歴史・時代 友情小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 友情×
27
☆第6回歴史時代小説大賞 特別賞受賞☆ 玄界灘。 この黒い潮流は、多くの夢や欲望を呑み込んできた。 人の命でさえも――。 九州は筑前の斯摩藩を出奔し江戸谷中で用心棒を務める萩尾大楽は、家督を譲った弟・主計が藩の機密を盗み出して脱藩したと知らされる。大楽は脱藩の裏に政争の臭いを嗅ぎつけるのだが――。 賄賂、恐喝、強奪、監禁、暴力、拷問、裏切り、殺人――。 開国の足音が聞こえつつある田沼時代の玄界灘を舞台に、禁じられた利を巡って繰り広げられる死闘を描く、アーバンでクールな時代小説! 美しくも糞ったれた、江戸の犯罪世界をご堪能あれ!
24hポイント 63pt
小説 8,417 位 / 87,450件 歴史・時代 59 位 / 1,059件
文字数 270,998 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.04.01
小牧・長久手の戦いのさなか、最前線の犬山城で、のちの天下人羽柴秀吉は二人の織田家旧臣と再会し、昔語りを行う。秀吉も知らぬ、かつての巨大な主家のまとう綺羅びやかな光と、あまりにも深い闇。近習・馬廻・母衣衆など、旧主・織田信長の側近たちが辿った過酷な、しかし極彩色の彩りを帯びた華やかなる戦いと征旅、そして破滅の物語。 ー まだ序盤を書いている段階ですが、早くもかなりな大長編になりそうな雲行きです(笑)。ゴリゴリ絢爛戦国ビューティバトル、2020年後半は本作に全力投入します! (早川隆)
24hポイント 42pt
小説 10,208 位 / 87,450件 歴史・時代 78 位 / 1,059件
文字数 70,042 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.08.05
約1800年前に描かれた、皆さんご存知『三國志』 新たな設定と創作キャラクターたちによって紡ぎ出す、全く新しい『三國志』が今始まります! 《あらすじ》 曹家の次女、麗蘭(れいらん)は、幼い頃から活発で勇敢な性格だった。 同じ年頃の少年、奉先(ほうせん)は、そんな麗蘭の従者であり護衛として育ち、麗蘭の右腕としていつも付き従っていた。 成長した二人は、近くの邑で大蛇が邑人を襲い、若い娘がその生贄として捧げられると言う話を知り、娘を助ける為に一計を謀るが… 『三國志』最大の悪役であり、裏切り者の呂布奉先。彼はなぜ「裏切り者」人生を歩む事になったのか?! その謎が、遂に明かされる…! ※こちらの作品は、「小説家になろう」で公開していた作品内容を、新たに編集して掲載しています。
24hポイント 42pt
小説 10,208 位 / 87,450件 歴史・時代 78 位 / 1,059件
文字数 757,039 最終更新日 2020.06.02 登録日 2018.08.16
4
歴史・時代 完結 ショートショート
天下分け目の関ヶ原の戦い。 その前夜、西軍大将・石田三成の本陣では、こんなやり取りがあったとかなかったとか…。
24hポイント 42pt
小説 10,208 位 / 87,450件 歴史・時代 78 位 / 1,059件
文字数 3,250 最終更新日 2020.10.25 登録日 2020.10.25
黄金(きん)、惜別の秋(とき) 明治のころ。 那須の音橘女学園に通うゆきには、大好きな先輩の笙子様がいる。しかしその笙子お姉さまに、近ごろ良くない噂がたってーー。 ※表紙はぱくたそさんよりお借りしています
24hポイント 21pt
小説 14,101 位 / 87,450件 歴史・時代 118 位 / 1,059件
文字数 11,709 最終更新日 2020.05.21 登録日 2020.05.21
夏のしらべ:: 家を飛び出した藩主の庶子にして次男坊の研之介。 三年前に契りを交わした遊女の文でやってきてみれば数人の男たち。 遊女はすでに死んでいてこの中の誰かが残された子供の父親だと言う。 ヤクザもの、大店の若旦那、研之介、小間物屋の主人――― 果たして子供の父親は? てっぺんの花:: 研之介がひきとった女の子・夏鈴は元は廓のかむろ。 ありんす言葉を使い、同じ年の男の子をばかにする。 「あの夏椿のてっぺんの花をとっておくんなまし」 挑発された同じ年の太一は……。 鬼灯の月:: 子供たちを通わせている寺子屋の師匠が辻斬り? 研之介は真相を探ろうと後をつけるが。
