小説 一覧

タグ 追放 ×
76 12
ルークは冒険者徒党『バスティオン』に所属する召喚士。 ある日三年の苦行の果て、全てのレベルと引き換えに最高位の使徒『天使』を召喚することに成功する。 だが喜ぶのものもつかの間、徒党のリーダーは冷たく言い放った。 「ご苦労だったな」 そうしてルークの手から天使を奪い取り、『バスティオン』は国を救う勇者になるべく王との謁見へ。 用済みとなったルークは僅かな手切れと共に徒党を追いだされたのだった。 失意の内に田舎へ帰ろうとするルーク。 しかしその前に、『バスティオン』のものとなったはずの天使が現れたのだった。
24hポイント 76,559pt
小説 8 位 / 36,253件 ファンタジー 6 位 / 13,162件
文字数 17,969 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.11.08
 港で荷物の上げ下ろしをしてささやかに暮らしていたウィレムは、大商会のぼんくら息子に絡まれていた少女を救ったことで仕事を干され、街から出るしか道が無くなる。  魔の森で一人サバイバル生活をしながら、レベルとスキル熟練度を上げたウィレムだったが、外れスキル「トレース」がとんでもないスキルに変貌したのだった。  どんな動作でも記憶し、実行できるように進化したトレーススキルは、他のスキルの必殺技でさえ記憶し実行することができてしまうのだ。  三年の月日が経ち、修行を終えたウィレムのレベルは熟練冒険者を凌ぐほどになっていた。  街に戻り冒険者として名声を稼ぎながら、彼は仕事を首にされてから決意していたことを実行に移す。    それは、自分を追い出した奴らを見返し、街一番まで成り上がる――ということだった。    ※なろうにも投稿してます。
24hポイント 72,489pt
小説 9 位 / 36,253件 ファンタジー 7 位 / 13,162件
文字数 77,695 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.11.14
※第十一回アルファポリスファンタジー大賞応募しております。9月末まで投票できますので、お済でない方で応援してもらえると嬉しいです。 俺の名はグレイズ。 鳶色の眼と茶色い髪、ちょっとした無精ひげがワイルドさを醸し出す、四十路の(自称ワイルド系イケオジ)おっさん。 ジョブは商人だ。 そう、戦闘スキルを全く習得しない商人なんだ。おかげで戦えない俺はパーティーの雑用係。 だが、ステータスはMAX。これは呪いのせいだが、仲間には黙っていた。 そんな俺がメンバーと探索から戻ると、リーダーのムエルから『パーティー追放』を言い渡された。 理由は『巷で流行している』かららしい。 そんなこと言いつつ、次のメンバー候補が可愛い魔術士の子だって知ってるんだぜ。 まぁ、言い争っても仕方ないので、装備品全部返して、パーティーを脱退し、次の仲間を探して暇していた。 まぁ、ステータスMAXの力を以ってすれば、Sランク冒険者は余裕だが、あくまで俺は『商人』なんだ。前衛に立って戦うなんて野蛮なことはしたくない。 表向き戦力にならない『商人』の俺を受け入れてくれるメンバーを探していたが、火力重視の冒険者たちからは相手にされない。 そんな、ある日、冒険者ギルドでは流行している、『パーティー追放』の餌食になった問題児二人とひょんなことからパーティーを組むことになった。 一人は『武闘家』ファーマ。もう一人は『精霊術士』カーラ。ともになぜか上級職から始まっていて、成長できず仲間から追放された女冒険者だ。 俺はそんな追放された二人とともに冒険者パーティー『追放者《アウトキャスト》』を結成する。 その後、前のパーティーとのひと悶着があって、『魔術師』アウリースも参加することとなった。 本当は彼女らが成長し、他のパーティーに入れるまでの暫定パーティーのつもりだったが、俺の指導でメキメキと実力を伸ばしていき、いつの間にか『追放者《アウトキャスト》』が最強のハーレムパーティーと言われるSSランクを得るまでの話。 ※小説家になろう様、ハーメルン様、カクヨム様、ツギクル様にも重複掲載しております
24hポイント 32,682pt
小説 45 位 / 36,253件 ファンタジー 23 位 / 13,162件
文字数 383,370 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.08.01
世界一強いと言われているSSSランクの冒険者パーティ。 その一員であるケイド。 スーパーサブとしてずっと同行していたが、パーティメンバーからはただのパシリとして使われていた。 戦闘は役立たず。荷物持ちにしかならないお荷物だと。 それでも彼はこのパーティでやって来ていた。 彼がスカウトしたメンバーと一緒に冒険をしたかったからだ。 ある日仲間のミスをケイドのせいにされ、そのままパーティを追い出される。 途方にくれ、なんの目的も持たずにふらふらする日々。 だが、彼自身が気付いていない能力があった。 ずっと荷物持ちやパシリをして来たケイドは、筋力も敏捷も凄まじく成長していた。 その事実をとあるきっかけで知り、喜んだ。 自分は戦闘もできる。 もう荷物持ちだけではないのだと。 見捨てられたパーティがどうなろうと知ったこっちゃない。 むしろもう自分を卑下する必要もない。 我慢しなくていいのだ。 ケイドは自分の幸せを探すために旅へと出る。 ※小説家になろう様でも連載中
24hポイント 12,768pt
小説 110 位 / 36,253件 ファンタジー 57 位 / 13,162件
文字数 85,267 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.11.01
5
ファンタジー 連載中 長編 R15
