人情小説一覧

50 12
村の鎮守の弁天ちゃん meets 黒船! 幕末の神奈川・横濵。 黒船ペリー艦隊により鎖国が終わり、西洋の文化に右往左往する人々の喧騒をよそに楽しげなのは、横濵村の総鎮守である弁天ちゃんだ。 港が開かれ異人さんがやって来る。 商機を求めて日本全国から人が押し寄せる。町ができていく。 弁天ちゃんの暮らしていた寺が黒船に関わることになったり、外国人墓地になったりも。 物珍しさに興味津々の弁天ちゃんと渋々お供する宇賀くんが、開港場となった横濵を歩きます。 日の本の神仏が、持ち込まれた異国の文物にはしゃぐ! 変わりゆく町をながめる! そして人々は暮らしてゆく! そんな感じのお話です。 毎日夜に更新中! 6/27、第36話にて区切りが良いので、いったん完結予定です。 続きも鋭意執筆しておりますが、Webコンテンツ大賞の期間内での掲載は、質が保証できなくなりました(史実の勉強が間に合いません!) 36話と閑話5話、全41話までひとまずの連載です。お楽しみください! ※史実をベースにしておりますが、弁財天さま、宇賀神さま、薬師如来さまなど神仏がメインキャラクターです。 ※歴史上の人物も登場しますが、性格や人間性については創作上のものであり、ご本人とは無関係です。 ※当時の神道・仏教・政治に関してはあやふやな描写に終始します。制度的なことを主役が気にしていないからです。 ※資料の少なさ・散逸・矛盾により史実が不明な事柄などは創作させていただきました。 ※神仏の皆さま、関係者の皆さまには伏してお詫びを申し上げます。 ※この作品は〈カクヨム〉にも掲載していますが、カクヨム版には一章ごとに解説エッセイが挟まります。こちらは歴史時代小説大賞にエントリーするため、物語のみでの掲載にいたしました。
24h.ポイント 285pt
小説 4,640 位 / 185,588件 歴史・時代 66 位 / 2,384件
文字数 65,340 最終更新日 2024.06.16 登録日 2024.05.31
嵐のような晩だった。 銀次は押し込み強盗「おかめ盗賊」の一味だった。「金は盗っても命は取らぬ」と誓っていたのに、仲間が失態をおかし、人殺し盗賊に成り下がってしまう。銀次は何の因果かその家の一人娘を連れ去ることに。 そして、おかめ強盗に命を散らされた女中、鈴の兄源助は、妹の敵を討つために一人、旅に出るのだった。 追われ、追いかけ、過去を悔い、そんな人生の長い旅路を過ごす者達の物語。 ※ 地名などは全て架空のものです。 ※ 詳しい下調べはおこなっておりません。作者のつたない記憶の中から絞り出しましたので、歴史の中の史実と違うこともあるかと思います。その辺をご理解のほど、よろしくお願いいたします。
24h.ポイント 5,482pt
小説 279 位 / 185,588件 歴史・時代 3 位 / 2,384件
文字数 61,150 最終更新日 2024.06.16 登録日 2024.05.30
江戸中期の武蔵国を舞台に、人柱に選ばれたことをきっかけに土地神と暮らすことになった少女・小藤が、不条理であったり、人情味あふれる体験をする連作短編。 ※全体の柱の物語はあるものの、連作短編なので、章ごとに話が完結しています。  ひとつの章だけでもお楽しみいただけます。 注:R-15ではありませんが、4章に若干、残酷なシーンがあります。   対象のシーンには、小見出しに★マークをつけます。 【登場人物】 ●小藤(こふじ)16才 人柱になった心清らかな少女。芯は強い。正義感が強いのには理由がある。 ●光仙(こうせん)見た目20代半ば 土地神。神々しく美しい容姿。 ●阿光(あこう)/●吽光(うんこう)見た目10才ほど。 狛犬の神使。双子のようにそっくりな容姿。
24h.ポイント 1,115pt
小説 1,119 位 / 185,588件 歴史・時代 8 位 / 2,384件
文字数 76,596 最終更新日 2024.06.16 登録日 2024.05.29
4
SF 連載中 長編 R15