24hポイント 21pt
小説 14,101 位 / 87,450件 歴史・時代 118 位 / 1,059件
文字数 63,768 最終更新日 2020.05.13 登録日 2020.05.04
年の暮れも押し迫ってきたその日、 甲州・躑躅ヶ崎館内の真田源五郎の元に、 二つの知らせが届けられた。 一つは「親しい友」との別れ。 もう一つは、新しい命の誕生。 『せめて来年の間は、何事も起きなければ良いな』 微笑む源五郎は、年が明ければは十八歳となる。 これは、ツンデレな兵部と、わがままな源太郎とに振り回される、源五郎の話――。 ※この作品は「作者個人サイト【お姫様倶楽部Petit】」「pixiv」「カクヨム」「小説家になろう」でも公開しています。
24hポイント 21pt
小説 14,101 位 / 87,450件 歴史・時代 118 位 / 1,059件
文字数 35,177 最終更新日 2019.02.08 登録日 2018.11.24
8
歴史・時代 連載中 長編 R15
戦国時代初期、険しい山脈に囲まれた国。樋野(ひの)でも狭い土地をめぐって争いがはじまっていた。 黒田三郎兵衛は反乱者、井藤十兵衛の鎮圧に向かっていた。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 13,367 最終更新日 2018.12.28 登録日 2018.12.27
【完結作品】 信濃の小さな国衆(豪族)に過ぎない真田家は、甲斐の一大勢力・武田家の庇護のもと、どうにかこうにか生きていた。 ……のだが、頼りの武田家が滅亡。 家名存続のため、真田家当主・昌幸が選んだのは、なんと武田家を滅ぼした織田信長への従属! 関東守護となった滝川一益の配下となった真田家に対する周囲の風当たりはやや強め。 そんな折も折、一益主催の茶会に招かれた昌幸とその嫡男・源三郎信幸は、その席での伸るか反るかの大ばくち的な振る舞いから、滝川家の面々に気に入られたのだった。 特に源三郎を気に入ったのが、前田宗兵衛利貞、通称・慶次郎であった。 昌幸は織田家従属の人質として次男・源二郎を木曽へ送り、末娘を厩橋の一益の元へ置くことを決定。そして自身は旧領の砥石城へ、源三郎は信濃と上野の国境にある岩櫃城へと入った。 こうして昌幸は砥石城に座したまま、歩き巫女の情報網を使って世の趨勢を探る体勢を作り上げる。 そして天正十年の夏。 末娘の縁談が持ち上がったり、源三郎が慶次郎から個人的な酒宴に招かれたりと、平穏な時が流れていた。 しかし平和は短かった。「本能寺の変」の発生である。 父昌幸から、上州と信州の国境である北国街道碓氷峠へ向かうように命ぜられた源三郎は、事態が切迫していると判断。 飄乎として忍者を自称する出浦盛清と、配下のノノウ・垂氷に、厩橋城に人質として留め置かれている妹の救出を託しすと、自らは乳兄弟の祢津幸直らを引き連れ、農民に偽装して碓氷峠へ向かった。   これは、真田信幸による「慌ただしき十六歳の夏」の回述である。 ※この作品は「お姫様倶楽部Petit(作者個人サイト)」「ノベルアッププラス」「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 137,890 最終更新日 2020.06.25 登録日 2015.05.29
