して早6年。 30歳を前にして 未婚で恋人もいないけれど。 マンションの隣に住む同期の男と 酒を酌み交わす日々。 心許すアイツとは ”同期以上、恋人未満―――” 1度は愛した元カレと再会し心を搔き乱され 恋敵の幼馴染には刃を向けられる。 広報部所属 ●七星 セツナ●-Setuna Nanase-(29歳) 編集部所属 副編集長 ●煌月 ジン●-Jin Kouduki-(29歳) 本当に好きな人は…誰? 己の気持ちに向き合う最後の恋。 “ただの恋愛物語”ってだけじゃない 命と、人との 向き合うという事。 現実に、なさそうな だけどちょっとあり得るかもしれない 複雑に絡み合う人間模様を描いた 等身大のラブストーリー。
24hポイント 966pt
小説 1,652 位 / 100,861件 ライト文芸 34 位 / 4,667件
文字数 86,591 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
4
ライト文芸 連載中 ショートショート
「私は誰よりも可愛いんだ」 可愛い女の子になりたい女の子[りむ]の日常を描いたストーリー。 街である在り来り事。 お家で過ごす在り来りな事。 ダラダラと過ごしたり、たまに真面目に。 でも可愛く。 [在り来りな日常を言葉でエンターテインメントに] フィクションで1話完結。
24hポイント 881pt
小説 1,776 位 / 100,861件 ライト文芸 41 位 / 4,667件
文字数 32,070 最終更新日 2021.05.06 登録日 2020.12.27
――きみと出逢ったのは、遠い夏の日―― 東京の会社を辞めて、祖母の骨董店を継いだ透のもとを訪ねてきたのは、ちょっと不思議な女の子。 彼女は売り物の古いフォトフレームを指さして、その中に入っていたはずの写真を探していると言う。色褪せた写真に隠された、少女の秘密とは……。 なぜか記憶から消えてしまった、十五年前の夏休み。初恋の幼馴染みと同じ名を持つ少女とともに、失われた思い出を探す喪失と再生の物語です。 【ほたるび骨董店の内緒話シリーズ・夏】 ※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません。
24hポイント 795pt
小説 1,926 位 / 100,861件 ライト文芸 45 位 / 4,667件
文字数 16,588 最終更新日 2021.05.02 登録日 2021.04.30
6
ライト文芸 連載中 長編 R15
les quatre saisons  フランス語で 『四季』 と言う意味の紅茶専門のカフェを舞台としたお話です。 【プロローグ】 茉莉香がles quatre saisonsで働くきっかけと、 そこに集まる人々を描きます。 このお話は短いですが、彼女の人生に大きな影響を与えます。 【第一章】 茉莉香は、ある青年と出会います。 彼にはいろいろと秘密があるようですが、 様々な出来事が、二人を次第に結び付けていきます。 【第二章】 茉莉香は、将来について真剣に考えるようになります。 彼女は、悩みながらも、自分の道を模索し続けます。 果たして、どんな人生を選択するのか? お話は、第三章、四章と続きながら、茉莉香の成長を描きます。 主人公は、決してあきらめません。 悩みながらも自分の道を歩んで行き、日々を楽しむことを忘れません。 全編を通して、美味しい紅茶と甘いお菓子が登場し、 読者の方も、ほっと一息ついていただけると思います。 ぜひ、お立ち寄りください。 ※小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+にても連載中です。
24hポイント 682pt
小説 2,178 位 / 100,861件 ライト文芸 53 位 / 4,667件
文字数 180,783 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.03.31
重度の難病にかかっている僕の姉。その生はもう長くはないと宣告されていた。わがままで奔放な姉にあこがれる僕は胸を痛める。ゆっくり死に近づきつつある姉とヤングケアラーの僕との日常、三年間の記録。そしていよいよ姉の死期が迫る。
24hポイント 597pt
小説 2,424 位 / 100,861件 ライト文芸 65 位 / 4,667件
文字数 118,735 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.02
仕事に精を出す夫と、妊娠6か月の妻の心が入れ替わった!? 佐伯智弘(36) 佐伯美穂(32) 二人は子供にも恵まれ、今また新たな家族を迎えようとしている幸せ夫婦。 だがある日、ひょんな事から二人の心は入れ替わってしまう。 妻が夫のふりをして会社に……なんてことはなく、智弘は美穂の体のまま、出社し激務をこなすようになる。 やがて浮かび上がる、妻の想い。周囲の想い。そして智弘の想い。 それらのすれ違い。 なかなか、思う通りにいかないことも、あるのです……。 ※こちらの作品はエブリスタにも掲載しております。
