江戸小説一覧

タグ 江戸×
302 12345
旧題:黒猫・玉、江戸を駆ける。~美弥姫初恋顛末~ つやつやの毛並みと緑の目がご自慢の黒猫・玉の飼い主は大名家の美弥姫様。この姫様、見目麗しいのにとんだはねかえりで新陰流・免許皆伝の腕前を誇る変わり者。その姫様が恋をしたらしい。もうすぐお輿入れだというのに。──男装の美弥姫が江戸の町を徘徊中、出会った二人の若侍、律と若。二人のお家騒動に自ら首を突っ込んだ姫の身に危険が迫る。そして初恋の行方は── 花のお江戸で美猫と姫様が大活躍!外題は~みやひめはつこいのてんまつ~ 第6回歴史・時代小説大賞で大賞を頂きました!皆さまよりの応援、お励ましに心より御礼申し上げます。 有難うございました。 ~お知らせ~現在、書籍化進行中でございます。21/9/16をもちまして、非公開とさせて頂きます。書籍化に関わる詳細は、以降近況ボードでご報告予定です。どうぞよろしくお願い致します。
24hポイント 979pt
小説 1,578 位 / 123,958件 歴史・時代 4 位 / 1,409件
文字数 151,191 最終更新日 2021.09.30 登録日 2020.05.31
2
SF 連載中 長編
 駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君の主君松平信義 の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望―――  転生グルメストリーが今幕を開ける――― ※※この作品は『ノベルアッププラス』『カクヨム』『小説家になろう』様にも掲載しております。
24hポイント 327pt
小説 4,015 位 / 123,958件 SF 44 位 / 3,550件
文字数 49,317 最終更新日 2021.10.16 登録日 2021.10.12
南町奉行・池田筑後守長惠の物語です。小生、エブリスタにおいて「おしず」名義でも書いておりまして(絶賛、放置中)、その短編小説を加筆して物語を進める所存であります。あちこち喰い散らかして申し訳ありません。側用人の本多忠籌と勘定奉行の根岸鎮衛が悪役です。
24hポイント 285pt
小説 4,510 位 / 123,958件 歴史・時代 13 位 / 1,409件
文字数 6,315 最終更新日 2021.10.16 登録日 2021.10.16
試験に出やしない歴史上の人物の秘密の恋や噂を知るのが好きだったため、テストで効率よく覚えるには不向きな内容だらけです。好きな歴史系漫画・小説・ゲームの紹介も出てくる趣味に突っ走り過ぎな歴史談義。生暖かい目で見てくださいm(__)m
24hポイント 284pt
小説 4,559 位 / 123,958件 エッセイ・ノンフィクション 63 位 / 4,231件
文字数 47,531 最終更新日 2021.10.08 登録日 2021.09.08
5
歴史・時代 連載中 長編 R18
時は江戸享保年間。八代将軍の時代。 大名家の三男坊で部屋住みの源三郎に突然訪れた婿養子話。 楽しい江戸暮らしを手放したくない源三郎は抵抗するもあえなく陥落。 長い旅の果て、たどりついた山奥でうら若き妻壱子と祝言を挙げる。 ハッピーエンドかと思いきや、妻は極度の○○○コンで。 おまけに口うるさい年下の舅や噂話大好きな周囲の人々に翻弄される。 果たして年の差夫婦は幸せになれるのか。 なお、ムーンライトノベルズにも投稿しています。 「わたくしたちのお殿様」のスピンオフですが、読まなくても大丈夫です。
24hポイント 255pt
小説 5,053 位 / 123,958件 歴史・時代 18 位 / 1,409件
文字数 499,901 最終更新日 2021.10.12 登録日 2019.04.20