兵法家の子供として生まれた弁助は、野山を活発に走る小童だった。ある日、庄屋の家へ客人として旅の武芸者、有馬喜兵衛が逗留している事を知り、見学に行く。庄屋の娘のお通と共に神社へ出向いた弁助は、境内で村人に稽古をつける喜兵衛に反感を覚える。実は、弁助の父の新免無二も武芸者なのだが、人気はさっぱりだった。つまり、弁助は喜兵衛に無意識の内に嫉妬していた。弁助が初仕合する顚末。 備考 井上雄彦氏の「バガボンド」や司馬遼太郎氏の「真説 宮本武蔵」では、武蔵の父を無二斎としていますが、無二の説もあるため、本作では無二としています。また、通説では、武蔵の父は幼少時に他界している事になっていますが、関ヶ原の合戦の時、黒田如水の元で九州での戦に親子で参戦した。との説もあります。また、佐々木小次郎との決闘の時にも記述があるそうです。 その他、諸説あり、作品をフィクションとして楽しんでいただけたら幸いです。物語を鵜呑みにしてはいけません。 宮本武蔵が弁助と呼ばれ、野山を駆け回る小僧だった頃、有馬喜兵衛と言う旅の武芸者を見物する。新当流の達人である喜兵衛は、派手な格好で神社の境内に現れ、門弟や村人に稽古をつけていた。弁助の父、新免無二も武芸者だった為、その盛況ぶりを比較し、弁助は嫉妬していた。とは言え、まだ子供の身、大人の武芸者に太刀打ちできる筈もなく、お通との掛け合いで憂さを晴らす。 だが、運命は弁助を有馬喜兵衛との対決へ導く。とある事情から仕合を受ける事になり、弁助は有馬喜兵衛を観察する。当然だが、心技体、全てに於いて喜兵衛が優っている。圧倒的に不利な中、弁助は幼馴染みのお通や又八に励まされながら仕合の準備を進めていた。果たして、弁助は勝利する事ができるのか? 宮本武蔵の初死闘を描く! 備考 宮本武蔵(幼名 弁助、弁之助) 父 新免無二(斎)、武蔵が幼い頃に他界説、親子で関ヶ原に参戦した説、巌流島の決闘まで存命説、など、諸説あり。 本作は歴史の検証を目的としたものではなく、脚色されたフィクションです。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 17,162 最終更新日 2020.07.26 登録日 2020.07.20
 時は幕末。奥州二本松藩に朱鞘を佩いた青年がいた。名を青山泰四郎。小野派一刀流免許皆伝の、自他共に認める厳格者。  そんな泰四郎を幼少から慕う同門の和田悦蔵は柔和で人当たりも良く、泰四郎とは真逆の性格。泰四郎を自らの目標と定め、何かとひっついてくる悦蔵を、泰四郎は疎ましく思いつつも突き放せずにいた。  やがて二本松藩の領土は戊辰戦争の一舞台となり、泰四郎と悦蔵は戦乱の中へと身を投じることとなる…。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 75,704 最終更新日 2018.01.12 登録日 2018.01.12
【※ギャグ小説です。主人公は実在しない人物です】  フランス革命前夜。フランスの田舎、カナルド県(架空の県)に領土を持つ、ダルゴーニュ伯爵の家に生まれた『私』(ロペール)。世間知らずのぼんぼん貴族の物語。    主人公は男性です。  本編は一人称、主人公視点で物語は進んで行きます。  本編以外は、同じ時系列ですが、他者の視点、三人称で物語が進みます。 ※某SNS内の小説サークルで、2012年頃に投稿した作品を大幅に加筆修正したものです。  転載については、当時のサークル主催者様の承諾を得ております。 【表紙画像は、「いらすとや」様の「いらすとや・竜騎兵のイラスト」を「バナー工房」様で加工したものです。 この場をお借りして、「いらすとや」様、「バナー工房」様にお礼を申し上げます。】
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 11,829 最終更新日 2019.05.02 登録日 2019.04.29
『約束する。いつか…いつかきっと…』      咲き誇る桜になって、帰ってくるよ…。    フィリピン ルソン島決戦  ―― 燃え上がる太陽 ――  染矢 雪斗  『この国は…負けて目覚める…。…それでも…それでも俺は…。』      大切な友の帰る場所を、守りたい ―――――。                             神風  ―― 桜色の空 ――  相澤 剣 『…なんぼ遠くに離れても、この世におらんでも…。』      俺らはずっと友達やからなあっ…!!                             ヒロシマ ―― 雨の跡 ――  赤羽 光 『…地位も名誉もいらない…。人の心も自分の命も失ってかまわない…。』      僕にはそれよりも、守りたいものがあるんだよ…。    フィリピン ルソン島決戦  ―― 燃え上がる太陽 ――  影山 龍二 『勝てると思って戦ってるんじゃない。俺たちはただ…』      平和な未来を信じて戦ってるんだ…。 沖縄本土決戦  ―― パイヌカジの吹く日 ――  宜野座 猛   あなたには   彼らの声が   聞こえますか? 『桜が咲くと、“おかえり”って言いたくなるのは…あの人たちに言えなかったからかな…?』     桜の舞う時         written by 唯川さくら