24hポイント 540pt
小説 2,640 位 / 100,861件 ライト文芸 75 位 / 4,667件
文字数 18,980 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.29
 水樹洋介は幼い頃の出来事より、花が見て感じた想いを水の中に溶かし、その記憶を分析して再現させる能力を持っていた。  大学を卒業して無職だった洋介は離婚して花屋を営む姉の住まいに転がり込み、水の錬金術師として花に纏わる相談や人探しの依頼を受け、姉や姪っ子、友人の協力を得て幾つかの難問を解決して行く。恋の悩みもあれば、人間の心を惑わし、毒を使う火の錬金術師との戦いもある。  水の錬金術師が依頼主の難問に挑む不思議な事件簿。短編集ですので、気軽にお立ち寄りください。
24hポイント 484pt
小説 2,863 位 / 100,861件 ライト文芸 82 位 / 4,667件
文字数 65,080 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.03
男は突然妻を失った。 居眠り運転の車が歩道に突っ込んできたのだ。 男は何の活動も出来なかった。 これは、ただただ虚しい日々を送り、唐突に命を奪った男の独白である。
24hポイント 369pt
小説 3,581 位 / 100,861件 ライト文芸 119 位 / 4,667件
文字数 6,150 最終更新日 2021.04.30 登録日 2021.04.30
僕は陸上自衛官。 背中に羽を背負った音楽隊に憧れて入隊したのだけれど、当分空きがないと言われ続けた。 空きを待ちながら「取れる資格は取っておけ!」というありがたい上官の方針に従った。 もちろん、命令は絶対。 まあ、本当にありがたいお話で、逆らう気はなかったし♪ そして…気づいたら…胸にたくさんの記章を付けて、現在に至る。 どうしてこうなった。 (…このフレーズ、一度使ってみたかったのです) そんな『僕』と仲間達の、前向き以上前のめり気味な日常。 ゆっくり不定期更新。 タイトルと内容には、微妙なリンクとズレがあります。 なお、実際の団体とは全く関係ありません。登場人物や場所等も同様です。 基本的に1話読み切り、長さもマチマチ…短編集のような感じです。
24hポイント 369pt
小説 3,581 位 / 100,861件 ライト文芸 119 位 / 4,667件
文字数 173,872 最終更新日 2021.04.30 登録日 2018.05.14
カナダ在住の高校生、美和子は夏休みを利用して祖母のいる伊佐市に滞在し、伊佐高校に短期入学することになった。最初こそ戸惑いがあったものの、伊佐の陽気で温かいクラスメート達に囲まれ、文化祭の準備を通してクラスメート達との仲を深めていく。 そんな中、いさドラゴンカップが開催されることを知り、ドラゴンボート経験者であることを美和子が告げると、チームを結成して大会に出場しようということに。 果たして、『チェストー! 伊佐高龍舟チーム!!』は、大会で優勝できるのか!? *「チェストー!」とは、自分を鼓舞するための掛け声とか気合の叫び声で、昔、薩摩の剣術『示現流』の試合の時に使っていたらしいです。ドラマやアニメなんかでも使われているみたいです。 ※地理や学校の年間スケジュール等については、伊佐市にある鹿児島県立大口高等学校をモデルとさせていただいておりますが、その他については作者の勝手な想像に基づいており、全てフィクションですので、どうかご理解くださいませ。 ※ドラゴンボートについては経験がなく、全くの素人ですので、間違っていたり、おかしな点がありましたらご教授頂けるとありがたいです。
24hポイント 342pt
小説 3,814 位 / 100,861件 ライト文芸 138 位 / 4,667件
文字数 48,984 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
高校三年の講習会で聴いた、ピアノの演奏と、ピアノの伴奏。そこに知らず居合わせたふたりは音大に入学後、同じ門下で勉強をしている。山岡みそらは声楽専攻、三谷夕季はピアノ専攻として。 同じ演奏に魅入られた二人の目の前にあるのは、それぞれの練習や伴奏合わせといった学校生活だけではない。その先にある就職、そして、その中にあってどう生きるか。音楽と天秤にかけれるのか。 けれど、もし、一人ではないのなら。音楽とともに、誰かと生きていけるのなら―― ---------- ■山岡みそら 声楽専攻(木村門下)、ソプラノ。 副科ピアノは羽田門下。 ■三谷夕季 ピアノ専攻(羽田門下)。みそらと同学年。 先輩である江藤颯太、林香織の伴奏を担当。 ■江藤颯太 管楽器専攻(トロンボーン、山本門下)。 副科ピアノは羽田門下。 みそら、三谷より一学年先輩。 ■羽田葉子 ピアノ専攻の非常勤講師。 三谷夕季の担当講師。講義では伴奏法も担当。 ■林香織 声楽専攻(木村門下)、ソプラノ。 みそら、三谷より二学年先輩。 ■木村利光 声楽専攻の非常勤講師。 みそら、香織の担当講師で現役バリトン歌手。 ■諸田加奈子 ピアノ専攻。みそらの伴奏を担当。 みそら、三谷と同学年。 ---------- 第4回ライト文芸大賞に参加中です。 応援、また感想などいただけるとうれしいです。
