恋愛 タイムリープ小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ タイムリープ×
24
1
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のエステルには妹がいた。 妖精姫と呼ばれ両親からも愛され周りからも無条件に愛される。 婚約者までも妹に奪われ婚約者を譲るように言われてしまう。 そして最後には妹を陥れようとした罪で断罪されてしまうが… 気づくとエステルに転生していた。 再び前世繰り返すことになると思いきや。 エステルは家族を見限り自立を決意するのだが… *** タイトルを変更しました!
24hポイント 2,925pt
小説 610 位 / 84,782件 恋愛 318 位 / 22,583件
文字数 588,415 最終更新日 2020.07.31 登録日 2019.06.21
2
恋愛 連載中 長編 R15
「長らく人質としての役目、ご苦労であった」 冷たい声と淡々とした顔で、私の胸を剣で貫いたイヴァーノの剣を、私は今でも忘れられない。 15年間、公爵令嬢としての身分を笠に着て、とてもワガママ放題に生きてきた私は、属国の王太子に恋をして、その恋を父に反対されてしまった事に憤慨し、国を飛び出してしまった。 国境付近で、王子殿下から告げられた己の出生の真実に後悔しても、私の命は殿下によって終わりを告げる。 以前、投稿していた完結作品を加筆修正して、投稿しています。
24hポイント 1,343pt
小説 1,107 位 / 84,782件 恋愛 581 位 / 22,583件
文字数 16,499 最終更新日 2020.10.25 登録日 2020.10.24
3
恋愛 連載中 長編 R15
リリアナはある日無実の罪を着せられ、処刑だと告げられる。彼女はこうなることを知っていた。だけど、未来は変わらない。 それならより相応しい未来にしてしまえと彼女は思った訳だが、どういうわけか気が付いたら時間は巻き戻っていた────
24hポイント 823pt
小説 1,573 位 / 84,782件 恋愛 810 位 / 22,583件
文字数 30,417 最終更新日 2020.08.24 登録日 2020.08.21
4
恋愛 完結 長編
公爵家の令嬢であるフローラ・アナスタシアは、もう3回タイムループを繰り返していた。 18歳の誕生日を迎えるパーティー前日に、婚約者である第二王子ルークフォン・ヴェストリアに婚約破棄とパーティーの欠席を言い渡され その帰り道、占い露店をしている老婆に話し掛けると・・・ 4年前の王家主催のお茶会の前日・・・つまり、婚約者として初めてルークフォンにエスコートされる日に戻る。 婚約破棄されない様にと、あらゆる手を尽くし完全無欠令嬢になったフローラだったが・・・3度やり直しても〝婚約破棄〟の現実は変わらない。 4度目となるタイムループの初日に彼女は、決心する。 「・・・決めたわ。もう女としての幸せなんて、どうでもいい!好き勝手やってやる!そして、こっちから婚約破棄を言い渡してやるわ!」 所が、そんな吹っ切れた彼女は沢山の男性を虜にしてしまってーーー?! おまけに婚約者にも溺愛されていてーーー?! 男性に好かれる訳が無いと思い込んでいる男勝りな令嬢が、気付けば逆ハーレムを作り上げちゃっているお話です。 ✄------------------------------------ ※8月11日 完結致しました。 ︎沢山のブクマ、閲覧・・・本当に有難う御座います! 感想頂けると泣いて喜びます!。・゚・(ノД`)・゚・。
24hポイント 468pt
小説 2,403 位 / 84,782件 恋愛 1,175 位 / 22,583件
文字数 151,328 最終更新日 2020.08.11 登録日 2020.05.29
5
恋愛 連載中 長編 R15
恋がしたい!彼氏が欲しい! そんな栗原 りおは20歳のOLである。 「今年うちら20歳だよ?彼氏いないのやばくない?」 「20歳の年彼氏いないのはきつい」 「りおもさぁ、好きな人とか居ないの?」 友達にそう煽ら………もとい激励を受けた栗原 りお。20歳ーーー。 今が一番楽しい時期だと言うのになんと!彼氏がいませーん!というより恋自体この数年してないな!と気づいたりお。 恋愛にはいい思い出がないけど、ここは一念発起。彼氏を作ろう………! そう思い今人気のマッチングアプリを初めて見たもののーーー。 「投資とか興味無い?」 「体の相性って大事だよね」 「この会社知ってる?すごいものが良くて」 異性に耐性のない私は勧誘、ヤリモク、マルチ講といい餌食となってしまった。全てギリギリ未遂で済んだものの、散々な結果だ。元々豆腐のように弱い心はおれ、そうそうにマッチングアプリは退会した。 「もういい………私は一人で生きていく。男なんて知らん」 そう思った私だったがある日、スマホにみしらぬアプリが入ってることに気がついた。 こんなアプリ、入れたっけ………? 試しに開いてみると、突然ひかりがあふれだしてーーー 気がついたら私は栗原りお、高校一年生となっていた。 2015年8月20日。 高校生は絶賛夏休み中………!!