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 264,396 最終更新日 2020.08.15 登録日 2020.01.04
古代中国の軽い系文学作家。楊冒進(ようぼうしん)の物語です。 短編で約2700文字あります。文体は、さくさく読めるように工夫したつもりです。 尚、過去に似たようなサイト様に投稿した作品を、加筆修正したものです。 ギャグ小説ですが、お暇つぶしにでもなれば幸いです。 【※2019年7月15日現在。某SNS内の文芸サークルに、重複投稿しております】 画像は、「いらすとや」様 「二胡を弾く人のイラスト」を「バナー工房」様で加工したものです。 この場をお借りして、「いらすとや」様、「バナー工房」様にお礼を申し上げます。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 2,769 最終更新日 2019.04.23 登録日 2019.04.23
幕末、最後の犬士たちが日本を救う! 数千年の争いに、決着をつけるのは誰なのか? 古代より続く、天皇家と里見一族の物語。最後の周期に、新撰組を交えて、ついに決着! 今回の主人公は、奥村仁右衛門という御家人さんです。若い頃から、試衛館に出入りして、沖田あたりと切磋琢磨していましたが(年は仁右衛門が一つ上)、運命は若者たちの行き先を皮肉に翻弄していきます。 そして、幕末もいよいよどんづまり。舞台は、上野、寛永寺! よりはじまります。 薩長の敵弾に倒れ、気絶していた仁右衛門は、過去の夢を見る。それは近藤勇の処刑、であった―― 新撰組と八犬伝の世界を大胆にからめた夢の物語がついに開幕です!
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 8,190 最終更新日 2020.04.29 登録日 2020.04.26
土方歳三は上野松坂屋で丁稚奉公して商人の修行をした。年期明けして家へ戻ると、近藤勇の「試衛館」道場へ入って剣道を習い始めた。後に近藤たちと京へ上がり、新選組を結成するのだが、副長としての彼のやり方は、武士としてのそれよりも商人的で、合理的に時代を先読みした信長に近いものだった。特に戦さには敏感で先鋭的だった。剣ではなく、最新武器を誰より先に手にしたものが時代を取る。薩英戦争、長英蘭戦争の噂を聞くにつれ、そう思った。このままでは幕府、会津、新選組はいずれ確実に亡びる。薩長より先をいく威力ある武器を装備できるなら、新しい時代の天下を新選組が取れる。夢ではない!最先端の武器とは何か、そしてそれを使う戦術とは!土方は模索した。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 39,697 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.11
17
歴史・時代 連載中 長編 R15
四谷鮫河橋で暮らす浪人・三枝左近の前に、見知らぬ少女がやってきた。その直後、少女を捕えようと暗器使いの男たちが襲い掛かる――謎の少女のルーツに迫るべく、夜鷹のキネ、自称伊賀者の弥左衛門ら左近一党が、江戸中を駆け抜ける!
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 33,008 最終更新日 2020.06.22 登録日 2020.05.28
 妖怪が出ると言われる森の入り口で、笛を吹きながらひたすらに九尾の狐を待つ男の話  男は何故に九尾の狐を待つのか?  果たして男の前に、討ち滅ぼされたという九尾の狐は現れるのか?