24hポイント 342pt
小説 3,814 位 / 100,861件 ライト文芸 138 位 / 4,667件
文字数 89,051 最終更新日 2021.05.06 登録日 2020.04.28
14
ライト文芸 完結 ショートショート
世界がこんなにきれいだとは思わなかった。 今まで汚いと思って生きてきたけど、いったい何を見てきたんだろう 今更気づいたってもう遅いのに…
24hポイント 340pt
小説 3,851 位 / 100,861件 ライト文芸 153 位 / 4,667件
文字数 319 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.05.05
記憶を失くし鎌倉の街を彷徨っていたエイトは、夜の闇に浮かび上がる奇妙な店に辿り着いた。 古道具や小物を扱う雑貨店『おもひで堂』の店主・南雲は美貌の持ち主で、さらには行くあてもないエイトを雇ってくれるという。思いがけず、おいしいごはんとゆったりとした時間に癒やされる共同生活がはじまることに。 ところが、エイトが店番をする雑貨店には、「恋人からもらうはずだった指輪と同じものが欲しい」など、困った客ばかりがやってくる。そして南雲は、そんな客たちの欲しいモノを次々と見つけ出してしまうから驚きだ。 そんななかエイトは、『おもひで堂』に訪れる客たちのある秘密に気付いてしまった。それらは、失った記憶ともどうやら関係があるようで……? 夏の匂いがする鎌倉での、ささやかな謎と切なくも優しい奇蹟の物語。
24hポイント 340pt
小説 3,851 位 / 100,861件 ライト文芸 153 位 / 4,667件
文字数 108,422 最終更新日 2021.04.21 登録日 2020.07.29
一ノ瀬衛は、俗に言うトップアーティスト。 大きな会場でも満席にできるほどの人気と実力を持つ。 しかし、今回は千人にも満たない小さな会場でのコンサート。彼のわがままによって実現した。 そこで、彼はある人物と出会う。 友人でありマネージャでもある、八木駿介と、ごくわずかの人物しか知らない、彼の秘密に関わるものと。
24hポイント 313pt
小説 4,113 位 / 100,861件 ライト文芸 156 位 / 4,667件
文字数 8,442 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.30
三次元と五次元が交錯する街(ステージ)である「護持元町(ごじのもとまち)」から、再び三次元に具現化された場がある。 その場の一角にできた「こぶしの花」。 比呂乃ママが見つけた新しいステージ。 ほのぼのとした、なおかつ、未来志向の新しい店にいらっしゃいませ。
24hポイント 313pt
小説 4,113 位 / 100,861件 ライト文芸 156 位 / 4,667件
文字数 3,418 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
金曜日の夜中、彼女・マミに山の中に置いていかれた寺田レオは、一軒の喫茶店を見つける。   男性キャラ多めです(BLではありません)
24hポイント 285pt
小説 4,470 位 / 100,861件 ライト文芸 176 位 / 4,667件
文字数 6,538 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
ばーちゃんが突然倒れた。 翌日にはピンピンしていたけど原因はわからない。 突然に訪れる別れの可能性に怯えつつも、いつもの日常に戻っていく。 ちょっと頼りない青年と、シャキシャキしたばーちゃんと、ほんのり猫。
24hポイント 285pt
小説 4,470 位 / 100,861件 ライト文芸 176 位 / 4,667件
文字数 4,826 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
大学進学を期に、東北の田舎から東京・吉祥寺にやってきた十八歳の千秋。 憧れの東京に胸を躍らせていたものの、サークル選びには失敗するし、講義は思ったよりも大変だしで、思い描いていた大学生活を送れていなかった。 そんな五月のある日、大学の中庭でぼんやりとしていると――。 「ごめん! その猫捕まえて!」 猫を追いかけているイケメン先輩に、そんなことをお願いされて!? 都会の洗礼を受けた女子大生が入ったサークルは、なんと猫と珈琲をこよなく愛する猫珈琲部! クールでコミュニケーション能力の低い猫馬鹿・皐月と、陽キャコーヒーオタク・珈太とのサークル活動はハプニングばかり!? 第四回ライト文芸大賞にエントリー中です!