24hポイント 184pt
小説 5,008 位 / 84,782件 恋愛 2,204 位 / 22,583件
文字数 4,576 最終更新日 2020.08.19 登録日 2020.08.19
6
恋愛 完結 ショートショート
「伯爵令嬢ヒメリア・ルーイン。貴様はこの国の面汚し、婚約はもちろん破棄、死んで詫びるがいいっ断罪だっ!」 「そんなっ! 一体、どうしてそんな酷いことを? いやぁっ」  ザシュッ!  婚約者である【王太子クルスペーラ】と彼の新たな恋人【聖女フィオナ】に断罪されるという恐怖の夢、息苦しさを覚えてヒメリアが目覚めると……そこは見慣れた自室だった。 「まさか時間が巻き戻っているの。それとも同じ人生をもう一度繰り返してる……五回目よね」  これは清らかな伯爵令嬢ヒメリア・ルーインが、悲劇的なタイムリープの輪から抜け出すまでの物語。  * アルファポリスさんと小説家になろうさんに投稿しております。  * 一話あたりの文字数は、1200〜2000文字前後で調整済みです。  * 感想、ご意見、誤字報告などありがとうございます。  * 2020年7月4日、全14話で作品完結です。今回初めて挑戦した『ざまぁ系』作品ですが、最終話で伏線を回収して登場人物それぞれに救いのあるラストになっております。ご覧くださった皆様、ありがとうございました!
24hポイント 106pt
小説 6,688 位 / 84,782件 恋愛 3,022 位 / 22,583件
文字数 24,353 最終更新日 2020.07.04 登録日 2020.06.26
7
恋愛 連載中 長編 R15
記憶をなくし娼館の小間使いをするルナリアには記憶がない。 ある日ルナリアは路地裏で倒れていた男を拾う。彼はゼフィラス・ユスラハ。ルナリアから家族を奪った『灰の夜』の一員。ルナリアは思い出す、自分はルナリア・シュタイン。 公爵家の一人娘だった。 儚い見た目の脳筋お嬢様が時間を巻き戻してなんとか幸せになろうと奮闘する話です。
24hポイント 21pt
小説 14,900 位 / 84,782件 恋愛 6,160 位 / 22,583件
文字数 110,714 最終更新日 2020.07.18 登録日 2020.05.19
8
恋愛 連載中 長編
長期休みの度に田舎の祖父母宅で過ごしていた友伽里は、夏祭りの日に誰かを待ち続けている不思議な青年と出会った。 毎年、夏祭りが行われる三日間だけ姿を現す青年との交流は、彼女が成人するまでの間毎年続く。 仕事と人間関係に疲れ果て、久しぶりに祖父母宅を訪れた友伽里は「夏休みの課題」として、不思議な青年が待ち続けている相手は誰なのか知ろうと動き出す。 短編予定が長くなり連載にしました。前置きが長いです。 恋愛なのかミステリーなのか微妙で、ジャンル迷子中。 小説家になろうさんにも載せてます。
24hポイント 21pt
小説 14,900 位 / 84,782件 恋愛 6,160 位 / 22,583件
文字数 18,316 最終更新日 2019.03.31 登録日 2019.03.24
9
恋愛 完結 ショートショート
公爵令嬢ノエルには大嫌いな男がいる。ジュリオス王太子だ。彼の意地悪で傲慢なところがノエルは大嫌いだった。 ある夜、ジュリオス主催の舞踏会で鉢合わせる。 「踊ってやってもいいぞ?」 「は?誰が貴方と踊るものですか」 ノエルはさっさと家に帰って寝ると、また舞踏会当日の朝に戻っていた。 そしてまた舞踏会で言われる。 「踊ってやってもいいぞ?」 「だから貴方と踊らないって!!」 舞踏会から逃げようが隠れようが、必ず舞踏会の朝に戻ってしまう。 もしかして、ジュリオスと踊ったら舞踏会は終わるの? それだけは絶対に嫌!! ※ざまあなしです ※ハッピーエンドです ☆☆ 全5話で無事完結することができました! ありがとうございます!