この物語の舞台は主に幕末・維新の頃の日本です。物語の主人公榎本武揚は、幕末動乱のさなかにはるばるオランダに渡り、最高の技術、最高のスキル、最高の知識を手にいれ日本に戻ってきます。 しかし榎本がオランダにいる間に幕府の権威は完全に失墜し、やがて大政奉還、鳥羽・伏見の戦いをへて幕府は瓦解します。自然幕臣榎本武揚は行き場を失い、未来は絶望的となります。 榎本は新たな己の居場所を蝦夷(北海道)に見出し、同じく行き場を失った多くの幕臣とともに、蝦夷を開拓し新たなフロンティアを築くという壮大な夢を描きます。しかしやがてはその蝦夷にも薩長の魔の手がのびてくるわけです。 この物語では榎本武揚なる人物が最北に地にいかなる夢を見たか追いかけると同時に、世に言う箱館戦争の後、罪を許された榎本のその後の人生にも光を当ててみたいと思っている次第であります。
24hポイント 191pt
小説 6,385 位 / 123,958件 歴史・時代 32 位 / 1,409件
文字数 233,404 最終更新日 2021.10.09 登録日 2019.07.01
花のお江戸は本所深川、その隅っこにある柳鼓長屋。 なんでも奥にある柳を蹴飛ばせばポンっと鳴くらしい。 そんな長屋の差配の孫娘お七。 なんの因果か、お七は産まれながらに怪異の類にめっぽう強かった。 徳を積んだお坊さまや、修験者らが加持祈祷をして追い払うようなモノどもを相手にし、 「えいや」と塩を投げるだけで悪霊退散。 ゆえについたあだ名が柳鼓の塩小町。 ひと癖もふた癖もある長屋の住人たちと塩小町が織りなす、ちょっと不思議で愉快なお江戸奇譚。
24hポイント 149pt
小説 7,242 位 / 123,958件 歴史・時代 37 位 / 1,409件
文字数 215,504 最終更新日 2021.09.03 登録日 2021.05.31
★現在、書籍化を検討中です。 正式決定となりましたら、こちらの作品は8月28日中に引き下げさせていただきます。 行方知れずになった父を捜して江戸に出た娘・お鈴が助けられた先は、閑古鳥が鳴く料理屋「みと屋」 それもそのはず、店主の銀次郎は料理が壊滅的に下手な上、顔がいかつく客あしらいも不得手。 なにより、銀次郎の仕事は札付きの「やくざ」だというのだから、お客が来るわけがない。 料理の才のあるお鈴は「ここで働け」と迫られるが、そこへ誘拐事件が舞い込んで――—
24hポイント 149pt
小説 7,242 位 / 123,958件 歴史・時代 37 位 / 1,409件
文字数 124,524 最終更新日 2021.09.30 登録日 2020.05.30
9
SF 完結 長編 R15
数多くの実況プレイヤーがプレイする、剣と魔術のファンタジーVRMMOゲーム、ドラゴンズクロンヌで人気実力ともにNo1実況プレイヤー江戸川 蘭はその人気ぶりから企業からスポンサードされるほどのプレイヤーだったが、現実世界では友達ゼロ、ボッチでコミュ障の高校生だった。 そして、いつものように苦痛の昼休みをじっと耐えていたある日、蘭は憧れのクラスメイトである二ノ宮 鈴に思いがけない言葉をかけられる。 「ドラゴンズクロンヌ、一緒にプレイしてくれないかな?」 これはLV1のキャラクターで知識とテクニックを武器に仮想現実世界を無双していく、とある実況プレイヤーの(リア充になるための)奮闘記である。
24hポイント 149pt
小説 7,242 位 / 123,958件 SF 98 位 / 3,550件
文字数 581,218 最終更新日 2017.04.24 登録日 2016.08.31
ほっこり、じんわり系青春時代小説💬💡 天賦の剣才に恵まれた十七歳の若者、野十郎。 かれは誰にいのちを狙われているのか……野十郎がみた、大人の男と女の心の綾とは……。 学び成長を続ける若者とその周辺の人々のこころの芯奥の物語💬🤭 🟥表紙は、「うろこ道」さん作成    https://estar.jp/users/89325607 ✴️各話読み切り、連作集です。 第一話「殺らずの雨」 第二話「蔦を這う女」 第三話「家宝は寝て持て!」 第四話「感謝の値段」 第六話「無屋の神様」 第七話「譲りの茂平次」 第六話以降、野十郎、弥七、ふさ恵らは、旅に出ます……。 最終目的地は江戸ですが、旅の途中で、さまざまな事件に巻き込まれ、野十郎は公儀隠密に襲われたり……します。お楽しみに💬😊 ※各話のメインの登場人物は、異なりますが、共通して登場するのが、〈やさぐれ野十郎〉という若者。