中華ファンタジー小説一覧

タグ 中華ファンタジー×
15
1
恋愛 連載中 長編 R18
【第二部完結・第三部開始】中国留学を終えて帰国する飛行機に乗っていたはずが、気がついたら見知らぬところにいました。迎えが来たので着いていったら辿りついたのは王城でした。そこでいきなり国を守護する四神(青龍・朱雀・白虎・玄武)と結婚しろと言われて!? 1日1日が濃く、のんびり話が進んでいきます。 主人公至上主義。逆ハー中華ファンタジー異世界トリップ。中国ネタ多しの、作者の趣味満載の物語です。たまに飯テロ(?)注意。 『』内の言葉は中国語です。 注:なろう版からの移転です。改稿はそれほどしていません。R18指定にしていますが保険です。内容自体はR15程度の予定です。 写真はフリー素材集からお借りしました。 関連作:「貴方色に染まる」「初恋は草海に抱かれ」(アルファポリスに掲載) 「花嫁は笑わない~傾国異聞~」https://ncode.syosetu.com/n4007ee/
24hポイント 1,512pt
小説 864 位 / 77,513件 恋愛 444 位 / 20,479件
文字数 627,636 最終更新日 2020.07.11 登録日 2017.08.21
迦国に住む、自分が平凡だと思っている莉珠(りじゅ)が突然皇帝の妃に選ばれてしまう話。 妾腹の生まれで義母から疎まれ、まともな結婚すら難しいことを理解していた莉珠は、家から出る方法として後宮の宮女に応募することに。 だが宮女試験で、宦官には見えない謎の美丈夫から「見つけた」と詰め寄られ、何故かそのまま宮女を飛び越して、皇帝の妃に選ばれてしまうのだった。 そして煌びやかな後宮生活で、不遇な莉珠の生活は一変していくと思われたが、祖父の形見の練り香水を失ったことで、幼い頃に見えなくなった妖が再び見えるようになってしまい── 完結しました。 第13回恋愛大賞編集部賞をいただきました。応援ありがとうございました! なんちゃって中華後宮ファンタジー。 ホラー要素が若干あります。もふもふした生き物もいずれ出てきます。 傍若無人で俺様な美形な皇帝と妖が見える体質の平凡(だと思っている)娘が喧嘩しながら仲良くなったり、心を通わせていく話。 ハッピーエンドを予定していますが、主人公が義母からの虐めや、姉妹格差などの辛い目に合うシーンが序盤にありますので注意してください。 書き溜めた分を数日ほど更新した後は、不定期で土日あたりに少しずつ更新していく予定です。
24hポイント 1,285pt
小説 1,002 位 / 77,513件 恋愛 515 位 / 20,479件
文字数 194,816 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.01.30
3
恋愛 連載中 長編
女官になる。 そう聞いていたはずなのに。 あれよあれよという間に、着飾られた私は自国の皇帝の妃の一人になっていた。 しかし、皇帝のお迎えもなく 「忙しいから、もう後宮に入っていいよ」 そんなノリの言葉を彼の側近から賜って後宮入りした私。 秘書省監のならびに本の虫である父を持つ、そんな私も無類の読書好き。 朝議が始まる早朝に、私は父が働く文徳楼に通っている。 そこで好きな著者の本を借りては、殿舎に籠る毎日。 皇帝のお渡りもないし、既に皇后に一番近い妃もいる。 縁付くには程遠い私が、ある日を境に平穏だった日常を壊される羽目になる。 誰とも褥を共にしない皇帝と、女官になるつもりで入ってきた本の虫妃の話。 更新はまばらですが、完結させたいとは思っています。 多分…
24hポイント 816pt
小説 1,382 位 / 77,513件 恋愛 699 位 / 20,479件
文字数 63,295 最終更新日 2020.05.31 登録日 2020.01.19
4
恋愛 完結 長編 R18
【本編完結しました】 唐突な口づけが解かれ、 「確かに我の『つがい』のようだ。そなた、我の妻になれ」 なにを言われたのか、どうしてそうなるのかわからず、少女は意識を手放した。(20話より) 3年前、赤い髪の少女が帰国の船が難破し海沿いの村に流れ着いた。 養父母に恵まれ、この3年ほそぼそと暮らしてきた少女にある知らせが届く。それは四神の花嫁が降臨したというもの。しかもその花嫁は少女のように赤い髪をしているという。 来年成人する少女は、このまま村にいたら誰かに嫁がなければいけない。赤い髪をした花嫁が同国人ではないかという一縷の希望を持ち、少女は王都へ旅立つ。 そして四神の眷属の一人である紅夏と出会って― 最初のうちはシリアステイストですが、後半は甘甘らぶらぶぼんばー。。。になってるかな?(何 らぶらぶハッピーエンド保証。 「異世界で四神と結婚しろと言われました」関連作品ですが、単体で読めるように書いています。 R18は保険です。直接描写はそうないのでR15ぐらいかなーと。 小説家になろうより改稿しての再掲です。(なろうでは完結済)
24hポイント 142pt
小説 5,138 位 / 77,513件 恋愛 2,261 位 / 20,479件
文字数 278,212 最終更新日 2018.05.03 登録日 2018.01.26
5
恋愛 完結 長編 R15
