皇太子小説一覧

タグ 皇太子×
8
1
恋愛 連載中 短編
「――別れてほしい」 二年付き合った恋人兼上司に振られた私。彼は貴族のお嬢さんと結婚するという。 最低な気分の私に声をかけてきた男は、そんな私をたまたま見かけて興味を抱いたようだ。 君が欲しいと言われて、はねつけた。 「貴族らしい傲慢《ごうまん》なお言葉。それでなんでも自分のものになると思っていらっしゃる」 それっきりだと思ったら、なんと思わぬところで再会。 彼は私の勤め先、竜宮《りゅうぐう》の皇太子だった。 かたくなな私の心も次第にほぐれていくけれど、身分が違いすぎて素直になれない。 【異世界オフィスラブ】のスピンオフですが単品で読めます。なろうにものせています。
24hポイント 37,013pt
小説 40 位 / 58,713件 恋愛 26 位 / 14,128件
文字数 8,816 最終更新日 2019.11.13 登録日 2019.11.08
2
恋愛 連載中 長編 R15
「女の口を割らせるには何が一番有効か、知っているか?」 愛しい人が悲しい微笑みを浮かべて囁く…。 父に無理矢理連れて行かれた夜会でララは皇太子暗殺の容疑者として捕らえられる。 けれど、連れて行かれた先はなぜか皇太子の私室で!? 「私が直接取り調べる。」 人払いされた密室で、皇太子の取り調べが始まる…。 星に夢中な変人ララと豪腕の皇太子レオンハルトの恋の行方。 ※「公爵様のお気に入り嬢の受難」のスピンオフですが、こちらのみでも楽しめるようになっています。
24hポイント 504pt
小説 1,631 位 / 58,713件 恋愛 709 位 / 14,128件
文字数 100,950 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.06.25
3
恋愛 連載中 長編 R18
新月の悪夢と呼ばれる大火で、ザクシーズ帝国は皇帝陛下と皇太子を亡くす。 降嫁していた皇女クリスティーナが従兄であり夫であるベネディクトと供に、皇太子妃とし王城に舞い戻るが、彼女は鳥籠の皇太子妃と揶揄される。 ※なろうにも掲載しています。
24hポイント 42pt
小説 7,856 位 / 58,713件 恋愛 2,882 位 / 14,128件
文字数 23,356 最終更新日 2019.10.18 登録日 2019.08.21
4
恋愛 完結 ショートショート
 皇太子の婚約者の侍女が婚約破棄をするお話。 ミナは皇太子の婚約者であるルルリアナ、通称「雪の華様」の侍女となった。  ルルリアナの人生を通して、恵まれた運命の中にいても決して幸せになれに事をしったのだった。  自分の人生を見つめなおし、ミナがたどり着いた答えとは…。  「白の贄女と四人の魔女」のスピンオフ作品となります。良かったらそちらも合わせてお読みください。  もちろん「茅の侍女」だけでもお読みいただけますが、「白い贄女と四人の魔女」も読んだ方が話はわかりやすいかと思います。 ネタバレが嫌な方は白の贄女から読んで下さい。
24hポイント 14pt
小説 13,055 位 / 58,713件 恋愛 4,449 位 / 14,128件
文字数 8,716 最終更新日 2019.07.19 登録日 2019.07.19
 兄の婚約者に恋をした、形ばかりの第二王子の話。  「白の贄女と四人の魔女」のスピンオフ第五弾となります。良かったらそちらも合わせてお読みください。  もちろん「半の殿下」だけでもお読みいただけますが、「白い贄女と四人の魔女」を読んだ方が話は分かりやすいかと思います。  ネタバレが嫌な方は白の贄女から読んでください。
24hポイント 14pt
小説 13,055 位 / 58,713件 恋愛 4,449 位 / 14,128件
文字数 9,560 最終更新日 2019.09.29 登録日 2019.09.29
6
恋愛 完結 ショートショート R15
婚約破棄にまつわるetc
24hポイント 7pt
小説 15,357 位 / 58,713件 恋愛 5,364 位 / 14,128件
文字数 1,400 最終更新日 2019.06.20 登録日 2019.06.20
7
大衆娯楽 完結 ショートショート
草。小話。
24hポイント 0pt
小説 58,713 位 / 58,713件 大衆娯楽 1,753 位 / 1,753件
文字数 1,016 最終更新日 2019.06.21 登録日 2019.06.21
「――墓前に供える花なんかもらって、不吉だな」 「不吉ってあんたねっ! 好意でくれたものに対して失礼じゃない!」 「おうおう。敵国に嫁ぐってのにずいぶんと余裕なことだな。――で、依頼されてたルークスの最終調整が終わったぜ。連れて行くんだろ?」 -------- 絡操技術を駆使して作られた人形で栄えたアスター王国。 しかしロゼット帝国から侵略を受け、 十六になったばかりのメローネ姫は帝国に嫁ぐことになった。 先の戦争にて国を守り、傀儡姫と親しまれる彼女は、少々気が強くて頑張り屋な少女。 戦火が再び国に迫るのを防ぐため、 彼女は幼なじみの絡操技師エンシの作った絡操人形を連れて故郷を発つのだが―― ※なお、当作品は他のサイトでも公開されています。  軽微な修正による多少の差異はありますが同一作品ですので、ご了承くださいませ。
24hポイント 0pt
小説 58,713 位 / 58,713件 ファンタジー 19,021 位 / 19,021件
文字数 21,106 最終更新日 2018.09.18 登録日 2018.09.09
8