剣客ですが、その出生の秘密はなかなか明かされません。 時代は江戸初期。家康没後、五十年を想定しています。 物語の舞台は、日本海近くの(面してはいない)とある小藩、 神坂(こうさか)藩での出来事が中心になります(∩_∩) 野十郎︰シリーズの主人公。 奥山孫兵衛︰名門鼻咲家の家宰、筆頭用人。奥山新陰流の継承者。 弥七︰鼻咲家の中間頭 ふさ恵︰藩公の陰忍びの一族。第一話で登場。第五話以降、レギュラーで登場、野十郎とともに江戸に向かいます。 樋口太左衛門︰鼻咲家の縁者。母方で藩公の血族にも繋がる。野十郎に「樋口」の姓を与える(第五話以降) 佐々木世之介︰第四話で登場。以降は野十郎とともに旅に出ます……。 ○「殺らずの雨」 琴江︰舟宿の女将 源吾︰舟人夫の頭 小野寺次郎右衛門︰仇持ちの青年 ふさ恵︰ 木下弥右衛門︰ふさ恵の祖父。元・祐筆。 ○「蔦を這う女」
24hポイント 127pt
小説 7,853 位 / 123,958件 歴史・時代 41 位 / 1,409件
文字数 71,718 最終更新日 2021.08.21 登録日 2021.07.31
身も蓋もないタイトルですみません。天明太平記を書き直すことにしました。いつも通りの意知もの、そしていつも通りの一橋治済が悪役の物語です。食傷気味、あるいはルビが気に入らない方は読まれないことを強くおすすめします。
24hポイント 127pt
小説 7,853 位 / 123,958件 歴史・時代 41 位 / 1,409件
文字数 839,365 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.01.11
北の小藩の青年藩士、黒須新九郎は、女中のりよに密かに心を惹かれながら、真面目に職務をこなす日々を送っていた。だが、ある日突然、新九郎は藩の産物を横領して抜け売りしたとの無実の嫌疑をかけられ、切腹寸前にまで追い込まれてしまう。新九郎は自らの嫌疑を晴らすべく奔走するが、それは藩を大きく揺るがす巨大な陰謀と哀しい恋の始まりであった。 謀略と裏切り、友情と恋情が交錯し、武士の道と人の想いの狭間で新九郎は疾走する。
24hポイント 106pt
小説 8,705 位 / 123,958件 歴史・時代 49 位 / 1,409件
文字数 103,716 最終更新日 2021.10.14 登録日 2021.05.31
大伝馬町、木綿問屋街にある葉茶屋三好屋の一人娘『おみつ』は、 他の江戸娘と比べ少しふくふくとした娘である。 『おみつ』がふくふくとする原因は『おみつ』のとある力にあって……。 歌舞伎役者のように美しい藍屋若旦那『一太』からの溺愛に気づかず、 今日も懸命に菓子などを頬張る『おみつ』の少し不思議な日常と恋のお話。 第五回歴史・時代小説大賞で大賞&読者賞を頂きました。応援ありがとうございます。
24hポイント 106pt
小説 8,705 位 / 123,958件 歴史・時代 49 位 / 1,409件
文字数 62,551 最終更新日 2020.10.29 登録日 2019.04.15
伊予国の山間にある小津藩は、六万国と小国であった。そこに一人の若い侍が長屋暮らしをしていた。彼の名は伊賀崎余一郎光泰。誰も知らないが、世が世なら、一国一城の主となっていた男だった。酒好き、女好きで働く事は大嫌い。三度の飯より、喧嘩が好きで、好きが高じて、喧嘩仲裁稼業なる片手業で、辛うじて生きている。そんな彼を世の人は、その名前に引っかけて、こう呼んだ。余侍(よざむらい)様と。
24hポイント 85pt
小説 9,727 位 / 123,958件 歴史・時代 60 位 / 1,409件
文字数 70,933 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.05.28