学校ではキラキラネームで虐められ、家では父の浮気で両親は離婚調停中。 親権を押し付け合う毒親に嫌気がさして、そんなにいらないのなら消えてやろうと自殺を決意した宝生愛人。 学校の屋上から飛び降り自殺を実行した彼女は果たして、死ぬことが出来なかった。 目覚めた先は信じられないことに異世界で、最初に出会った龍族の長に、少女は保護される。 各地で争いが絶えない世界で、唯一平和な龍の一族が治める地、八仙花。そこで彼女は龍の族長、ロンの義理の娘として迎え入れられた。 優しい一族に優しくされるうち、少女は少しずつ癒されていく。 そしていつしか、恩返しのために未婚であるロンの嫁になろうと決意する。 「せっせと磨いたこの体、おいしく食べて下さいませ!」 ところが、そのロンから虎の族長の弟と婚約して貰いたいと言われてしまう。 最近、虎との同盟が上手くいっていなかったし、まぁ仕方がない。 恩返しになるのなら、と彼女は受け入れることにした。 ロマンスグレーな龍族のイケおじ様のため、ちょっと気弱なイケメン虎青年と婚約した少女は、少しずつ彼と交流を深めていく。 そんな中、虎の一族が不穏な動きをし始めてーー。 中華ファンタジー風な世界で恋に落ちる、人間の少女と虎族の青年の物語。 ※『小説家になろう』様にも掲載しています。そちらも応援して頂けると嬉しいです。
24hポイント 35pt
小説 10,780 位 / 77,513件 恋愛 4,515 位 / 20,479件
文字数 113,555 最終更新日 2019.10.04 登録日 2019.08.31
「お探ししました、公主様」 東雲国の青楼、群芳院で、幼い頃に楼主に拾われ、そのまま下働きとして生活をしてきた少女、紅蘭(コウラン)。 青楼の用心棒である幼馴染、清風(セイフウ)とともに、平凡な、しかし平和な日々を過ごしていた彼女は、ある日、隣の曼華国から死海を越えてきた二人の客人に、突然目の前で叩頭される。 彼らは紅蘭が曼華国王族の唯一の生き残りで、王となり国を支える責務があると言うのだ。そして、15年前に魔族に侵され、荒れに荒れた曼華を救えるのは、公主たる彼女しかいないということも。 曼華国に蔓延る魑魅魍魎を退治するべく、紅蘭たちは旅に出る。だがその道は険しく、先の見えない王の道であったーー
24hポイント 7pt
小説 18,277 位 / 77,513件 ファンタジー 4,105 位 / 22,365件
文字数 24,040 最終更新日 2019.11.25 登録日 2019.11.06
 王師(おうし)将軍の?綺(しょうき)によって、羽山(うざん)の山崩れから助けだされた奎羅(けいら)。記憶がない奎羅は今、?綺の邸に居候中。変人の?綺に振りまわされながら、街の書肆(ほんや)で働いている。  ?綺の妹でありながら寒門(かんもん)であるがゆえに貧乏な姫・峯華(ほうか)は、父付きの薬師である羽葉(うよう)が好き。彼女に誘われて奎羅は卜筮(うらない)に出かけることに。  ところが宿にいた巫祝(ふしゅく)・礼寿(れいじゅ)に、どういうわけか付きまとわれはじめる。そんな奎羅の様子に男の勘を働かせた?綺は、州師(しゅうし)副将軍の弼戈(ひつか)に彼女の身辺を探るよう依頼を。その結果、奎羅と礼寿が日に日に親しくなっていることを知り大慌て。しかも礼寿が特別な家柄である戎(じゅう)家の出身ではないかと勘繰るようになる。  そんな折、父である董(とう)家当主・彪之(ひょうし)に呼ばれた?綺。百年の昔、武王によって滅ぼされた麗(れい)家の姫に董家の宝・真珠の首飾りを贈り、董家の姫の替身(みがわり)として厲鬼(れいき)に差し出したことを聞かされる。  ちょうどその頃、羽葉によってさらわれてしまう峯華。 羽葉に脅された奎羅は、彼が鬼(き)ではないかと直感し、見鬼(けんき)の能力をもつ礼寿のもとへと走る。  紫媚(しび)と抱き合っている礼寿を目撃した奎羅は、自分の想いを自覚しつつ、峯華がさらわれたことを彼に相談する。そこで礼寿は、奎羅とは記憶を失う前からの知り合いであったと告白するが――――
24hポイント 7pt
小説 18,277 位 / 77,513件 恋愛 7,440 位 / 20,479件
文字数 100,073 最終更新日 2018.02.05 登録日 2018.02.05
槐の国の青年李淅の陰鬱な冒険
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 ライト文芸 3,614 位 / 3,614件
文字数 21,476 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.11.05
天鬼麟によって国となり、天鬼麟の死によって国が消える世界。
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 ファンタジー 22,365 位 / 22,365件
文字数 223,255 最終更新日 2020.06.05 登録日 2019.09.21