五度目の世界大戦に見舞われた地球。政治家や軍事政権が何世代にも渡り、戦争を続けることで得られる利権などの為に、本来の目的や意味を失った戦争を続けている。時代の潮流の中で、国家という共同体の概念はいよいよ形骸化し、市民達により世界中に名も無きスラム街や自治区が樹立された。  ある日、日本国の自治区「洲ガモ」の喫茶店「人参房」のマスター、ウサギマスクのバニ沢は、バイトの滝川(年齢・性別不詳)と共にいつも通り暇な営業時間を過ごしていたが、店に突如飛び込んできた、怪しげな少女を保護する。 ※本作品は小説家になろう様、カクヨム様でも掲載をさせていただいております。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 SF 5,155 位 / 5,155件
文字数 39,185 最終更新日 2024.06.15 登録日 2023.04.06
5
ライト文芸 完結 ショートショート
元々は、 山里の小さな町にあった...。 「麺一徹」という、 小さなラーメン屋のお話。 店主の伊東さんは、 「なんとかなるさぁ〜」と口癖のように言う、素朴で温かみのある人柄の持ち主。 しかし、町の人口減少により店の売り上げも落ち込み、存続が危ぶまれていた。 その矢先、隣町の再開発の影響で「麺一徹」は、 立ち退きを求められてしまう。 伊東さんは、動じることなく「なんとかなるさぁ〜」と呟き、家族とともに都会へ出ていくことを決意するのです。 都会では、小さな店を構えるも...  当初は客足が思わしくありませんでした。 しかし、そんな事で、落ち込む伊東さんでは、ありません。 決して諦めずに... いつものように、素朴で味わい深いラーメンを提供し続けます。 それは、次第に人々に評価される結果となり、人気店として発展していきます。 さらに、 「前を向いて進めば道は拓ける」と言葉を投げかけ、絶望の縁にいた若者達を勇気づける場面も...。 店は、ますます人々の心の拠り所にもなっていきます。 都会の喧騒の中に佇む、 伊東さんの素朴な心意気が詰まった「麺一徹」。 『なんとかなるさぁ〜』 という言葉が象徴する前向きさと、 人々に寄り添う温かみが、大切な糧となり人に愛される店へと成長をとげるショートストーリー。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ライト文芸 7,621 位 / 7,621件
文字数 1,296 最終更新日 2024.06.12 登録日 2024.06.12
 南町奉行池田播磨守頼方(いけだはりまのかみよりまさ)が下す裁断についての、江戸市民たちの評判がすこぶる良い。大見得を切って正義を振りかざすような派手さは無いのだが、胸にジンと染みる温情をサラリと加える加減が玄人好みなのだと、うるさ型の江戸っ子たちはいう。  池田播磨守頼方は、遠山の金さんこと遠山景元の後任の町奉行だ。あの、国定忠治に死罪を申し渡した鬼の奉行として恐れられていた。しかし、池田が下す裁断は、人情味に溢れる名裁断として江戸市民たちの評判を呼んでいく。  取り立て屋の市蔵が死体で発見される。  調べが進むと、小間物屋「奄美屋」の番頭清二が、借金の取りたでで市蔵に脅され理不尽な要求をされ、止むに止まれず殺したことがわかった。  世間は奄美屋に同情する。    果たして、播磨守の裁断やいかに。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 31,503 最終更新日 2024.06.09 登録日 2024.05.22
弦月庵(げんげつあん)は、ちょっと邪道な餃子のお店。 餃子の皮に包むのは、あんこにカレーに旬のフルーツ。 焼き餃子だけでなく、揚げたり蒸したり水餃子にしたり。 何でもありの餃子屋だけど、どれを食べても味は絶品。 気さくな店主と愉快な常連達がいる、下町の餃子屋さん。 そこで繰り広げられる、B級グルメの物語。
24h.ポイント 28pt
小説 23,287 位 / 185,588件 ライト文芸 290 位 / 7,621件
文字数 15,992 最終更新日 2024.06.09 登録日 2024.05.28