運だけカンストで後はゴミ、そんな能力値を面白がられノリで勇者パーティに加えられた主人公『カイン』は案の定装備を剥がされ捨てられてしまう。 「何が運カンストだよ……」 完全に自分に自信を無くしてしまったカインだったが、突然彼の目の前に女性だけで構成されたSランクパーティ『烈火の戦姫』が現れる。 「貴方の力を貸して!私たちは貴方が欲しい!!」 やがてカインは彼女達と接する中で、自分の力を信じられるようになっていく…… あっ、残った勇者パーティは着々と転落人生を歩んでおります。 ※書籍化しました。
24hポイント 10,671pt
小説 128 位 / 36,253件 ファンタジー 67 位 / 13,162件
文字数 97,284 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.06.03
6
ファンタジー 連載中 長編 R15
 主人公のレンは、冒険者ギルドの中で最高ランクであるSランクパーティのメンバーであった。しかしある日突然、パーティリーダーであるギリュウという男に「いきなりで悪いが、レンにはこのパーティから抜けてもらう」と告げられ、パーティを脱退させられてしまう。怒りを覚えたレンはそのギルドを脱退し、別のギルドでまた1から冒険者稼業を始める。そしてそこで最強の《勇者》というスキルが開花し、ギリュウ達を見返すため、己を鍛えるため、レンの冒険譚が始まるのであった。
24hポイント 5,136pt
小説 244 位 / 36,253件 ファンタジー 130 位 / 13,162件
文字数 368,105 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.07.09
7
恋愛 連載中 長編 R15
「この、役立たずめ」 無実の罪で幼馴染の勇者一行のパーティーから追放されてしまった聖女のリーナ。 この四年間、パーティーを、ずっと影でささえてきたのにこんな仕打ちを受けるなんて…。 いいです、それなら結構です。 私には隠し持っていたチートがあります! 転生前の記憶も活用して、これからは街で楽しく暮らします。 追放からはじまる聖女のお気楽スローライフ! 小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。
24hポイント 4,146pt
小説 297 位 / 36,253件 恋愛 105 位 / 8,464件
文字数 125,178 最終更新日 2018.11.09 登録日 2018.07.04
8
ファンタジー 連載中 長編 R15
ファンタジー大賞、最終19位。本当に有難うございました。大賞最終選考まで残れた事。大感激しております。 お読み戴いて下さる皆様に感謝を。 メイン本編完結済。その後の本編2~続いています。本編4にて完結予定になります。宜しくお願い致します。 ※※※ もうすぐSランク冒険者パーティーの、専属料理人だった私。本日付でパーティーをクビにされ、只今ダンジョンの最下層に佇んでおります。 【何処でも出張レストラン。料理人スキルMAX。ダンジョン内でも、安全に料理が出来て食べられる場所さえ有ればOK。己の身は己で守れます。往路の道案内は必ずお願い致します。】 専属になる前は、この看板で出張料理人をしていました。顧客は王家血筋の方々から冒険者の方々までと多種多様。これでも売れっ子の料理人なのです。 夢へと向け人脈を広げ資金を貯めてた私の元へ、傍若無人な奴等は突如やって来た。冒険中の飯が不味けりゃやる気もおきない。やる気が出なきゃSランクにも上がれないと宣う人達。 エサをちらつかせ私の弱味につけ込んで来ました。半ば無理矢理専属にしたくせに、料理しかしないからと追放だそうです。 私は料理人ですよ?護身術位は極めてますが、魔物と戦闘何て出来る訳無いじゃないですか。 まあ依頼料は前払いして貰ってるし、食材も最近は持ち出し多いし、契約期間も直ぐに切れる。更新料払いたく無くて狙ったな。でも丁度良いや。 両親のレストランを買い戻せたのには感謝してる。でも2度と専属にはなりません! 「恋人になれば契約料何て無粋な物は要らないよね?僕の恋人にしてあげる。毎日僕に君と料理を食べさせてよ。」 誰が貴様のハーレムに何か入るか!ふざけるな!セクハラリーダーは死ね。一生干し肉と水でも飲んでろ! バーカ!バーカ! では私は帰るよー!ばーい ばぃ。
24hポイント 3,038pt
小説 379 位 / 36,253件 ファンタジー 182 位 / 13,162件
文字数 310,113 最終更新日 2018.11.10 登録日 2018.07.07
主人公、ルド・アーネストは魔法学院を退学にさせられた。 理由は成績不振。魔法使いに向かない体質に生まれながらも、何とか魔法使いになりたいと言う夢を叶えるため努力して魔法学院まで入ったルドだったが、その夢は破れてしまった。 失意の中、これからどうするか考えていた途中。 彼の頭に突然、大量の知識が入り込んでくる。 ルドは混乱しながら状況を整理する。 入りこんできたのは前世の知識だった。 どうやら彼の前世は魔法使いだったらしく、その魔法使いは転生の魔法を使っていた。15歳くらいになったら前世の記憶を思い出すという魔法。 ただその魔法は失敗だったようで、ルドは知識だけを思い出して、人格や思い出は一切思い出さなかった。 ルドは思い出した知識から、この世界の魔法技術は大昔に比べて大きく劣ると言うことを知る。 ルドはなるべく世界を変えないよう、力を隠しながら賢者を目指そうとするが、徐々に隠しきれないようになり、魔法革命が起こって行く。 一方ルドを退学させた魔法学院は、魔法革命に付いていけず、衰退の一途を辿っていく。 ※HOTランキング1位になりました! 皆様のおかげです! ありがとうございます! ※なろうでも連載中です。