謎の美少女に出会った。 出身地も名前も経歴も不明。ただわかるのは、彼女が強い力を秘めていることだけ。 彼女は敵なのか、味方なのか。 確かなのは、彼女が現れてから、悪いことが起こり始めたことだ。 隣国との戦が激化し、国内の情報が敵へ漏れている。 疑いの矛先は、謎の美少女へと向いた。 「奴は嘘をついている。すなわち、敵だ」 「あの子の気から悪いものは感じない。だから俺は彼女を信じる」 彼女の監視を任されたのは、国の帝を守る軍「禁軍」の将軍たちだった。 神仙の膝元と呼ばれる小さな国――桃源(とうげん)国を守るために戦う人々を描いた異能要素のある中華ファンタジーです。
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 ファンタジー 22,365 位 / 22,365件
文字数 169,921 最終更新日 2020.04.12 登録日 2019.08.16
平原はかつて五十六の門と十二の塔により地上の楽園として存在していた。 それがいつの間にか荒れに荒れ、百を数える国が乱立する有様だ。 この荒れた平原にふたたび平和をもたらす者は誰だ。
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 ファンタジー 22,365 位 / 22,365件
文字数 39,148 最終更新日 2019.02.26 登録日 2019.01.29
かつて美しかった中原は今や荒れに荒れてその面影を見ることもない。 だがふたたびこの中原に平和がおとずれるとの言い伝えがある。 花々は咲き誇り、虫たちは乱舞するであろう。 その天下の仕事を成す者たちが今や現われようとしていた。
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 ファンタジー 22,365 位 / 22,365件
文字数 33,374 最終更新日 2019.10.26 登録日 2019.01.15
13
青春 連載中 長編
日本×台湾軽小説。 纏足(てんそく)の箱入りJSとサイボーグ少年兵の恋愛・冒険・活劇。 ときは明治三十八年、日本が領有する架空の島、美麗島(モデルは台湾)が舞台。 三歳から纏足され、満足に歩くこともできなかった少女が、ある日突然「櫻霞(インシア)」というアクロバット&拳法の達人に変身してしまう。 変身した原因は、過去の人間の姿形を保存し、再現する謎の鉱石「丸薬(ワンヤオ)」を飲み込まされたことだった。 少女は『丸薬』をつけ狙う帝国海軍の蒸気機動兵(じょうききどうへい)の少年と出会い、戦い、恋をする。 やがて二人は、『丸薬』の強奪と美麗島の奪取を企む第三国の組織との戦いに巻き込まれ、日本と美麗島を守るための冒険に身を投じることになる。 ・「なろう」「マグネット!」でも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 青春 3,518 位 / 3,518件
文字数 74,680 最終更新日 2018.12.02 登録日 2018.11.19
禁忌を犯し、中原を追われた妖狐・飛蝶。塞外へ西域に辿り着いた彼女が出会ったのは、政争によって命を狙われた高昌王家の公子とその一行だった。彼女と彼らの逃避行の果ては……。
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 ファンタジー 22,365 位 / 22,365件
文字数 9,638 最終更新日 2018.08.31 登録日 2018.08.31
 馬嵬山(ばかいさん)に捨てられていた紘里(こうり)は、そのときすでに死んでいた。しかし、巫祝(ふしゅく)であり雪男でもある瑶(よう)に拾われて、雪女となって生き続けている。  太平を謳歌する時代。 巫祝の扱う方術のひとつ、風水の腕を買われた瑶は恵州侯(けいしゅうこう)・子雲(しうん)に招聘されて州都へ行くことに。紘里も、幼い子ども延之(えんし)の話し相手として付いていくことになった。  生粋の雪女ではない紘里は、瑶に三日間添い寝してもらわないと身体(からだ)が腐ってしまったり、恵侯に捕まって貴族の恰好をさせられたりと、やや困った状態の中で忙しない日々をおくる。そんな紘里には、ここらで瑶を結婚させてあげたいという目標があり、一人暮らしをするための金をてっとり早く稼ぎたいのだが。  かつて馬嵬山で助けた献之(けんし)は恵侯の息子であり、書家の彼は紘里にとって憧れの人でもある。若くして大成している献之と会話を重ねるうち、自分のやりたいことはなんだろうと紘里は考えるようになっていく。  その頃から恵侯の妻・登綺(とき)による嫌がらせもはじまり、それがきっかけとなって、ずっと傍にいてくれた瑶を妙に意識するようになっていく紘里だった。  ある日、瑶から一枚の紙片を渡された献之は、十六年前の内乱に登綺がかかわっていたと確信する。その登綺は兇手を雇い、夫である子雲の命を狙っていた。  一枚の紙片に綴られていたのは、詩。  女の手によって書かれた詩がはじまりとなって。  すべてを見抜いていた献之は登綺を捕まえ、泰史の乱(たいしのらん)の裏側でなにが起こったのか、激しく問いつめる――。
24hポイント 0pt
小説 77,513 位 / 77,513件 ファンタジー 22,365 位 / 22,365件
文字数 100,172 最終更新日 2018.06.08 登録日 2018.04.03
15