ダンジョンと言えば宝探し、宝探しと言えば宝箱。冒険者達は今日もそれを探しにダンジョンに潜る。 だが、そんな冒険者達の心をへし折る存在がいる。それは『ミミック』。宝箱を始めとした色んなものに化け、潜み、不意打ちをしかけるあの魔物である。 そんなミミックを取り扱う会社がある。その名も、『ミミック派遣会社』 社長を務めるは上位ミミックの“ミミン”、そして彼女の秘書として補佐するは悪魔族女性“アスト” 彼女達2人は今日も依頼を受け、各地のダンジョンを巡っていく―! ※他各サイトとの重複投稿となります。 ※季節のネタを含んでいるため、お読みになる際は周囲との気温差にご注意ください。
24h.ポイント 7pt
小説 38,393 位 / 185,588件 ファンタジー 5,885 位 / 42,690件
文字数 1,749,079 最終更新日 2024.05.27 登録日 2020.08.16
 南町奉行池田播磨守頼方《いけだはりまのかみよりまさ》が下す裁断についての、江戸市民たちの評判がすこぶる良い。大見得を切って正義を振りかざすような派手さは無いのだが、胸にジンと染みる温情をサラリと加える加減が玄人好みなのだと、うるさ型の江戸っ子たちはいう。  池田播磨守頼方は、遠山の金さんこと遠山景元の後任の町奉行だ。あの、国定忠治に死罪を申し渡した鬼の奉行として恐れられていた。しかし、池田が下す裁断は、人情味に溢れる名裁断として江戸市民たちの評判を呼んでいく。  幕府勘定役組頭の奥田源右衛門《おくだげんえもん》が殺された。深夜に、屋敷で首を刺されていたのだ。下手人はどうも、奥田が毎夜のように招いていた女のようだ。奥田は女好きとして有名で、その筋の女を買うことが少なくない。  その関係の殺しとも思われたが、調べが進むと、お役目に関わる事情が浮上して来た。  町奉行池田播磨守は、どうやって犯人を追い詰めるのか。そして、どのような裁断を下すのか。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 37,097 最終更新日 2024.05.18 登録日 2024.05.13
 ある日突然、謎の超能力【神力】が一部の人間に発現した。それと同時に日本を囲む黒い壁が出現し、日本は混沌の時代へと突入する。  この物語は【神力】を手に入れた高校生『瑠羽 勇斗』が、悪と正義の境界すら曖昧なこの世界で「ヒーロー」を目指し奔走する物語である。 「授業中にテロリストが〜」ありきたりな厨二病の妄想を広げ続け完成した本作、是非ご覧下さい! 【21話以降は小説家になろうにて公開中!カクヨムでも随時更新!】
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ファンタジー 42,690 位 / 42,690件
文字数 82,424 最終更新日 2024.04.22 登録日 2024.04.11
行方知れずになった父を捜して江戸に出た娘・お鈴が助けられた先は、閑古鳥が鳴く料理屋「みと屋」 それもそのはず、店主の銀次郎は料理が壊滅的に下手な上、顔がいかつく客あしらいも不得手。 なにより、銀次郎の仕事は札付きの「やくざ」だというのだから、お客が来るわけがない。 料理の才のあるお鈴は「ここで働け」と迫られるが、そこへ誘拐事件が舞い込んで――—
24h.ポイント 42pt
小説 18,485 位 / 185,588件 歴史・時代 194 位 / 2,384件
文字数 361,722 最終更新日 2024.01.18 登録日 2020.05.30
酒と肴と剣と闇 江戸情緒を添えて 江戸は本所にある居酒屋『草間』。 美味い肴が食えるということで有名なこの店の主人は、絶世の色男にして、無双の剣客でもある。 自分のことをほとんど話さないこの男、冬吉には実は隠された壮絶な過去があった。 多くの江戸の人々と関わり、その舌を満足させながら、剣の腕でも人々を救う。 その慌し日々の中で、己の過去と江戸の闇に巣食う者たちとの浅からぬ因縁に気付いていく。 店の奉公人や常連客と共に江戸を救う、包丁人にして剣客、冬吉の物語。
24h.ポイント 42pt