24hポイント 285pt
小説 4,470 位 / 100,861件 ライト文芸 176 位 / 4,667件
文字数 44,979 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
本作品に登場する部活は、クイズ研究部ではない。 『クイズ番組』研究部である。 飛び交う意図的なボケ解答。 不意におとずれるオバカ解答。 それら珍回答が、正統派解答者(タダのゲラ)の腹筋を、容赦なく崩壊する。
24hポイント 285pt
小説 4,470 位 / 100,861件 ライト文芸 176 位 / 4,667件
文字数 54,896 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.01
22
ライト文芸 連載中 長編 R15
雨の日に金色の瞳と出会ってから、僕の運命は変わった それぞれの大事なものへの想いが交差する ※この物語はフィクションです 実在する個人や団体、固有名詞などとは一切関係ございません ※この作品は小説家になろうでも投稿しております
24hポイント 285pt
小説 4,470 位 / 100,861件 ライト文芸 176 位 / 4,667件
文字数 241,147 最終更新日 2021.05.06 登録日 2020.10.08
23
ライト文芸 連載中 長編 R15
28歳の山上正道(やまがみまさみち)は、片思いの初恋の相手である朝日奈明日奈(あさひなあすな)と10年ぶりに再会した。しかし、核シェルターの取材に来ていた明日奈は、正道のことを憶えていなかった。やがて核戦争が勃発したことがニュースで報道され、明日奈と正道は核シェルターの中に閉じ込められてしまい――。 (最後まで書いてから投稿しているので、確実に完結します。約11万字の長編の予定です)
24hポイント 256pt
小説 4,853 位 / 100,861件 ライト文芸 204 位 / 4,667件
文字数 67,263 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
スキニージーンズの銀髪お姉さん女神ウルドさま。時と運命の女神がきみのもとに現れて何かを変える? それとも何も変えない? 突然現れる彼女と、彼女に訪れられた少年を始めとしたさまざまな人々。その瞬間瞬間を切り取る、連作短編集。 水瀬郁人は鮎川舞のことが好きだ。ある夏の日、鮎川が生徒会長の夏目彰久と交際しだしたという噂を耳にする。河原で凹む郁人の前に『時と運命』の女神ウルドが現れる。ウルドは言う、彼女にかかればどんな恋の「どんでん返し」も可能だと。 一途な恋に生きる少年たちの純愛青春ファンタジー『僕は女神ウルドに、どんでん返しを願わない。』を始めとして、いくつもの物語をどうぞ。
24hポイント 256pt
小説 4,853 位 / 100,861件 ライト文芸 204 位 / 4,667件
文字数 29,898 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
 ある日、人が欲しいものを何でも与えられるようになった主人公はさまざまな人に奉仕する事が自分の存在価値なのだと悟った。  人に奉仕した人生の行く先は如何に。
24hポイント 256pt
小説 4,853 位 / 100,861件 ライト文芸 204 位 / 4,667件
文字数 16,866 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.30
天野陽向は高校三年生のときに転入してきた伊集院瑠華に恋をした。
24hポイント 256pt
小説 4,853 位 / 100,861件 ライト文芸 204 位 / 4,667件
文字数 5,697 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.29
私から見た「姉」、私から見た「妹」。 血のつながらない姉妹の、互いに言えない秘密の思い。
24hポイント 228pt
小説 5,335 位 / 100,861件 ライト文芸 232 位 / 4,667件
文字数 5,752 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.30
第4回ライト文芸大賞にエントリーしています。よろしければ応援お願い致します。 学校に向かう途中にある公園でいつも見かける同じ春ヶ咲高校の制服を着ている男子。 その人をよく見てみるととてつもなく顔の整った容姿をしていた。ある日、その人に話しかけてみるとなんと幽霊であり自身の名前とこの町のこと以外は覚えていないらしいことが分かった。 主人公の桜空はその青年、零の記憶を取り戻す手伝いをすることを申し出る。だが、二人は共に記憶を探している内に、悲しい真実に気づいてしまう。 そして迎える結末は哀しくも暖かい、優しいものだった。 ※エブリスタにも掲載しています。 表紙絵はこなきさんに描いて頂きました。主人公の桜空を可愛く描いてくれました。