24hポイント 1,569pt
小説 623 位 / 36,253件 ファンタジー 261 位 / 13,162件
文字数 58,968 最終更新日 2018.09.19 登録日 2018.09.04
10
ファンタジー 連載中 長編 R15
屋敷から追放? 貴人との婚約ですって? 悪役令嬢になれ? 聖女様をどうにかしろ? こ、婚約破棄まで!? ……えええっ!? ついでに世界も救えですって!? ……いいでしょう、すべてわたくしにお任せくださいませ。 世界最強のわたくしの精霊術で、見事解決してみせますわ! 二重人格なんてなんのその。夜のわたくしは、一味違いますのよ! これは、ひょんなことからとある少年の人格が乗り移った健気な少女の、愛と勇気と希望の物語……かもしれません。    ◇★◇★◇ ●表紙イラストはアメユジ様に描いていただきました。 【アメユジ様 @ameyuji22 (twitterアカウント) https://ameyuji22.tumblr.com/ (ポートフォリオサイト)】 ●旧題『わたくし悪役令嬢になりますわ! ですので、お兄様は皇帝になってくださいませ!』 ●現在第四部『宗教大戦』編です。 ●婚約破棄、悪役令嬢設定と、追放家族へのざまぁ要素は第三部第十一章からになります。 ●スピンオフ『精練を失敗しすぎてギルドを追放になったけれど、私だけの精霊武器を作って見返してやるんだからっ!』も公開中です。 【https://www.alphapolis.co.jp/novel/598460848/814210883】 【毎日16:10更新予定です】【小説家になろう、カクヨムにも掲載中です】
24hポイント 1,456pt
小説 650 位 / 36,253件 ファンタジー 270 位 / 13,162件
文字数 490,418 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.08.31
 主人公のシオンは、Sランク冒険者のパーティーのメンバーだった。パーティー内では不人気職で嫌われ者のネクロマンサーとしてブラック企業の社畜のような不遇の扱いをうけてきたシオン。そんな彼はある日、魔王の幹部を倒した直後に、パーティーから追放されてしまう。途方に暮れた彼だったが、帰り道に魔王軍の幹部を名乗る黒騎士に出会い、完全週休三日制、月給五百万エン、専属シェフとメイド付きという好待遇で魔王軍に誘われた。魔王軍に入ったシオンは、ネクロマンサーとしての規格外の実力を発揮して魔王軍でどんどん出世していく! そしてシオンを追放した勇者達は弱体化して自滅していく。  ※ざまぁ要素のある話には★マークをつけておきます。 個人でゲーム制作してます。 「究極の選択の勇者の伝説」「勇者が魔王に聖剣隠された」「魔王の倒し方」etc,小説を気に入ってくださった方で、興味のある方はプレイしていただけると嬉しいです。  
24hポイント 1,370pt
小説 680 位 / 36,253件 ファンタジー 281 位 / 13,162件
文字数 79,127 最終更新日 2018.08.24 登録日 2018.06.24
異世界に転生した僕――アルフィ・ホープスは、孤児院で育つことになった。 この異世界の住民の多くが持つ天与と呼ばれる神から授かる特別な力。僕には最低ランクの〈解読〉と〈複写〉しかなかった。 だけど、前世で家族を失った僕は、自分のことを本当の弟以上に可愛がってくれるルヴィアとティエラという2人の姉のような存在のおかげで幸福だった。 しかし幸福は長くは続かない。勇者の天与を持つルヴィアと聖女の天与を持つティエラは、魔王を倒すため戦争の最前線に赴かなくてはならなくなったのだ。 僕は無能者として孤児院を追放されたのを機に、ルヴィアとティエラを助けるために魔王討伐への道を歩み出す。
24hポイント 1,363pt
小説 685 位 / 36,253件 ファンタジー 284 位 / 13,162件
文字数 168,586 最終更新日 2018.11.03 登録日 2018.08.27
 ある日突然ギルドを追放された、17歳の勇者〝ミナト〟。  彼は最強の勇者であったが、その日を境に最弱の勇者と呼ばれるようになった。  何かの手違いとギルドに復刻を申し出るもの、対談はおろか、聞く耳を持たずに追い出される。  所持品は、持ち前の聖剣と少量の金銭だけ。  ギルドに加入できないため、収入もなくその場所に居座る資格もない。  これは、そんな彼の人生を描くストーリー。
24hポイント 1,257pt
小説 731 位 / 36,253件 ファンタジー 301 位 / 13,162件
文字数 278,368 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.07.12
とある事情から名ばかり辺境伯として辺境の地へ飛ばされた家柄のラドウィンは仕事をしたくない。 昼間に起きて、本を読み、飯を食って寝る。そんな暮らしの為だけに生きるラドウィンの元に皇帝からの使者がやって来た。 「大規模な反乱の鎮圧に出ろ」その命令を受けたラドウィンの、何としても命令をサボる戦いが始まる。
24hポイント 1,207pt
小説 749 位 / 36,253件 ファンタジー 310 位 / 13,162件
文字数 246,923 最終更新日 2018.11.09 登録日 2018.09.01
長きに渡り、魔王軍と戦いを続ける勇者マリン。 そのパーティーで回復役を務めている青年ノンは、無詠唱で回復魔法を使える『応急師』としてそれなりに活躍していた。 しかしある日、新たに仲間となった『聖女』に代わり、勇者パーティーを解雇されてしまう。 聖女の回復魔法はノンに比べて圧倒的な回復力を誇っていたのだ。 パーティーを追放されて途方に暮れた彼は、田舎村に引っ込んで治療院を開くことを決意する。 勇者パーティー時代のことなんか忘れて、静かでのんびりとした暮らしをしたい。 これからは戦いや面倒事にも巻き込まれずに、田舎村で悠々自適なスローライフを満喫するぞ! ……ですから、治療とは関係のない依頼はご遠慮ください。そんなお話です。 ※6/30 第一章修正 ※7/12 第二章修正