小説 18,500 位 / 185,588件 歴史・時代 191 位 / 2,384件
文字数 301,344 最終更新日 2023.06.27 登録日 2023.05.03
【長編第9回歴史・時代小説大賞 笑えて泣ける人情噺賞受賞】 道頓堀生まれ、喜劇の旅一座が江戸にやって来た! まだ『喜劇』というジャンルが日本に生まれていなかった時代、笑う芝居で庶民に元気を与える役者たちと、巻き込まれた不器用な浪人の人情噺。 【あらすじ】 本所の裏長屋に住む馬場寿三郎は万年浪人。 性格的に不器用な寿三郎は仕官先もみつからず、一日食べる分の仕事を探すのにも困る日々。 顔は怖いが気は優しい。 幸い勤勉なので仕事にありつければやってのけるだけの甲斐性はあるが、仏頂面で客商売ができないときた。 ある日、詐欺目当ての浪人に絡まれていた娘てんとうを助けた寿三郎。 道頓堀から下ってきた旅一座の一人であったてんとうは、助けてくれた寿三郎に礼がしたいと、一座の芝居を見る機会を与えてくれる。 まあ色々あってその一座に行くことになるわけだが、これがまた一座の奴らがむちゃくちゃ……べらんめぇな奴ばかりときた。 堺の笑いに容赦なくもみくちゃにされる江戸浪人を、生温かく見守る愛と笑いの人情噺。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 86,220 最終更新日 2023.06.26 登録日 2023.05.20
Some 100 stories of cats(猫にまつわる小篇たち)のシリーズ第8作目。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 現代文学 7,767 位 / 7,767件
文字数 4,573 最終更新日 2023.06.24 登録日 2023.06.24
美少女剣士マーヘン・リバースは念願の世界大会参加資格を得て、王都に向かう途中で不思議な少年レベン・アインターブと邂逅する。 そんな中、世界存続を裁定する怪物との戦いに巻き込まれ世界を救ったり、別の怪物と戦ったりと大忙し。 挙句の果てに、英雄に祭り上げられる!! この作品は他のウェブ小説にも掲載しております。
24h.ポイント 14pt
小説 31,761 位 / 185,588件 ファンタジー 4,478 位 / 42,690件
文字数 96,287 最終更新日 2023.04.29 登録日 2023.04.09
群雄割拠の乱世に挑む二人の若き英雄と仲間達を記した軍記小説。 後に二大英雄と謳われる二人は義兄弟の契りを結び、喜怒哀楽を経て互いのやり方で勢力を拡大していく。 平和な世を築く為、用いるべきは武力か仁徳か―― ……という二人の主人公の幼少期を記した前日譚。 舞台となる世界には、軍艦や飛空艇、魔法も存在します。 また、実在の歴史人物・勢力(主に二流)も少なからず登場。 一章と二章は序章に近く、三章以降から本腰を入れた本編となります。 二章後半にて主人公が二人出揃います。 残虐な描写、ショタ及びロリ要素を含みます。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ファンタジー 42,690 位 / 42,690件
文字数 1,391,038 最終更新日 2022.12.31 登録日 2019.11.16
少年ケンジは、夏休みを利用して親戚の家に泊まりに来る。町は祭りの真っ最中。ただ、いつもの祭りとは違うところがあった。ハトコのマイちゃんが、妖怪の登場する市民ミュージカルの準主役を務めることだった。その名を「鬼神伝説オボロガミ」。町に伝わる伝説を舞台化したものだという。マイちゃんはオボロガミのイケニエにささげられる少女の役だ。でも、毎年遊びに来ているケンジは、そんな話まったく聞いたことが無かった・・・。 現代に昔話の怪獣がよみがえり、少年が少女を守って家族と共に戦う話です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ファンタジー 42,690 位 / 42,690件
文字数 29,192 最終更新日 2022.10.09 登録日 2022.08.16
