精霊の愛し子 ~『黒の魔法使いカルナック』の始まり~ 

大森林に住むクーナ族の賢者「深緑のコマラパ」はレギオン王国で、精霊に攫われた子どもがいると聞き、人間が踏み入ることを禁じられた『精霊の森』に赴く。しかし森で出会った黒髪の子どもは、自分を殺したのは人間で、助けてくれたのは精霊だという。コマラパは黒髪の子どもを人間界へ連れ出そうとするが、精霊に「名前をあてれば許可する」と謎をかけられ、読み解いた。その名は、カルナック。

黒の魔法使いカルナックの幼少期からの話。
24hポイント 7pt
小説 20,192 位 / 73,983件 ファンタジー 4,599 位 / 21,686件