24hポイント 14pt
小説 17,414 位 / 84,782件 恋愛 7,092 位 / 22,583件
文字数 6,527 最終更新日 2020.08.24 登録日 2020.08.23
10
恋愛 完結 長編 R15
たくさんタイムリープをした。でも口説けなかった。返ってくる言葉はいつも「ごめんなさいっ」何度も何度も何度も繰り返した。それでもやっぱり「ごめんなさいっ」 どんなに優しくしても、どんなに良い男を演じても付き合えなかったんだ。 だからもう……手段は選ばない。 ※なろう、カクヨムにも投稿しております。
24hポイント 7pt
小説 20,573 位 / 84,782件 恋愛 8,486 位 / 22,583件
文字数 147,930 最終更新日 2020.04.22 登録日 2019.12.22
11
恋愛 連載中 短編
「好きです!私と付き合いませんか」  高校受験失敗。そのせいで鬱になった母。もうどうでもいいや、とあの日僕は屋上からダイブを決めたはずだった。  時間が巻き戻って、僕の自殺を止めたのは小学生の頃から見違えた朝倉みこと。彼女は突然僕に告白をする。 「7日間、それだけでいいから恋人になってほしいの」  そうして始まった仮初の恋。僕の心が彼女に染まった時──タイムリミットが訪れる。 「明日、私死ぬんだ。突然死するの」  また一つ、生きる意味を失った僕。もう一度飛び降りたら、また時が巻き戻っていた。  タイムリープの中で恋をしていく僕と、未練が無くなっていくみこと。ある時を最後に、巻き戻りが無くなってしまい……。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 6,273 最終更新日 2020.09.17 登録日 2020.09.16
12
恋愛 完結 長編
自殺をきっかけにタイムリープした女の子と、彼女を救いたい男の子のお話
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 45,899 最終更新日 2020.09.29 登録日 2020.09.23
13
恋愛 完結 長編
人見知りで内気な説奈はある日、切夜と名乗る不思議な少年に告白される。それからたくさんの話をしてだんだん惹かれていく二人。だけど彼は、私が二十歳になるときにはもういない。説奈はもう一度恋をやり直したいとタイムリープを図るが………。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 47,424 最終更新日 2020.08.22 登録日 2020.08.22
14
恋愛 連載中 短編 R15
 吉岡正真は、ある日突然タイムリープの力を手にいれる。彼にはずいぶん前から好いていた少女がいた。  学校でも結構人気のある少女、長滝水澄。正真は彼女からまさかの告白をされ承諾する。しかし学校の高嶺の花と呼ばれる少女、黒坂優月に出会い、タイムリープを利用して彼女との距離を縮めようとしていた。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 8,729 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.24
15
恋愛 連載中 長編 R18
ある日、冬のアダマントと呼ばれる不思議な宝石の能力によって 現代の地球を映像を見る事になったアダマンティウス帝国の第一王子アレックスは その映像に映っていた黒髪の女に強く心を惹かれてしまったが、 なんと、その女は星神の巫女の子孫、星上野美湖(ほしがみのみこ)だった 異世界と現代を結ぶ宝石の加護が導く『最も光り輝く者』と『巫女』の宿命 アダマンティウス帝国の第一王子アレックスと人気作詞家、美湖の不思議な恋物語 物語の前半はアレックスの逆トリップで後半が美湖の異世界転移になります。 お気に入り登録してくれた読者様、ありがとうございました。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 88,824 最終更新日 2020.04.09 登録日 2020.02.22