24hポイント 228pt
小説 5,335 位 / 100,861件 ライト文芸 232 位 / 4,667件
文字数 9,509 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.30
29
ライト文芸 連載中 ショートショート
 かつて科学技術によって命を救われ、高校のロボット部で活動する高校生、梶山拓斗。普通科の拓斗達には十分な技術と知識がなく、コンテスト参加用のロボットさえ満足に完成できずにいた。そこへ謎の転校生、白波真尋が入部してくる。天才的な頭脳を持った彼女はほぼ単独でロボットを完成させてしまうが――
24hポイント 228pt
小説 5,335 位 / 100,861件 ライト文芸 232 位 / 4,667件
文字数 4,723 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.29
冬ざれた終着駅の近く。「大道芸人の広場」で似顔絵描きをする若者が出会う「わけあり」の人たち。 彼らはいつもBar「スペランツァ~希望」でそんな人々ととりとめもなく語り合う。 絵描き、フィドル弾きと踊り子、魔女、殺し屋、道化師、天使と牧師。 彼らは皆、心の中に喜びと苦悩を抱えていた。 そしてその年の聖夜には……。 *** 数年前にPixivで公開した作品を、加筆修正しました。
24hポイント 228pt
小説 5,335 位 / 100,861件 ライト文芸 232 位 / 4,667件
文字数 57,820 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.25
東京に染まり、キャリアとブランドを纏った主人公香澄は、十年ぶりの帰郷を果たす。故郷の変化や人との交わりを通じて香澄は自身の生まれに対する劣等、故郷への愛憎、そして彼女の大事なものを再確認することになる。その先にある香澄の答えとは———
24hポイント 200pt
小説 5,906 位 / 100,861件 ライト文芸 263 位 / 4,667件
文字数 9,437 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.30
『死』を迎える少女は、その最晩年に何を思うのか。 どこまでも冷静かつ客観的に『死』を見つめる彼女が見せる 『生』へのこだわり。 死生観が揺れ動く現代に対し 孤独の『夢』を以て終末へと望む少女の聖戦がここにある。
24hポイント 200pt
小説 5,906 位 / 100,861件 ライト文芸 263 位 / 4,667件
文字数 18,346 最終更新日 2021.05.05 登録日 2021.04.26
ねぇ、この世界がいま、少しずつ小さくなってるって、知ってる? 変わりゆく世界の中で、それでもあなたと居たいと思う。
24hポイント 200pt
小説 5,906 位 / 100,861件 ライト文芸 263 位 / 4,667件
文字数 17,338 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.26
人生を捧げたわたしの〝推し〟は、人気絶頂にて解散・引退。 涙が枯れるほど泣いて、絶望して、だけど推しの幸せのためならと見送ったのが一年前。 そんなわたしの前に、〝推し〟が再び現れた。 キラキラのオーラも、眩い笑顔もないままに。
24hポイント 142pt
小説 7,070 位 / 100,861件 ライト文芸 303 位 / 4,667件
文字数 76,024 最終更新日 2021.04.30 登録日 2021.04.10
豹堂ミサカは、幼馴染の花坂リカコの占いで「お前は人を不幸にする」と小さい頃に言われた。 小学生のときにそれは起きて、中学あがるときにリカコとは別々になった。そして、高校になった年、二人は再会する。 リカコはミサカが一人でいることに、罪悪感を押し寄せる。自分が占ったことで、ミサカは人との関わりを避けていることに。 リカコは、ミサカに謝りたくて、ミサカに近寄ろうとするが、ミサカはリカコを遠ざける。そんな二人のドタバタ追跡劇。ミサカは果たして不幸から抜け出せるのだろうか。リカコはミサカを救えるのだろうか。
24hポイント 142pt
小説 7,070 位 / 100,861件 ライト文芸 303 位 / 4,667件
文字数 22,681 最終更新日 2021.05.04 登録日 2021.04.02
