小説 一覧

カテゴリ 経済・企業
タグ 家族 ×
2
続柄の呼び方もわからない遠縁の親戚から、「お前も家族に縁が薄いだろうから大人数で食卓を囲ませてやりたい」という想いで譲られた「ささやかな場所」。 偶然の譲渡会で、出会った保護猫。 一人ぼっちの「猫」と「僕」の、ほのぼの初同居生活。 猫カフェならぬ、看板猫がいるビア・バーを「開店するまで」の物語。 猫と暮らしている方には、「あるある」って笑ってもらえるかもしれません。 【保護猫や譲渡会についても、知っていだけたら、幸いです】 ビールに関しては、お好きな方にはこのシーンに選ばれたこの銘柄の理由の想像などで、飲まれない方にもワンシーンとして、物語を楽しんでいただける、と思います。 飯テロ成分が増加していますが、登場するお店、メニュー、団体はフィクションですので、ご了承ください。 「僕」の性別、年齢、容姿は、お好みに妄想してお楽しみください。 (この目的で、意図的に描写しておりません) 表紙は、リアル雪さんの自撮り(ipadを踏んで)写真です。
24hポイント 0pt
小説 22,609 位 / 22,609件 経済・企業 55 位 / 55件
文字数 132,356 最終更新日 2017.07.22 登録日 2017.03.01
2
経済・企業 完結 ショートショート
あなたは人に励まされたり喜ばれたり時にぶつかり合って切磋琢磨して微笑み哀しみ築いた小さな城を潰した事さえありませんか… 人間はどう生きるかとかどう暮らすとかどう歩くかなんて別にあれこれ言われる事すら何にも無いのです。 言われて嬉しいのは自分の大好きなパートナーや自分の為に無理ばかり聞いてくれる絆と言う嘘っぱちの言葉さえも通り越して付き合えるものだけです。 人は鼻糞ではありません…人を安く観てはいけません…その人はあなたの為にいざ出陣をして権力では通じない何かを発揮するかもわからないからです。 驕り高ぶりは皆が持ち合わせた人間と言う遺伝子回路に打ち込まれた消えないものです…振り返り必ず悔い改め昨日よりも今日の反省が出来れば良いのです。 余り天狗になっては行けません…余り自分で偉いと思って胸を張っては行けません…自分の部下と差をつけた食事はしては行けません! お酒飲んでても言っては行けないことを部下に言ってはいけません…部下は貴方を何時も心配しています。 上司は部下に期待を裏切られるのが役目です…仲間外れにしてはいけません…部下は貴方を何時も信じています その場の勢いで雰囲気で嘘を付いてはいけません…部下はそれを聞いて何時も励みにするからです。そして嘘だとわかった時幻滅し苦しみ哀しみ貴方の高い評価を見失うからです… 上司は部下にその場しのぎの気やすめを言ってはなりません…その家族の悪口や避難をしてはいけません…お酒の勢いでましてや本人目の前にしてお山の大将が大口叩いてはいけません…部下はいずれ貴方に哀しみ貴方を哀れみ貴方を蔑み貴方を避けていずれ貴方の期待は砂の山に成る事でしょう… 尊敬の念が哀しみの雫になる前に考えていただきたいものです…貴方は船部下は海…水のない所に船は浮かばないのです…部下を怒らしてはなりません…部下を哀しましていけません…吐いたツバを飲んではいけません…貴方は我々にとっての象徴なのだから… こんな小さな村に毛の生えたような街で1番にもなって無いのだから…上司は部下を癒やし労い…いっしょに笑いそして泣きそして同じ眼で励まして当たり前なのです…人に差を付けたり能力を過信したり去る者をひきとめる為に演技をしたりしてはいけません… 常に馬鹿になり常に笑いを作りすべる話の引き出しを増やしその場の雰囲気を盛り上げて本当の孤独を隠して爪も隠して心のヤイバも見せない様に常に自分は皆が居ないと無力なんだと想いながら…入るべきなのです。 一度栄えても必ず衰えてしまわない様に…
24hポイント 0pt
小説 22,609 位 / 22,609件 経済・企業 55 位 / 55件
文字数 2,316 最終更新日 2017.05.22 登録日 2017.03.29
2