18
ファンタジー 連載中 長編 R15
伊勢神宮外宮の神職を世襲する渡会氏の一族が若女将を務める御師宿檜垣屋には、切符の好いお嬢さんがいた。お嬢さんの名前は優子、身勝手で身持ちの悪い、奉公人達と姦通を続ける母親と、気弱で妻も奉公人も罰せない父親に頭を悩まし続けていた。そんな優子が、堪忍袋の緒が切れて、母親と奉公人を檜垣屋から追い出す事件が起こる。優子は得意の陰陽術で付喪神達を使役し、自分の理想に邁進するのだった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ファンタジー 42,690 位 / 42,690件
文字数 112,378 最終更新日 2022.08.31 登録日 2022.07.31
長屋住まいの浪人川津半兵衛は普段は気の弱いお人よし。大工、左官にも喧嘩に負けるが、何故か人に慕われる。 ある日隣の幼女おきせが、不意に姿を消した。どうやら人買いにさらわれたらしい。 夜に入って降り出した雨。半兵衛は単身人買い一味が潜む荒れ寺へと乗り込む。 褌裸に菅の笠。腰に差したるは鮫革柄の小太刀一振り。 雨が降ったら誰にも負けぬ。古流剣術蛟流が飛沫を巻き上げる。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 9,388 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.06.22
江戸時代、宇土と呼ばれる身体の大きな青年が荒川のほとりに座っていた。 宇土は相撲部屋にいたのだが、ある事から相撲部屋を首になり、大工職人に弟子入りする。 しかし、物覚えが悪い兄弟子からは怒鳴られ、愚鈍と馬鹿にされる。そんな宇土の様子を見てる弟弟子からも愚鈍と馬鹿にされていた。 将来を憂いた宇土は、荒川のほとりで座り込んでいたのだった。 すると、老人が話しかけてきたのだった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 18,476 最終更新日 2022.06.05 登録日 2022.05.28
新宿の裏道にある魚屋にいる信 信のもとにはいろんな相談が持ち込まれてくる
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 現代文学 7,767 位 / 7,767件
文字数 1,646 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.05.24
戦国時代。 それは、多くの大名が日本各地で名乗りを上げ、一国一城の主となり、天下の覇権を握ろうと競い合った時代。 一介の素浪人が機に乗じ、また大名に見出され、下剋上を果たした例も多かった。 その各地の武将・大名を裏で支えた人々がいる。 鍛冶師である。 これは、戦国の世で名刀を打ち続けた一人の刀鍛冶の物語―――。 2022/5/1~5日 毎日20時更新 全5話 10000文字 小説にルビを付けると文字数が変わってしまうため、難読・特殊な読み方をするもの・固有名詞など以下一覧にしておきます。 煤 すす 兵 つわもの 有明 ありあけ 然し しかし 案山子 かかし 軈て やがて 厠 かわや 行燈 あんどん 朝餉 あさげ(あさごはん) 褌 ふんどし 為人 ひととなり 元服 (げんぷく)じゅうにさい
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 10,000 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.05.01
手違いで他の組織の若頭を弾いてしまい抗争に。。 組長の引退、組織の吸収、小さな組織はなり上がれるのか
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ライト文芸 7,621 位 / 7,621件
文字数 2,112 最終更新日 2022.04.14 登録日 2022.04.10