16
恋愛 完結 長編 R15
 美貌の公爵令嬢ヒルデ・ルキアブルグは、悪役令嬢とあだ名を付けられているものの、婚約者のフィヨルド王子と幸せな結婚をする予定だった。お告げの結婚相手である勇者ジークに逆らい、自分の本心に逆らった結果、神の怒りに触れてタイムリープさせられてしまう。目が覚めるとヒルデは十七歳の乙女から、小学二年生の少女に逆戻りしていた。  二周目こそはジークの誘惑に負けず、フィヨルドと幸せになることを心に誓うヒルデ。稀代の美青年勇者ジーク、麗しい深窓の令嬢ヒルデ、白皙の王子フィヨルドの三角関係の物語。 * 2020年1月26日、序章を追加しました。第一章は神の目線で一周目のヒルデ達の人生を振り返り、第二章からは主人公ヒルデ目線で二周目の人生を進めていきます。第二章第09話から中学生時代になり、学園ライフと恋愛の描写が増えていく予定です。 * 挿絵も作者本人が描いております。 * 当作品の令嬢ヒルデとフィヨルド王子は、『悪役令嬢改め、乙女剣士参ります!』のガーネット嬢とヒストリア王子の原型となるキャラです。ストーリーや構成などは、異なっています。 * 初期設定の状態からそのまま直さず投稿しているため、やや思い切った展開や表現もあります。自分の創作原点のニュアンスや、キャラクター設定を詰めこんだ作品として投稿しました。 * この作品はアルファポリス、小説家になろうに投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 106,994 最終更新日 2020.02.04 登録日 2020.01.25
17
恋愛 完結 ショートショート
「今、お前の死んだ世界から戻ってきた」 婚約破棄で揉めているとき、突然、彼が涙を流しはじめ……。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 1,355 最終更新日 2019.12.31 登録日 2019.12.31
18
恋愛 完結 長編
yu~
ー大切な人を失うぐらいなら出会わなければよかったのだろうかー 晃盛は亜美と付き合い始めて1年目のある日、最愛の彼女を亡くした。デート中の事故だった。彼女がいない人生なんて...終わりだ。 ...しかし、それは始まりだった。目がさめるとそこは3ヶ月前の世界。何度も何度もあの日の悪夢を繰り返す...晃盛は亜美を救うことができるのか? ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 更新はきっと遅め!ご容赦ください。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 37,145 最終更新日 2020.03.27 登録日 2019.12.17
19
恋愛 完結 短編
日々鬼の女上司に虐げられる工藤誠一ハタチ。 周りの社員達も哀れみの目で見る中、何故自分だけ、そう思わない日は無かった。 だがある日、不思議な体験から誠一はその理由を知り、復讐の鬼として動き出したのだ。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 19,222 最終更新日 2019.12.03 登録日 2019.12.03
20
恋愛 完結 短編
カシオペヤ王国第一王子のペルスには、カリーナという許嫁がいた。 だが両親によって強制的に決められた婚約にも関わらず、自分に異常な愛を注ぐ彼女のことを、ペルスは不気味に感じていた。 そんな中、彼は王子という立場の自分にも対等に接し、不器用な愛情をくれるキャサリンに惹かれ、交際を始める。 彼女と一緒になりたいペルスは、親の反対をはねのけ、カリーナに婚約破棄を申し出るが——?
