人外さんに選ばれたのは私でした ~それでも私は人間です~

渡利美里30歳。
勤めていた会社を訳あって辞め、フリーターをやっている美里は、姉のフリーマーケットのお手伝いに出かけた日に運命の出会いをする。

ずっと気になっていたけれど、誰にも相談できずにいた、自分の肩に座る『この子』の相談したことをきっかけに、ありとあらゆる不思議に巻き込まれていく…。
24hポイント 56pt
小説 7,695 位 / 68,061件 ライト文芸 172 位 / 2,708件