 とある街中にある一軒のカフェ。  入り口には  “水面<みなも>カフェへようこそ。のんびりとした空間と、時間をお楽しみ下さい”    と、店長の手書きであろう、若干丸目を帯びていたが、どこか温かい雰囲気を持つ文字で書いてあった。  その文字を見て、「フフフ」と笑う、優しい笑顔の女性。その後ろには無言で俯く少女が1人、スカートを握りしめて立っていた。  「そんなに緊張しないで。大丈夫、あなたなら大丈夫だから」  そう言って女性は少女の肩を優しく撫でた。少女は無言のまま、頭をコクコクと下げ、握りめていた手を開く。  女性はその様子を笑顔で見ていた。  ドアをそっと開ける。  “チリンチリン”  ドアベルが鳴る。  女性と少女は手を繋ぎながら、中へと入って行った。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  失声症の少女と、その少女を保護した精神科医。その教え子であるカフェの店長、周りの人達を巻き込んで繰り広げられるサクセスストーリー。
24hポイント 142pt
小説 7,070 位 / 100,861件 ライト文芸 303 位 / 4,667件
文字数 143,654 最終更新日 2020.02.20 登録日 2019.03.23
物心ついた頃から 母に愛された記憶はない いつも姉ばかり愛され 私は八つ当りされる人形 小さい頃から洗脳され 母の言うことには逆らえない そんな歪んだ生活で 遂に私の心のプールの水は溢れてしまった。
24hポイント 113pt
小説 8,000 位 / 100,861件 ライト文芸 326 位 / 4,667件
文字数 1,876 最終更新日 2021.04.27 登録日 2021.04.26
付き合って2年目のお祝い当日、彼から言い放たれたのは突然の別れだった。 泣き崩れた彼女を慰めたのは幼なじみの男の子。 「俺にしねえ?」 ──そして、突然告げられた幼なじみからの告白。 初めは断るも次第に惹かれていく。 そして、2人は付き合い幸せな日々を送っていた。 だが、その幸せも長くは続かなかった── 大好きなのに別れなければならない悲しい結末とは。
24hポイント 113pt
小説 8,000 位 / 100,861件 ライト文芸 326 位 / 4,667件
文字数 23,617 最終更新日 2021.04.30 登録日 2021.04.02
39
ライト文芸 連載中 長編 R15
ラーメン屋を継ぐことで親父と喧嘩したおれ。誤って殺してしまう。殺人犯になるのはいやなので事件を隠蔽するため、死体を隠す。どこに隠すか?業務用の大型冷蔵庫に隠した。いつまでも冷蔵庫に隠しておけないので、解体する。風呂場で解体する。キモイし。 死体をバラバラにして、人肉でチャーシューを作ったり、ラーメンの出汁をとったりする。 内臓と脳みそを処理できなくなったので、煮込んでドロドロにしてスタミナラーメンとして新メニューにする。 このメニューが大人気となって、止めるに止められなくなり、次々に殺しを行って、ラーメンの具材にしていく。 だんだん、こだわりが出てきて、脂の多い女性を専門に狙うようになる。 女刑事が店の常連になる。 事件は露見していない。 ただ、周辺で行方不明者が増えている。最後に目撃されているのが店の最寄り駅なので、捜査が開始されている。 俺はやばいと思って、仕入れを控えるようになるが、常連から文句をいわれ、店を続けていくには、殺しを続けなければならなくなる。 店を怪しいと思った女刑事を捕らえて監禁、バラバラにしてスープにする。次々に殺人を犯してスープの具財とするが、脳みそを取り出した頭だけが処理できず、冷蔵庫に溜まってしまう。生首が冷蔵庫占めていく。困ったものである。
24hポイント 113pt
小説 8,000 位 / 100,861件 ライト文芸 326 位 / 4,667件
文字数 24,858 最終更新日 2021.05.02 登録日 2021.03.28

君の小説が読みたい

レンタル有り
旧題:明日を見る桜と今日に降る雪。~きみ、まわる。ぼく、とまる。~ 「六日後の十二月八日、日曜日。君は死ぬ」 十二月八日からタイムリープしてきたという一ノ瀬茉莉花。 彼女曰く、僕は今週末の日曜日、身近な誰かに殺されて死ぬらしい。 候補となるのは悪友である三木谷才人、そして会社の先輩である宇尾溜カロン。 どちらが僕を殺すのか? なぜ、僕は殺されるのか?  これは世界の片隅で起こった、ほんの些細な奇跡を書き留めた――僕が死ぬまでの、数日間の備忘録だ。
24hポイント 113pt
小説 8,000 位 / 100,861件 ライト文芸 326 位 / 4,667件
文字数 130,892 最終更新日 2020.06.17 登録日 2019.07.31
357 12345