 猫を介していろんな人たちと繋がるほっこりストーリー。 (*改稿版)  はじまりは777の数字。  小城梨花。二十五歳独身、ちょっとめんどくさがり屋のダメな女子。  仕事を辞めて数か月。  このままだと、家賃も光熱費も食費もままならない状況に陥ってしまうと、気が焦り仕事を探そうと思い始めた。  梨花は、状況打破しようと動き始めようとする。  そんなとき、一匹のサバトラ猫が現れて後を追う。行き着く先は、老夫婦の経営する花屋だった。  猫のおかげというべきか、その花屋で働くことに。しかも、その老夫婦は梨花の住むアパートの大家でもあった。そんな偶然ってあるのだろうか。梨花は感謝しつつも、花屋で頑張ることにする。  お金のためなら、いや、好きな人のためなら、いやいや、そうじゃない。  信頼してくれる老婦人のためなら仕事も頑張れる。その花屋で出会った素敵な男性のことも気にかかり妄想もしてしまう。  恋の予感?  それは勝手な思い込み?  もしかして、運気上昇している?  不思議な縁ってあるものだ。  梨花は、そこでいろんな人と出会い成長していく。
24h.ポイント 28pt
小説 23,287 位 / 185,588件 ライト文芸 290 位 / 7,621件
文字数 171,142 最終更新日 2022.01.19 登録日 2018.03.20
その小さなお稲荷様は私…古橋はるかの家の片隅にある。それは一族繁栄を担ってくれている我が家にとって大事なお稲荷様なのだとか。そのお稲荷様に毎日お供え物をするのが我が家の日課なのだけれど、両親が長期の海外出張に行くことになってしまい、お稲荷様のご飯をしばらく私が担当することに。 そして一人暮らしの一日目。 いつもの通りにお供えをすると「まずい!」という一言とともにケモミミの男性が社から飛び出してきて…。 『私のために料理の腕を上げろ!このバカ娘!』 そんなこんなではじまる、お稲荷様と女子高生のほっこり日常レシピと怪異のお話。 キャラ文芸対象であやかし賞をいただきました!ありがとうございます! 現在アルファポリス様より書籍化進行中です。 10/25に作品引き下げをさせていただきました!
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 キャラ文芸 4,336 位 / 4,336件
文字数 119,372 最終更新日 2021.11.24 登録日 2019.12.31
メカラス連邦は多数の王国からなる連合体である。その中枢には、人々が平和で豊かに暮らせるように王の任命権をもつ評議会があった。その評議会は有力な王や司祭、学者などで構成されるが、そこで大きな発言権を持つのは稀代の方術師、ハークレイ法師だった。彼は学識豊かで人徳があり人々から慕われていた。ただ姿をくらますことが多く、その行方はようとして知れなかった。 この平和で豊かにみえる連邦の国々も波風が立たないわけではない。今日もどこかの国で様々なことが巻き起こっていた・・・。オムニバス形式
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ファンタジー 42,690 位 / 42,690件
文字数 148,730 最終更新日 2021.09.30 登録日 2021.08.23
突如入院生活を送る事になった男の何処か不思議で奇妙な時間。 外界から隔絶されてしまった院内はなんとも惚けた空気と時間の流れる場所だった。 当たり前の日常から外れてしまった生活の中で見えてくるものは?  小説家になろうの方でも公開しております。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 現代文学 7,767 位 / 7,767件
文字数 25,984 最終更新日 2021.08.13 登録日 2021.07.31
咲和(さわ)は、広島県尾道市に住む大学2年生。 ある日、アルバイト先である海岸通り沿いのカフェの窓から、若い男性が海に落ちるのを目撃する。 マスターや通りがかった高校生らによって助け上げられた彼を、成り行きで少しの間お世話することになってしまうが、彼の正体とはいったい……。