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 2,127 最終更新日 2019.10.15 登録日 2019.10.15
21
恋愛 連載中 長編
主人公の岸 かなたは、17才高校2年生、転校先のはじめての場所にて、毎朝の日課のランニング、たまたま見かけた赤い瞳の彼女に惹かれはじめ、同じ時を繰り返すことになる。。。。 主人公:かなたとヒロイン:かすみの、時をかける物語。 かなたは、かすみを助けることができるのか? かすみにまつわる化物とは? その化物から出される無理難題!! かなたの挑戦が、始まる。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 85,741 最終更新日 2019.02.12 登録日 2019.01.25
22
恋愛 連載中 短編
 職なしの30代なかばの男。鈴鹿隼人が、ある日、意識を保ったまま倒れ、そのまま身体が動けなくなりやがて亡くなった。  自分はなぜ生きていたのか?  自分はなぜ産まれたのか?  いろんなことを思いながら死んだ。  30年後、その男は転生していてあるきっかけにより前世の記憶が蘇った。  死ぬ前に利用していたメールアカウントでログインすると。  死ぬ前に連絡を取っていた密かに恋心を寄せていた女友だちの水樹から、沢山のメールが来ていることに気づく。  自分が死んだことを知っているのに、世間話が永遠と続いているメールを見て、隼人は思った。 「僕は生きていたんだ」  しかし、そのメールはある日を境にピタリと止まる。  それは隼人が記憶を戻した数週間前だ。  隼人は心配して、その水樹を探すたびに出る。  隼人は、親から育児放棄されており家を出ることは容易だった。  隼人は、水樹からの最後のメール。 「シンガポールに旅行に行くの」を頼りに旅に出ようと決意した。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 13,639 最終更新日 2020.06.20 登録日 2019.01.04
23
恋愛 連載中 長編
神さまはチャンスをくれた。私が死ぬ一年前に、時間を戻す。たんに生き返っただけじゃない。起き上がったら、別の人間になっていた。くだらない話だ。私はゾンビになってまで、生き返りたくはなかった。使用期間は一年間なんだって。もっと欲張ったっていいじゃないか。神さまのくせに、けちで、陰気臭い。だって神さまは、こう言った。最後にキスをしなさいって。誰にって?そりゃあ、死ぬ前の私に、だ。それが生き返るという条件の一つだった。そんなことがなんになるのか。生まれつき大火傷を負った私は、醜いアヒルの子だったし。湖の中で、泳ぎ方も分からずバシャバシャ水の音を立てている。水面を揺らす光の反射の内側で、訳もわからず水の上にいることを知り、騒ぐ。ギャーギャーとわめくんだ。見苦しい。そんな私に、キスをしろだって?ふざけた話だ。いっそぶん殴ってやりたいくらいだ。私の顔面に一発、大きいのをぶつけてやりたい。小石なんて投げてやらない。うんと大きい石をぶつけて、現実を思い知らせてやりたい。生き返る条件?そんなの知らない。神さまに嘘をついて、私は私のところに向かう。私に会ったら、いつか言ってやりたかった言葉を言ってやるんだ。待ってろ。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 24,761 最終更新日 2018.05.02 登録日 2018.04.02
24
恋愛 連載中 短編
未来が見える世界。それは、普段私たちが過去の思い出を記憶しているのと同じように未来を記憶することができる世界。もし、そんな世界が存在したら...。 こんなことを考えてる暇があるほど、高校二年の水瀬 春はごく平凡な学校生活を送っていた。保健室通いのクラスメイト、春風 玲那からのある一言を聞くまでは。 「お願いがあるの。私を助けないで欲しい。」 玲那が春に言ったこの言葉に込められた本当の意味。 そこには、あまりに衝撃的な現実が隠されていた。
24hポイント 0pt
小説 84,782 位 / 84,782件 恋愛 22,583 位 / 22,583件
文字数 8,210 最終更新日 2018.07.26 登録日 2018.01.23
24