西の小国・銀鈴。 世継の鳴瀬は美しいが残酷なことで知られていた。 国を継げるのは男子のみ。 しかし鳴瀬は女子だった。 鳴瀬が女であることを知る腹違いの兄・棗。 彼は毎夜、寝所に通って来る妹を追い返すことも出来ず、求められるままに抱いている。 最初は快感を得る為だけに棗を利用していた鳴瀬。 それでも惜しみない愛情を注いでくれる棗に、いつしか好意を持ち始める。 棗に縁談話が持ち上がり、鳴瀬も妻を娶らなくてはならなくなった時、鳴瀬の身体に異変が起きた。 誰にも助けを求められない鳴瀬が選んだ道とは――。 戦国~江戸時代をイメージした和風ダークファンタジー三部作。 ※近親相姦・NTR注意
24hポイント 85pt
小説 9,727 位 / 123,958件 歴史・時代 60 位 / 1,409件
文字数 136,026 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.05.28
江戸時代にも徒党を組んで大きな詐欺を企てる、詐欺師集団がいた。 この物語の徒党の頭の名前は座頭。 100両もの金をだまし取る詐欺を成功させたのに、彼の心は憂鬱で晴れなかった。 そんな時、仲間の夕凪がこれ以上大きな金額を稼ぐには吉原で太夫でも育てるんだと言い出したことで、座頭が本当に太夫を作ると言ったからさぁ大変。 100両以上稼ぐんだから、普通の女ではダメということで座頭が目を付けたのは、丁稚奉公先で主に襲われて丁稚奉公先を逃げ出し浅草寺でスリをはたらくほど落ちぶれてしまった総司という元服前の前髪を落としていない男だったのだ! 襲われたことで大の男嫌いになった故に、絶対に男に抱かれたくないから愛だ恋だの気持ちに流されて抱かれることはないと。 吉原で唯一男に身体を売らない、抱けない太夫の伝説が始まった。
24hポイント 85pt
小説 9,727 位 / 123,958件 歴史・時代 60 位 / 1,409件
文字数 33,147 最終更新日 2021.08.25 登録日 2021.05.31
あなたの生きる理由になりたい。 これは、心を閉ざし復讐に生きる一人の少女と、誠の旗印のもと、自分の信念を最後まで貫いて散っていった幕末の志士の物語。 ※外部サイト「エブリスタ」で自身が投稿した小説を独自に加筆修正したものを投稿しています。
24hポイント 85pt
小説 9,727 位 / 123,958件 歴史・時代 60 位 / 1,409件
文字数 73,988 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.05.14
☆第6回歴史時代小説大賞 特別賞受賞☆ 玄界灘。 この黒い潮流は、多くの夢や欲望を呑み込んできた。 人の命でさえも――。 九州は筑前の斯摩藩を出奔し江戸谷中で用心棒を務める萩尾大楽は、家督を譲った弟・主計が藩の機密を盗み出して脱藩したと知らされる。大楽は脱藩の裏に政争の臭いを嗅ぎつけるのだが――。 賄賂、恐喝、強奪、監禁、暴力、拷問、裏切り、殺人――。 開国の足音が聞こえつつある田沼時代の玄界灘を舞台に、禁じられた利を巡って繰り広げられる死闘を描く、アーバンでクールな時代小説! 美しくも糞ったれた、江戸の犯罪世界をご堪能あれ!
24hポイント 85pt
小説 9,727 位 / 123,958件 歴史・時代 60 位 / 1,409件
文字数 270,998 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.04.01
■■アルファポリス 第3回歴史・時代小説大賞 読者賞受賞■■ 天明六年(1786年)五月一五日―― 失脚の瀬戸際にあった田沼意次が祈祷を行った。 その願いが「大元帥明王」に届く。 結果、21世紀の現代に住む俺は江戸時代に召喚された。 俺は、江戸時代と現代を自由に行き来できるスキルをもらった。 その力で田沼意次の政治を助けるのが俺の役目となった。 しかも、それで得た報酬は俺のモノだ。 21世紀の科学で俺は江戸時代を変える。 いや近代の歴史を変えるのである。 2017/9/19 プロ編集者の評価を自分なりに消化して、主人公の説得力強化を狙いました。 時代選定が「地味」は、これからの展開でカバーするとしてですね。 冒頭で主人公が選ばれるのが唐突なので、その辺りつながるような話を0話プロローグで追加しました。 失敗の場合、消して元に戻します。
