巻き戻り令嬢は長生きしたい。二度目の人生はあなた達を愛しません

「アナ、君と私の婚約を解消することに決まった」

 王太子殿下は、今にも泣きそうな顔だった。
 
「王太子殿下、貴方の婚約者として過ごした時間はとても幸せでした。ありがとうございました。
 どうか、隣国の王女殿下とお幸せになって下さいませ。」

「私も君といる時間は幸せだった…。
 本当に申し訳ない…。
 君の幸せを心から祈っているよ。」

 婚約者だった王太子殿下が大好きだった。
 しかし国際情勢が不安定になり、隣国との関係を強固にするため、急遽、隣国の王女殿下と王太子殿下との政略結婚をすることが決まり、私との婚約は解消されることになったのだ。

 しかし殿下との婚約解消のすぐ後、私は王命で別の婚約者を決められることになる。
 新しい婚約者は殿下の側近の公爵令息。その方とは個人的に話をしたことは少なかったが、見目麗しく優秀な方だという印象だった。

 婚約期間は異例の短さで、すぐに結婚することになる。きっと殿下の婚姻の前に、元婚約者の私を片付けたかったのだろう。
 しかし王命での結婚でありながらも、旦那様は妻の私をとても大切にしてくれた。

 少しずつ彼への愛を自覚し始めた時…

 貴方に好きな人がいたなんて知らなかった。
 王命だから、好きな人を諦めて私と結婚したのね。
 愛し合う二人を邪魔してごめんなさい…

 そんな時、私は徐々に体調が悪くなり、ついには寝込むようになってしまった。後で知ることになるのだが、私は少しずつ毒を盛られていたのだ。
 旦那様は仕事で隣国に行っていて、しばらくは戻らないので頼れないし、毒を盛った犯人が誰なのかも分からない。

 そんな私を助けてくれたのは、実家の侯爵家を継ぐ義兄だった…。

 毒で自分の死が近いことを悟った私は思った。
 今世ではあの人達と関わったことが全ての元凶だった。もし来世があるならば、あの人達とは絶対に関わらない。
 それよりも、こんな私を最後まで見捨てることなく面倒を見てくれた義兄には感謝したい。
 
 そして私は死んだはずだった…。

 あれ?死んだと思っていたのに、私は生きてる。しかもなぜか10歳の頃に戻っていた。
 これはもしかしてやり直しのチャンス?
 元々はお転婆で割と自由に育ってきたんだし、あの自分を押し殺した王妃教育とかもうやりたくたい。
 よし!殿下や公爵とは今世では関わらないで、平和に長生きするからね!

 しかし、私は気付いていなかった。

 自分以外にも、一度目の記憶を持つ者がいることに…。
 
 
 一度目は暗めですが、二度目の人生は明るくしたいです。
 

 誤字脱字、申し訳ありません。
 相変わらず緩い設定です。
24hポイント 125,204pt
小説 9 位 / 148,951件 恋愛 9 位 / 46,844件