24hポイント 986pt
小説 861 位 / 36,253件 ファンタジー 346 位 / 13,162件
文字数 343,677 最終更新日 2018.07.20 登録日 2018.01.01
16
ファンタジー 連載中 長編 R15
感想は基本全部返事します。 『ラック』というS級幸運の能力値を持った青年ネロは突如、自分のことしか考えていない最強のS級パーティ『漆黒の翼』からの戦力外通報を告げられ、叩き出されてしまう。 どんなにレアな能力だったとしても戦闘では役に立たない以上ネロを誘うパーティなどいなかった。 そんなネロは偶然にも腹を空かした赤髪の女神(幼女)と出会う。彼女を助けたことによりお礼に能力値を底上げされ、ネロは彼女と共に最強を目指す旅へと出る。 何より自分を追い出したパーティを「ギャフン」と言わせてやるため、魔の源である「魔王」の首を狙うハイファンタジー。
24hポイント 844pt
小説 975 位 / 36,253件 ファンタジー 390 位 / 13,162件
文字数 254,641 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.07.03
若くして魔王軍四天王に就任した稀代の天才魔族エスペランザは、理不尽極まりない理由でクビになってしまう。彼女の心は、自分をクビにした魔王への怒りに燃えていた。 「許さない、絶対に復讐してやるッ!」 そんな時彼女は、家の前に捨てられていた双子の赤ん坊を発見。 それが勇者の血を引く子だと知り、魔王を倒すために育て、鍛え上げようと画策する。 ――しかし10年後。 「「ママー、ドラゴン倒したー!」」 「2人とも偉いねぇぇぇぇぇ!!! 世界一可愛いよぉぉぉぉぉぉ!!!!」 彼女はとんでもない親バカとなり、復讐のことなんてすっかり忘れ子育てに夢中になっていたのだった。 今彼女は、愛する子供たちと一緒にカフェを営みながら、たまに襲ってくる超凶暴なモンスターとかをボコボコにしながらほのぼのと暮らしています。 小説家になろうさんの方でも更新しています!少しだけこっちより更新早めです!
24hポイント 788pt
小説 1,024 位 / 36,253件 ファンタジー 411 位 / 13,162件
文字数 50,655 最終更新日 2018.10.09 登録日 2018.09.19
18
ファンタジー 連載中 長編 R15
かつて魔法によって栄えた世界は終焉を迎える。 それから幾万の時が経過し、現代は新たな進化を遂げていた。 現代は魔法ではなく科学によって発展し、魔法は争いを生む力として忌み嫌われるようになっている。 そんな現代に、魔法の力を失わずに生まれた存在がいた。 その名は【魔女】――――― これは魔法が否定される現代に魔女として生まれた少女と、過去から来た青年の物語。 二人が世界に革命を起こす物語だ。 ~お知らせ~ 毎日19時に投稿する予定です。 投稿サイトはなろう、カクヨム、アルファポリスです。 ご意見、ご感想お待ちしております。
24hポイント 724pt
小説 1,089 位 / 36,253件 ファンタジー 439 位 / 13,162件
文字数 43,730 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.11.04
『力がないから』 そのことだけで家族に傷つけられ捨てられた少年と祖母はある街へと移住する。 それから11年、実家のことなど忘れ少年は高校生になっていた。 普通の高校生の普通の日常、友と馬鹿なことをして過ごし、時に笑い、時に裏切り、時に泣く、そんな生活を送っていた。 ある時少年は命をかけて一人の女の子を助ける。それがきっかけだった。 そこから始まる異世界と現実の2重生活。 さらにはペンギンと猫との共同生活。 彼は異世界と現実両方でも生活できるのか 初作品になりますので、今後の執筆の為、是非感想等お寄せください。 ※なろうにも投稿しております。
24hポイント 688pt
小説 1,136 位 / 36,253件 ファンタジー 456 位 / 13,162件
文字数 243,294 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.10.26
20
ファンタジー 連載中 長編 R15
冒険者を志す少年アサトは、十五になったのを機に故郷の田舎村を飛び出し、冒険者試験を受けることにした。 昔から冒険者に憧れを抱き、一級冒険者たちの仲間入りをしたいと思っていた彼は、全力で試験に臨んでみる。 しかし結果はなんと不合格。その理由は、彼に宿っている天職が『暗殺者』だったからだ。 天職とはその人間に見合った才能であるため、危険人物と思われたアサトは問答無用でギルドを追い出されてしまう。 失意の中、彼は本当に自分を必要としてくれる場所を探して、ある施設へとたどり着いた。 そこは、普通のギルドでは取り扱わないような違法な依頼を、超高額で受け持つ『闇ギルド』。 自分の力を生かすならここしかないと思ったアサトは、その闇ギルドの門を思い切って叩いてみることにするのだった。 そこで彼は暗殺者としての素質を認められ、次々と思わぬ功績を上げることになる。
24hポイント 440pt
小説 1,575 位 / 36,253件 ファンタジー 596 位 / 13,162件
文字数 78,124 最終更新日 2018.09.02 登録日 2018.08.03
21
ファンタジー 連載中 長編 R15