24hポイント 85pt
小説 9,727 位 / 123,958件 ファンタジー 2,049 位 / 31,898件
文字数 248,021 最終更新日 2021.03.30 登録日 2017.05.28
⭐番外編『はぐれやさぐれ藤十郎』を9月20日から連日夕刻更新予定です(7回程度)⭐2020年1月21日、5月4日に福山市の『福山城築城400年』Facebookでご紹介いただきました。https://m.facebook.com/fukuyama400/ 備後福山藩初代藩主、水野勝成が若い頃放浪を重ねたあと、備中(現在の岡山県)の片隅で居候をすることになるお話です。一番鑓しかしたくない、天下無双の暴れ者が、備中の片隅で居候した末に見つけたものは何だったのでしょうか。 →本編は完結、番外編と関連の話題を適宜更新中です。
24hポイント 85pt
小説 9,727 位 / 123,958件 歴史・時代 60 位 / 1,409件
文字数 353,587 最終更新日 2021.09.29 登録日 2017.05.15
 江戸中期の市井の人々の艶話風にまとめてみました。 裕福な商家の後添えが未亡人になって、年端もいかない小僧と…って元ネタありのエロ話です。 小品にする予定だったのですが、ちょっと長くなったので短編にしました。 【原案】根岸鎮衛著「耳囊」より、「老婦相對死望出奇談の事」 ほか
24hポイント 63pt
小説 11,511 位 / 123,958件 歴史・時代 75 位 / 1,409件
文字数 6,446 最終更新日 2021.05.12 登録日 2021.05.10
江戸は天保の末、武士の世が黄昏へとさしかかる頃。 首切り役人の家に生まれた女がたどる数奇な運命。 人の首を刎ねることにとり憑かれた山部一族。 それは剣の道にあらず。 剣術にあらず。 しいていえば、料理人が魚の頭を落とすのと同じ。 まな板の鯉が、刑場の罪人にかわっただけのこと。 脈々と受け継がれた狂気の血と技。 その結実として生を受けた女は、人として生きることを知らずに、 ただひと振りの刃となり、斬ることだけを強いられる。 斬って、斬って、斬って。 ただ斬り続けたその先に、女はいったい何を見るのか。 幕末の動乱の時代を生きた女の一代記。 そこに綺羅星のごとく散っていった維新の英雄英傑たちはいない。 あったのは斬る者と斬られる者。 ただそれだけ。
24hポイント 63pt
小説 11,511 位 / 123,958件 歴史・時代 75 位 / 1,409件
文字数 64,843 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.05.31
時は江戸、四代将軍家綱の頃。 小国に仕える忍の息子・巽丸(たつみまる)はある時、侵入した曲者を追った先で、老忍者に謎の秘術を受ける。 どうにか生還したものの、目覚めた時には女の体になっていた。 国に渦巻く陰謀と、師となった忍に預けられた書を狙う者との戦いに翻弄される、ひとりの若忍者の運命は――――
24hポイント 63pt
小説 11,511 位 / 123,958件 歴史・時代 75 位 / 1,409件
文字数 64,549 最終更新日 2020.05.26 登録日 2020.05.09
(本文より抜粋) 「ここと……ここ。なの。見て」  霧が着物の裾を捲って、二人に自分の股ぐらを披露していた。  な、なにをしておるのじゃ?  余三郎は我が目を疑った。  余三郎側から見ると霧の背中しか見えないが、愛姫と百合丸の二人は霧の真っ正面に頭を寄せて彼女の股ぐらを真剣な目で観察している。 「ううむ……ツルツルじゃな」 「見事なまでにツルツルでござるな」  霧はまだ八歳児だぞ、当たり前だろうが!  余三郎は心の中で叫ぶように突っ込んだ。 「父様は霧のこれを見て……殺すしかないと仰った。なの」  二人は目を見開いて息を呑んでいた。聞き耳を立てていた余三郎の顔は驚愕で歪んだ。  な、なにぃー!? 自分の娘の股ぐらがツルツルだから殺すとな!? 立花家はあれか? みな生まれた時からボーボーじゃなきゃダメなのか?