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 11,937 最終更新日 2020.05.08 登録日 2020.05.08
これは、とある時代を生きた、信念を貫いた人間達の物語である。 その時代、国、人々は冷酷無比、恐ろしい怪物達を率いる大帝国と言う軍勢に支配されつつあった。 逆らう者など皆無、人々の心は絶望と言う名の闇に侵食されつつあった。 そんな時代に奇妙な縁の中、出会い、繋がっていく者達 お互いを大切な生命と認識する彼らは、絶望と言う名の巨大な闇に立ち向かう。 そこで待ち受けるのは、想像を絶するほどの恐怖、裏切り、愛する仲間の死、人間と言う心の闇 彼らは魂から抉り出される闇と立ち向かっていく。 これは人間と言う、己の心、精神、信念に向き合い、自らの魂である刀と共に、友情と愛に生きた人間達の、心震わす魂の物語である。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 196,772 最終更新日 2016.11.19 登録日 2016.10.25
 日本をこよなく愛したロシア人がいた。その男は、友情と礼節でもって日本を開国させようとした、エフィム・プチャーチンである。不幸にも幕府との交渉中に東海地震に見舞われ、彼の船ディアナ号は破損、その後沈没。けれども、川路左衛門尉や江川太郎左衛門の協力によって、日露共同プロジェクトとしてヘダ号が造船された。初老のプチャーチンは、あの日々を懐かしく回想するのであった。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 12,394 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.23
 室町時代、とある破戒僧がいた。一休宗純という名の破戒僧と、皆方という下級中の下級武士の、ちょっとした人情噺。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 2,547 最終更新日 2019.04.23 登録日 2019.04.23
平安時代の陰陽師・安倍晴明の話。捏造が多い友情活劇(?) 術はてきとうです。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 84,193 最終更新日 2016.02.22 登録日 2016.01.13
これは、お城を飛び出したじゃじゃ馬姫様が体験した、夏の、穏やかだけど特別な一日の物語。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 8,169 最終更新日 2019.05.18 登録日 2019.04.20
時は江戸。火付け盗賊改め長谷川平蔵の直属の元<風魔忍者>の岡っ引き、草笛双伍。草笛の名は、彼が呼ぶ子の代わりに「草笛」を吹くことから、いつしかそう呼ばれることになった。草笛相互が2本の長大な十手を手に活躍する、全5話の痛快アクション時代小説です。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 40,240 最終更新日 2017.05.10 登録日 2017.05.06
太平洋戦争末期。南洋の島に派兵された青年たちは、『万葉集』の家持の歌に鼓舞され、絶望的ないくさを戦っていた。『万葉集』なんて、大嫌いだ! 吐き捨てる俺に、戦友の桐原は、それは違うと言った。大伴家持と、彼が心を捧げた聖武の息子・安積皇子。万葉の歌の秘密が、今、明かされる……。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 38,012 最終更新日 2020.06.13 登録日 2020.05.31
天正十五年。本能寺において織田信長が討たれ、その後継者になりあがった羽柴秀吉が豊臣と名前を変えたころ、根来忍びの襲撃者から若き日の柳生宗矩を救った謎の少年が京の都にやってきた。巨犬の頭付きの毛皮をまとい、派手やかな稲妻文の着物姿の寛闊な美少年の名は―――「親兵衛」。京の都のものたちが〈犬和郎〉と呼んだ人気者の、武芸者、忍び、海賊、傾奇者たち、挙句の果ては人外の妖魅怪奇相手の大立ち回りと天下の豊臣秀次さえも唸らせた奔放苛烈な大活躍を描く超伝奇時代長編。転生・タイムスリップ・歴史改変などはありません。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 52,687 最終更新日 2020.06.03 登録日 2020.05.01
※とあるツイートで「しゃれこうべの誘惑」という題名で艶笑コメディーを書いて欲しいというのを見かけ、書いたものですが、官能のつもりが、一人の生身の女も出ないという事態になりました。 ある日、安次郎が持ってきたしゃれこうべが文十郎の許嫁の千代ではないか確かめて欲しいと相談に来た。松兵衛は好いていた女だけに一肌脱ぐが出来上がったしゃれこうべを見て、松兵衛はある思いを抱いていく。男の情けない欲望が交差する艶笑小咄。
24hポイント 0pt
小説 87,450 位 / 87,450件 歴史・時代 1,059 位 / 1,059件
文字数 13,311 最終更新日 2019.05.07 登録日 2019.05.07
27