「お前の顔が気に入らない」  こんなふざけた理由でパーティーから追放され、魔王城の前に捨てられてしまったカイン。  彼は努力家だった。献身的だった。聡明だった。真面目だった。優秀だった……。  ただ、才能は無かった。    上級を超えた超級魔術、このクラスの魔術は才ある者しか習得出来なかった。  逆に、その才があるものは生まれながらに習得していた。  そんな才能が全ての世界に絶望したカインは、絶望しながらも何とか魔王城の前から逃げ出した。  だが、そのカインの前に現れたのは、魔王の懐刀である『ミシェル・ブラッド』だった。  死を覚悟したカインに対しミシェルは告げる。 「君は運がいいね……」  この出会いが世界の運命を決めた。
24hポイント 405pt
小説 1,683 位 / 36,253件 ファンタジー 640 位 / 13,162件
文字数 52,274 最終更新日 2018.11.17 登録日 2018.11.02
22
ファンタジー 連載中 長編 R18
シルフォニア王国の騎士団に所属するスカイ=トワイライトは、のちに聖戦と言われるライトルーメンで侵攻してきた魔獣達を殺さず尚且つ侵攻もさせず自身の長年の鍛錬と経験で培った剣士としての武芸のみで鎮圧させた。 シルフォニア王国の国王がその功労者を労わないはずがなくスカイは目立ちたくない意思に反して王国の平和に特に貢献した者のみ参加が許される叙勲式に呼ばれることになってしまう… だが叙勲式の場で、突如神の使いと言われているフェンリルが禍々しいオーラを放ちながら、叙勲式の参加者に牙を向こうとしたが…スカイに沈静化された。 人々は安堵したが、スカイの左腕にはかつてこの王国を築いた始祖と言われている勇者の業物(ワザモノ)であるとされた聖剣 "エクスカリバー"が深々と突き刺さっていた。 スカイは、このままでは次代の勇者として持ち上げられてしまうことを恐れ、騎士としての最高位である聖騎士(パラディン)を辞退し叙勲式から逃走する。 これは、冒険者としてソロで活動したいスカイとそんなスカイと一緒に行動したい仲間達、長らく失踪していたエクスカリバーを取り戻したい王国とのいたちごっこである。 ざまぁもあるかも…ハーレムは個人的に好きではないので、スカイは一途な性格にするつもりです。 作者はチキンな為優しい感想のみお願いします。 誤字脱字、造語等もあると思いますがよろしくお願いします。グロ展開などあるかもなのでR18にしてます。 写真は愛犬です。
24hポイント 383pt
小説 1,760 位 / 36,253件 ファンタジー 661 位 / 13,162件
文字数 64,304 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.07.24
23
ファンタジー 連載中 長編 R15
「今日をもってお前をこの国から追放する」 突然受けた解雇通知と国外追放。 シャルは困惑するもののこの国はあまり好きではなかったため、その日のうちに国から出いき、一年。 彼はいつに間にか未開の地で家を建てスライムと一緒にのんびりとくらいしていた。 しかし彼に待っていたのはスローライフが送れる楽しいものではなかった。 仲間から追い出された魔物に訳ありの冒険者に元ギルド職員などが次々と導かれるようにして彼の元に集まりいつのまにか村になり、次第に国へと発展して行く。 これは元最強の国家召喚士、シャル・ラグーナと個性豊かな仲間の物語。 お人好しの彼は今日も誰かを助けその者を導く。
24hポイント 376pt
小説 1,783 位 / 36,253件 ファンタジー 672 位 / 13,162件
文字数 20,373 最終更新日 2018.07.16 登録日 2018.07.07
「…‥‥レーラ。君はもう、このパーティから出て行ってくれないか?」 ……その一言で、私、付与術士のレーラは冒険者パーティから追放された。 けれども、別にそういう事はどうでもいい。なぜならば、別の就職先なら用意してあるもの。 とは言え、これで明暗が分かれるとは……人生とは不思議である。 たまにやる短編。今回は流行りの追放系を取り入れて見ました。作者の他作品のキャラも出す予定デス。 作者の連載作品「拾ったメイドゴーレムによって、いつの間にか色々されていた ~何このメイド、ちょっと怖い~」より、一部出していますので、興味があればそちらもどうぞ。
24hポイント 347pt
小説 1,911 位 / 36,253件 ファンタジー 713 位 / 13,162件
文字数 16,633 最終更新日 2018.09.08 登録日 2018.09.08
25
BL 完結 長編 R18
僕、リラはSSS級冒険者なのに、本日もまた冒険者パーティを追い出されていた。そしていつもの酒場でやけ酒をしていたのだけれど、そんな僕に幼馴染のジオはというといつも通りだったのだが……。そんな、無自覚美人最強冒険者と、そんな彼が好きな幼馴染のお話。コメディーファンタジーです。 ちなみにSSS級冒険者追放パターンを後二種類ほど思いついたので、それらもそのうち書きます。
24hポイント 319pt
小説 2,040 位 / 36,253件 BL 258 位 / 2,921件
文字数 28,055 最終更新日 2018.06.12 登録日 2018.06.08
なんか仲間に裏切られてパーティーを追放されてしまった!  それに関してイラついてた時に黒いローブを身に纏ったチンピラに絡まれたから返り討ちにしてやった! そしてアルバス王国に帰ってみれば「『崩壊のティル』をぶっ倒した謎の英雄が現れた」という話題で持ち切りだった! 詳しい話を聞くと、どうやらアルバス王国を滅ぼしに行くために黒いローブを身に纏ってどこかで身を隠していたところ、どっかの誰かさんにやられたらしい。 ……あれ、それってもしかして俺の事じゃね?