24hポイント 63pt
小説 11,511 位 / 123,958件 歴史・時代 75 位 / 1,409件
文字数 203,035 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.01.26
25
歴史・時代 完結 長編 R18
浪人で無垢(童貞)の不栗万之介は、絵師、戯作家を目指す若者だった。 故あって、故郷の久留里藩を出て江戸で暮らし2年。 しかし、その生活は日雇い仕事と、貸本屋からの「春画」「黄表紙」を読ん自分を慰める毎日だった。 そんな彼も、北斎に弟子入りを願う。 そこで、出会った美麗の女。その外見はまるで童女のようだった。 しかし、彼女こそ「鬼を喰らう」存在。 鬼に憑かれた者から鬼を祓い、その鬼を喰らう「鬼喰らい師」だった。 そして、鬼狂の仕事を手伝うことになる万之介。 それは、怪異と幻想の世界へ足をふみいれることであった。 ■参考文献 邪教・立川流(著)真鍋俊照 江戸の社会構造 (著)南和男 江戸春画 性愛枕絵研究 (著)吉崎淳二 江戸の枕絵師 (著)林美一 江戸時代のすべてがわかる本 (著)大石学 エロティック日本史 (著)下川 耿史 江戸の性生活 (著)歴史の謎を探る会 江戸の大誤解 (著)水戸計 性タブーのない日本 (著)橋本治 読みだしたら止まらない裏日本史 (著)日本裏日本史研究会 江戸の二四時間 歴史と人物増刊 葛飾北斎・春画の世界 (著)浅野秀剛 国芳の春画 (著)浅野秀剛  春画に見る江戸老人の色事 (著)白倉敬彦  江戸の春画 (著)白倉敬彦
24hポイント 63pt
小説 11,511 位 / 123,958件 歴史・時代 75 位 / 1,409件
文字数 71,578 最終更新日 2020.12.06 登録日 2017.05.25
家の都合が優先される結婚において、理想なんてものは、あるわけないと分かってた。そんなものに夢見たことはない。だから恋などするものではないと、自分に言い聞かせてきた。叶う恋などないのなら、しなければいい。 *現在、他サイトと同時掲載しております。他サイトの公開に合わせ、順次公開していく予定です。ご了承ください*
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 75,267 最終更新日 2021.06.27 登録日 2021.05.29
ようやく春らしくなった江戸の空のもと、町奉行所同心秋山小次郎が駆けていた。火付(放火)である。 ボヤであったが、最悪江戸を焼く大火となる可能性もある。火付けは大罪 ―― 死罪である。 どんな馬鹿野郎が犯人かと、囚われている自身番に飛び込むと、そこにはうら若き乙女の姿が……………… 天和三(一六八三)年三月二十九日、ひとりの少女が火付けの罪で、死罪となった。世にいう、八百屋お七事件である。 なぜ、少女は火付けを犯したのか? これは、その真相を探り、なんとか助けてやりたいと奮闘する男たちの物語である。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 105,530 最終更新日 2021.05.28 登録日 2021.05.28
 町外れの廃寺で暮らす那津(なつ)は絵を描くのを主な生業としていたが、評判がいいのは除霊の仕事の方だった。  新吉原一の花魁、桧山に『幽霊花魁』を始末してくれと頼まれる那津。  エセ坊主、と那津を呼ぶ同心、小平とともに幽霊花魁の正体を追うがーー。  ※小説家になろうに同タイトルの話を置いていますが。   アルファポリス版は、現代編がありません。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 85,546 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.05.18
江戸で起きた事件をドジだけど気が優しい同心山倉唐四郎が解決する純情派時代小説です。 第七回歴史・時代小説大賞に参加しています。応援よろしくお願いします。 感想もお待ちしております!