24hポイント 276pt
小説 2,293 位 / 36,253件 ファンタジー 832 位 / 13,162件
文字数 3,554 最終更新日 2018.11.15 登録日 2018.11.14
27
ファンタジー 連載中 長編 R15
「今日でお前は追放だ!」 勇者パーティーの仲間およびリーダーである男に追放宣言をされた魔術師のアベル。 彼の言われるがままにパーティーを後にしたアベルは、これからどうしようかと考えていたところ、一人の魔族の少女と出会う。 そして、少女の口から出た言葉はアベルの驚くべきもので―― 「んー、ま、いっか。どうせ暇だし」 そんなあっさりと決めてしまったアベル。この後のアベルと少女の運命は――!?    途中でざまぁが入ります。けど、そこまで重い話は出てきません。軽いです。軽いノリで敵を倒していきます。 誤字脱字は指摘するか、華麗にスルーされると……嬉しいな。
24hポイント 248pt
小説 2,448 位 / 36,253件 ファンタジー 893 位 / 13,162件
文字数 59,850 最終更新日 2018.08.06 登録日 2018.06.11
ある日、僕ことフィンは冒険者パーティから追放された。 けれども、特に困る事もない。なんにせよ自由にやってみるだけの、話である。 現在連載している『拾ったメイドゴーレムによって、いつの間にか色々されていた ~何このメイド、ちょっと怖い~』のかなり過去の話だったりもする。まぁ、別の場所の別の時間だから、別の話とも言えるかも。
24hポイント 241pt
小説 2,503 位 / 36,253件 ファンタジー 918 位 / 13,162件
文字数 5,616 最終更新日 2018.07.27 登録日 2018.07.27
29
ファンタジー 連載中 長編 R15
仲間を一番に考え、パーティーを愛していた魔術師カルマ。 勇者パーティーに所属してから早五年、クエスト中に偶然出会った魔術師に自らのプライドをズタズタにされ、挙句の果てには憧れである勇者から一言。 「代わりなんていくらでもいるから」 そんな絶望に打ちひしがれる彼の元へ、一人の女神が姿を現す。 そして女神からの祝福を授かったカルマは、新たに神としての地位を確立することに――。 「僕たちが悪かった。頼むからパーティーに戻って来てくれよ……」 全世界に轟いたカルマの噂は、とことん底辺に落ちていった勇者の元にも伝わる。 「都合が良すぎるんだよ」 もちろんそんなものは御構い無し! 神の座についたカルマはそんな勇者を一蹴り。 これは神様となった青年がたくさんの女神と冒険を共にし、あらゆる物理法則を無視しまくる逆転の物語。
24hポイント 241pt
小説 2,503 位 / 36,253件 ファンタジー 918 位 / 13,162件
文字数 102,499 最終更新日 2018.10.07 登録日 2018.08.08
 私、レンカ。VRMMO『精霊たちの憂鬱』でコヴァーシュをやっています。  え? コヴァーシュって何って? 鍛冶屋のことですよ、か・じ・や!  生産ステータス極振りでバリバリ頑張ったおかげで、この街一番のコヴァーシュは誰って聞けば、百人が百人……とまではいかないけれど、八割がたは私の名前を挙げてくれる程度には、有名になったと思う。  でもね、最近スランプなんだ。成功率五割の武器製錬でさえ、五連続失敗とかやらかしちゃう始末。  よーし、こうなったら、気分転換に私だけの秘密の採掘ポイントで、いっぱいレア鉱石を拾ってくるしかないよねっ。て、あれれ? 私、もしかして、ピンチかも? だれかー、助けて―!  ※この物語は、連載『わたくし悪役令嬢になりますわ! ですので、お兄様は皇帝になってくださいませ!』のスピンオフになっています。本編序章が始まる少し前のお話です。本編をお読みでなくとも大丈夫な構成になっておりますが、よろしければぜひ本編もお読みください。 【カクヨム、小説家になろうにも投稿しています】 【本編】https://www.alphapolis.co.jp/novel/598460848/460204754
24hポイント 220pt
小説 2,647 位 / 36,253件 ファンタジー 963 位 / 13,162件
文字数 32,091 最終更新日 2018.09.30 登録日 2018.09.29
※執事長の復讐  魔国のお嬢様専属執事長セバスは元勇者パーティの一員だった。しかし、事件があり王国に国外追放処分される。  追放先で嬢様に拾われ執事での生活が始まり。年相応の仕草や仕事振りで執事長兼任の相談役まで登り詰めた彼の夢はお嬢様の挙式を見守ることに変わる。  そんな中でお嬢様の婿探しの旅をお嬢様の父上母上にお願いされ。側近の猛反発の中で追放された王国に戻ってくる。  復讐や、昔の仲間など全く気にしないセバスだったが……元仲間の墓をお参りした事がきっかけで事件に巻き込まれ仲間が殺された切っ掛けや……追放処分……仲間の死の真相を知ったセバス。知ることで考えが変わり。腐敗した王に復讐するために休暇を浪費するのだった。   王国最強だった。元SSS級の国外追放冒険者のおっさん。運命のイタズラか復讐の機会を得るのだった。ランク外のおじさんとして。 ※3日でランキン見て書いた駄作。 ※駄作でしたがキャラが好きです。
24hポイント 213pt
小説 2,684 位 / 36,253件 ファンタジー 975 位 / 13,162件
文字数 51,355 最終更新日 2018.09.04 登録日 2018.06.24
★ファンタジー大賞参加中。投票お願いします! Bランクの錬金術師である、ロキ・フェイズ(16)は、ある日、女Sランク冒険者のルーラ(18)率いるパーティから、追放されてしまう。 というのも、女冒険者のルーラは、可愛い女の子が大好きで、ロキ以外のパーティは全員Sランク所持の美少女。 そのため、男であるロキをずっと疎ましく思っており、Aランクの美少女錬金術師をスカウトしたことで、ロキが邪魔になったからだった。 わずかな金のみを渡され、パーティをクビにされたロキは、どう生きていくべきが迷う。 実は、誰にも言っていなかったが、ロキは10万人に1人の確率で所持するという『ユニークスキル』を所持していた。 そのスキルの名は『魔法少女』! ロキは、生きる選択肢を広げるため、ずっと分からないままにしていた、ユニークスキル『魔法少女』の詳細を調べることに。 しかし、そのスキルは、とんでもないスキルだった! それは、絶望している生き物を、魔法少女にすることができる、スキルだった。 それも、対象者が魔法少女になることで、所持スキルが2ランク強化され、唯一無二のユニークスキルまで付与されるという、チートなおまけつきだった! ロキは、絶望している少女、いや……老若男女、はたまたモンスターまでを魔法少女にし、新たな勢力を作り、世界を引っ掻き回していく。 そして、多くの魔法少女たちと共に、前人未到のSランクのダンジョン攻略を目指す! ロキはこの先、何人を絶望から救い、魔法少女にするのか!
24hポイント 198pt
小説 2,773 位 / 36,253件 ファンタジー 998 位 / 13,162件
文字数 74,566 最終更新日 2018.09.08 登録日 2018.08.22
33
ファンタジー 連載中 長編 R15
――この世界ではスキルが将来を左右する。 そんな中主人公のヨータに発現したスキルは、超絶不人気である支援系統のスキル1つだけだった。 ただでさえレベルが上がりにくい職業で、ヨータは輪をかけて成長が遅く、更に効果倍率も低かった。 そのため、次第に仲間との実力差は開いていき、ついにリーダーのライオルからパーティー追放を言い渡されてしまう。 だが、仲間達はおろか、自身さえも知らなかった。  ヨータのスキルがただの支援魔法ではなかった事を。唯一無二の最強のスキルであったことを……。 拠点を放り出された直後の一年ぶりにあったスキルアップデート。 そこから彼の人生そのものが変わっていく。 ヨータは自分を無能の役立たずと罵った元仲間達を見返し、最強の支援魔導士としての道を歩み始める。 一方、ヨータが居なくなったパーティーは崩壊の一途を辿っていた。全ては彼の実力を認めず、自らの実力を過信していたために……。 彼らが今まで実力以上の活躍が出来ていたのは全てヨータのおかげだったのだ。 これは、不遇だった一人の支援魔導士の成功の物語。 ※なろうにも投稿しています。  なろうにて日間総合第4位、週間総合6位、月間総合14位にランクインさせていただきました。  アルファポリスでもHOTランキング2位、人気ランキング8位を獲得!  ありがとうございます!  なろう版は現在18話先行して公開しております。その内追いつきますのでよろしくお願いします。
24hポイント 184pt
小説 2,887 位 / 36,253件 ファンタジー 1,024 位 / 13,162件
文字数 72,848 最終更新日 2018.08.07 登録日 2018.07.15
 ダンジョン攻略のために作られた冒険者の街、サン・サヴァン。  かつて勇者とも呼ばれたベテラン冒険者のベルナールは、ある日ギルドマスターから戦力外通告を言い渡される。  それはギルド上層部による改革――、方針転換であった。  現役のまま一生を終えようとしていた一人の男は途方にくれる。  引退後の予定は無し。備えて金を貯めていた訳でも無し。  あげく冒険者のヘルプとして、弟子を手伝いスライム退治や、食肉業者の狩りの手伝いなどに精をだしていた。  そして、昔の仲間との再会――。それは新たな戦いへの幕開けだった。 イラストは ジュエルセイバーFREE 様です。 URL:http://www.jewel-s.jp/
24hポイント 170pt
小説 3,004 位 / 36,253件 ファンタジー 1,064 位 / 13,162件
文字数 115,769 最終更新日 2018.11.15 登録日 2018.08.31
ロートルだからという理由だけで、長年勤めた冒険者ギルドをクビになった五十歳の僧侶フリオ。 これから何をやろうか途方に暮れるが、彼を慕う冒険者たちが追いかけてきて、平穏な日々を送ることに。 「案外、クビになった後の第二の人生も悪くないな」と思った矢先、元の所属ギルドの非道を知るフリオ。 穏やかだった心に怒りが芽生えたそのとき、フリオはスキル【怒りの覚醒】によって最強の力を目覚めさせる。 そして彼は怒りのままにギルドへ向かう──。
24hポイント 156pt
小説 3,171 位 / 36,253件 ファンタジー 1,112 位 / 13,162件
文字数 23,947 最終更新日 2018.09.06 登録日 2018.08.27
36
ファンタジー 連載中 長編 R15
勇者組として一学年ごと召喚された有馬 光(ありま こう)。ラノベ大好き! アニメ大好きでチート級の能力を使い世界を救うぜ!と憧れになれると思っていた。 だが、現実はそう甘くは作られてはいない。 武力適正0 魔法適正0 勇者才能なし 才能無しの烙印を押された光を勇者組が受け入れるはずも無く、追放された。これには、ただただ受け入れるしかなかった。 それから、村人として生きていく事を覚悟した彼はある日、謎の薬を手に入れた。その正体は英雄になれる力。 「見返してやる、奴等に」 HOT3位! ファンタジー17位! 本当に本当に有難うございます!