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 98,379 最終更新日 2021.06.29 登録日 2021.05.12
 残影の艦隊の番外編です。残影の艦隊の中から伊庭八郎(一部新選組)の登場部分だけを抜いて、若干の修正を加えた短編です。したがって本編を見た方にとってはそれほど真新しいことは書いていないので、ご了承ください。ただし五話目は本編にはありません。また最後の話しは本編より先を行っており、ネタばらしとなりますその点もご了承ください。  なお読者の中には、伊庭八郎の交友関係がやたらめったら広いので驚く方もいると思いますが。史実の中で確認できるのは榎本と新選組くらいで、後は筆者の創作だと思ってください。  ただし、筆者はかって伊庭道場のあった場所の目と鼻の先で働いていたことがあり、あの周辺の地理は熟知していますが、とにかくあの周辺は伊庭道場や千葉道場、久坂が通っていた塾の他にも、幕末維新の志士と呼ばれた人たちに関わる屋敷などが探せば探すほどでてきます。(例えばこの物語の剣客関連でいえば清川八郎、芹沢鴨、永倉新八あたりはこの近辺にゆかりの人です。もちろん榎本もまたこの周辺に屋敷を持っていました。余談ついでいえばさっき大河で死んだ平岡円四郎もこのあたりの生まれであるようです)そこから筆者なりになんらかの交流があったのではということを想像して書いてみました。とりあえず伊庭八郎を通して幕末・維新の志士といわれた人たちの夢と野望そして愛を描いてみようと思った次第であります。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 29,967 最終更新日 2021.05.29 登録日 2021.05.29
時は江戸中期。若き富羅鳥藩主が何者かに暗殺され富羅鳥城から盗み出された秘宝『金鳥』『銀鳥』。 『銀鳥』は年寄りの銀煙、そして、対の『金鳥』は若返りの金煙が吹き上がる玉手箱であった。 そう、かの浦島太郎が竜宮城から持ち帰った玉手箱と同じ類いのものである。 誰しもが乞い願う若返りの秘宝『金鳥』を巡る人々の悲喜こもごも。忍びの『金鳥』争奪戦。 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影がお江戸日本橋を飛び廻る!
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 568,349 最終更新日 2021.09.15 登録日 2021.01.18
32
歴史・時代 連載中 長編 R18
江戸時代末期・新吉原遊廓。 そのほど近くに養生所をかまえる医者・夏樹(なつき)は、ある日の往診帰り、猫を追いかけ、小見世(こみせ)の『いすゞ屋』へと導かれる。 猫を抱き上げ、艶やかに笑うのは、部屋持女郎・春日(かすが)。彼女は夏樹が助けられなかった患者の姉だった。 申し訳なさと心苦しさを抱え、思わず泣いてしまいそうな彼に、春日は「泣きたいなら泣けば良いさ」と声をかける。 客が来ないと嘆く彼女は「わちきを助けると思って」「医者は人助けするもんだろ」と更に言葉を投げかけた。 誰に対しても分け隔てなく優しく、必ず期待に応えようとする性格の夏樹は、春日を《助けよう》と登楼することを決める。 《誰にでも》優しい医者の《特別》は気まぐれに。 ーーー 『桜に酔いし鬼噺』に登場する医者・夏樹の話となりますが、こちらのみでもお楽しみいただけます。 参考文献は、近況ボードに記載しております。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 163,400 最終更新日 2021.09.27 登録日 2020.11.11
戦国乱世の真っ只中。 慎ましく、強く生きた姫がいた。 その姫の名は『千姫』 徳川家に生まれ、祖父の謀略によって豊臣家へ人質同然に嫁ぐ事になる。 伯母であり、義母となる淀殿との関係に軋轢が生じるも、夫・豊臣秀頼とは仲睦まじく暮らした。 ところが、それから数年後に、豊臣家と徳川家との間に大きな確執が生まれ、半年にも及ぶ大戦・「大坂の陣」が勃発し、生家と婚家の間で板挟みに合ってしまう。 これは、徳川家に生まれ、悲劇的な運命を歩んで参った一人の姫が、女としての幸福《しあわせ》を探す波乱万丈な物語である。 *この話は史実を元にしたフィクションです。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 80,348 最終更新日 2020.12.31 登録日 2020.11.22
花のお江戸で巻き起こる、美女を狙った怪事件。 隠密同心・和田総二郎が、女の敵を討ち果たす! 女岡っ引に男装の女剣士、甲賀くノ一を引き連れて、舞うは刀と恋模様! 往年の時代劇テイストたっぷりの、血湧き肉躍る痛快エンタメ時代小説を、ぜひお楽しみください!