24hポイント 149pt
小説 3,225 位 / 36,253件 ファンタジー 1,125 位 / 13,162件
文字数 93,277 最終更新日 2018.08.08 登録日 2018.06.20
サンドリヨン王国王妃エラ、彼女には二人の義理の姉が居た。長女は、自身が王妃になる時に、処刑し既にこの世にはいない。一人残った二番目の姉アナスタシアを持て余したエラは、隣国のヴィルドンゲン国へアナスタシアを奉公へ出す。奉公先で我慢が出来なくなったアナスタシアは、ヴィルドンゲン国を逃げ出し、国無き地へと飛び出した。 しかし、何も出来ないアナスタシアがそんな地で一人、生きていくことは出来ない。運よくブラッディフッドに拾われたアナスタシアは、冒険者として生きていく術を叩き込まれる。 そして、冒険者として生きていく術を身に着けたアナスタシアは、ブラッディフッドに紹介されロビンという冒険者のパーティーに加入した。 今、アナスタシアの新たな冒険が、始まる。 はずだったが・・・、あまりにも我がままで、口うるさいアナスタシアは、ロビンたちの冒険者パーティーをクビになってしまったのだった。
24hポイント 142pt
小説 3,300 位 / 36,253件 ファンタジー 1,147 位 / 13,162件
文字数 125,328 最終更新日 2018.09.18 登録日 2018.08.10
勇者失踪。
24hポイント 142pt
小説 3,300 位 / 36,253件 ファンタジー 1,147 位 / 13,162件
文字数 218 最終更新日 2018.08.04 登録日 2018.08.04
39
ファンタジー 連載中 長編 R15
 これはとある最強賢者が、世界の『裏』舞台で二重スパイ――陰の実力者として暗躍する物語。  人間と魔王軍――両陣営の二重スパイであるオウルは、回復術師として火の勇者パーティに潜入していた。仲間たちと親交を深めつつ、裏では世界に散らばる勇者の情報を探る。そんな刺激的だが充実した毎日は、突如終わりを告げる。  自分たちの力を過信した仲間から、実力不足を理由にパーティを追放されてしまったのだ。だがその後、勇者たちは思い知らされる。自分たちの活躍が全て、オウルの強力な魔法によって支えられていたことを。一方、人間の情報を盗み終えていたオウルは、魔王の元へ向かう。手に入れた情報を伝えるために、そして魔王の情報を盗むために。 ※なろう・カクヨムでも公開。
24hポイント 120pt
小説 3,661 位 / 36,253件 ファンタジー 1,223 位 / 13,162件
文字数 117,393 最終更新日 2018.08.12 登録日 2018.07.24
40
ファンタジー 連載中 長編 R15
誰でも魔法を使える世界で、唯一魔法が使えない冒険者の少女ルイス。 そのため、皆が寝静まった後に一人で特訓をし、すこしでもパーティーの役に立てたら良いなと思いながら、自分を追い込んでいた。 だが、そんなルイスの気持ちも知らないパーティーメンバーは、ルイスの代わりを見つけたと言い、追放を宣言した。追放されたルイスは途方に暮れながらも、お金を稼ぐために森へと向かったのだが、そこで記憶喪失の少年と出会う。そして、不意に伸ばされた少年の手が胸に触れた瞬間――ルイスは最強の魔法使いとして開花する! 一方、ルイスを追放したメンバー達は、ルイスに救われていたことを気づきもせず、クエストに挑むが、失敗ばかりし落ちぶれていく 。そしてある日、耳に入ってきたルイスの噂。それを聞いたメンバーは戻ってきてくれと泣きつくが……『私は戻らない!』とルイスは一蹴り。 追放された少女と、記憶を失った少年の成り上がり英雄譚、ここに開幕!
24hポイント 106pt
小説 3,884 位 / 36,253件 ファンタジー 1,287 位 / 13,162件
文字数 8,159 最終更新日 2018.07.27 登録日 2018.07.24
76 12