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 65,956 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.05.31
わらわは豊前守の養女の田鶴(たづ)と申す。 さる大名の御世継の妻となることになった。 なれどこの御世継の隆邦(たかくに)様という方、たいそうな美形というのに、これまで四人の方と婚約し、そのうち三人がはかなくなられ、四人目も故あって破談となったという。 五人目の許婚者となったわらわは無事に嫁いだものの、世の中はそれでめでたしとはいかぬもの。 なにしろ隆邦様にはすでに側室がおり、姫までも儲けておいで。 離縁の話まで持ち上がってしまった。 子どもの頃から愛されないのには慣れているわらわなれど、果たしてどうなることやら。 なお、この話はムーンライトノベルズの「『香田角の人々』拾遺」「わたくしたちのお殿様」のエピソードを再構成し増補改訂したものゆえ、そこは御含みおきを。 18歳以下の方が見てはならぬエピソードのタイトルの末尾には★があるゆえご注意召されよ。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 107,841 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.05.30
時は天明、幼少のみぎりには定火消の役屋敷でガエンと共に暮らしたこともあるバサラな旗本、鷲巣(わしのす)益五郎(ますごろう)とそんな彼を取り巻く者たちの物語。それに11代将軍の座をめぐる争いあり、徳川家基の死の真相をめぐる争いあり、そんな物語です。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 1,198,865 最終更新日 2021.01.11 登録日 2020.05.01
2017年に書いたものの改稿版を掲載します。 幕末を駆け抜けた新撰組。 その十一番目の隊長、綾瀬久二郎の凄絶な人生を描く。 よく知られる新撰組の物語の中に、架空の設定を織り込み、彼らの生きた跡をより強く浮かび上がらせたい。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 313,539 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.23
藤也には、決して暴かれてはならない秘密がある。 しかし、その事を彼自身知らない。 過去に起きた悲しい事件。 それを引き金に、恐ろしい存在が彼に取り付いていた。 【登場人物】 藤也・・・武家の次男。美しい容姿を持つ、心優しい少年。 美羽・・・天涯孤独な幼女。藤也に拾われる。 政司・・・お目付け役。藤也を守ると心に誓っている。 藤野・・・藤也の乳母。故人。 殿様・・・藤也の父。有力な武家大名。 刀夜・・・人を破壊する事に生き甲斐を感じる…… ※※※※※※※※ 舞台は江戸ですが、登場人物・場所・生活、全て架空の設定です。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 38,566 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.04
 西欧列強に不平等条約を強要され、内乱を誘発させられ、多くの富を収奪されたのが悔しい。  幕末の仮想戦記も考えましたが、徳川家基が健在で、田沼親子が権力を維持していれば、もっと余裕を持って、開国準備ができたと思う。  北海道・樺太・千島も日本の領地のままだっただろうし、多くの金銀が国外に流出することもなかったと思う。  清国と手を組むことも出来たかもしれないし、清国がロシアに強奪された、シベリアと沿海州を日本が手に入れる事が出来たかもしれない。  色々真剣に検討して、仮想の日本史を書いてみたい。 一橋治済の陰謀で毒を盛られた徳川家基であったが、奇跡的に一命をとりとめた。だが家基も父親の十代将軍:徳川家治も誰が毒を盛ったのかは分からなかった。家基は田沼意次を疑い、家治は疑心暗鬼に陥り田沼意次以外の家臣が信じられなくなった。そして歴史は大きく動くことになる。 印旛沼開拓は成功するのか? 蝦夷開拓は成功するのか? オロシャとは戦争になるのか? 蝦夷・千島・樺太の領有は徳川家になるのか? それともオロシャになるのか? 西洋帆船は導入されるのか? 幕府は開国に踏み切れるのか? アイヌとの関係はどうなるのか? 幕府を裏切り異国と手を結ぶ藩は現れるのか?
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 122,226 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.04.27
時は江戸、老中水野忠邦が失脚した頃のこと。 佳穂(かほ)は江戸の望月藩月野家上屋敷の奥方様に仕える中臈。 幼い頃に会った千代という少女に憧れ、奥での一生奉公を望んでいた。 ところが、若殿様が急死し事態は一変、分家から養子に入った慶温(よしはる)こと又四郎に侍ることに。 又四郎はずっと前にも会ったことがあると言うが、佳穂には心当たりがない。 海外の事情や英吉利語を教える又四郎に翻弄されるも、惹かれていく佳穂。 一方、二人の周辺では次々に不可解な事件が起きる。 事件の真相を追うのは又四郎や屋敷の人々、そしてスタンダードプードルのシロ。 果たして、佳穂は又四郎と結ばれるのか。 シロの鼻が真実を追い詰める! 別サイトで発表した作品のR15版です。
24hポイント 42pt
小説 14,210 位 / 123,958件 歴史・時代 97 位 / 1,409件
文字数 336,701 最終更新日 2018.05.22 登録日 2018.04.27
302 12345