24h.ポイント 28pt
小説 23,287 位 / 185,588件 ライト文芸 290 位 / 7,621件
文字数 88,377 最終更新日 2021.07.21 登録日 2021.06.19
平治の乱。それは朝廷で台頭していた平氏と源氏が武力衝突した戦いだった。朝廷に謀反を起こした源氏側には、あわよくば立身出世を狙った農民『十郎』が与していた。 なお、散々に打ち破られてしまい行く当てがない模様。
24h.ポイント 21pt
小説 26,977 位 / 185,588件 歴史・時代 286 位 / 2,384件
文字数 16,844 最終更新日 2021.06.27 登録日 2021.05.06
神社通りの商い通りに、佐平という男が商っている茶屋がある。 佐平の娘は小梅という娘で、そろそろ嫁入りを考えていた相手がいたが、ものの見事に玉砕してしまう。 ふさぎ込む小梅に、佐平は娘の為にどう慰めていいのか悩み、茶屋に来る客に聞いて回る。 父と娘と、茶屋に訪れる人々のお茶の間の話。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 32,206 最終更新日 2021.06.18 登録日 2021.05.01
 幕末の江戸の片隅で、好まざる仕事をしながら暮らす相楽遼之進。彼は今日も酒臭いため息を吐いて、独り言の様に愚痴を云う。  かつては天才剣士として誇りある武士であったこの男が、生活に疲れたつまらない浪人者に成り果てたのは何時からだったか。  わたしが妻を死なせてしまった様なものだ────  貧しく苦労の絶えない浪人生活の中で、病弱だった妻を逝かせてしまった。その悔恨が相楽の胸を締め付ける。  だがせめて忘れ形見の幼い娘の前では笑顔でありたい……自遊長屋にて暮らす父と娘、二人は貧しい住人たちと共に今日も助け合いながら生きていた。  世話焼きな町娘のお花、一本気な錺り職人の夜吉、明けっ広げな棒手振の八助。他にも沢山の住人たち。  迷い苦しむときの方が多くとも、大切なものからは目を逸らしてはならないと──ただ愚直なまでの彼らに相楽は心を寄せ、彼らもまた相楽を思い遣る。  ある日、相楽の幸せを願った住人は相楽に寺子屋の師匠になってもらおうと計画するのだが……  そんな誰もが一生懸命に生きる日々のなか、相楽に思いもよらない凶事が降りかかるのであった──── ◆全24話
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 116,046 最終更新日 2021.06.12 登録日 2021.05.24
 時に元号が宝暦から明和に改まって二年が経つ江戸深川は北森下町六兵衛店。ここには「神酒所(みきしょ)の権左」と二つ名を取る老練な御用聞きが居た。故あって足を悪くし撞木杖を手放せない為、八丁堀の旦那の市中御見廻りの供にも事を欠き、亡き妻が残した髪結い床の裏座敷、通称「権左親分の御神酒所」で日がな一日煙草を呑んでいる。所がどうして、二言目には「隠居も同然」が口癖の彼のもとには今日も様々な相談事や事件が持ち込まれる。  ある日、南組定町廻り、溝呂木彦右衛門は同じ南町奉行所の同僚を連れ、権左の神酒所を尋ねたのだが・・・・    
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 83,398 最終更新日 2021.06.02 登録日 2020.05.17
京都四条に四代続く骨董屋音羽屋。その跡取りを夢見る音羽沙羅陀は来春に卒業を迎える京都の女子高生。 祖父沙一郎の急病で任された音羽屋で起こる様々な妖しき摩訶不思議な出来事に巻き込まれていく沙羅陀と四条木屋町界隈の人々との織り成す人情劇を描いていきます。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ライト文芸 7,621 位 / 7,621件
文字数 22,206 最終更新日 2021.05.04 登録日 2020.11.16
「蕎麦しかできやせんが、よございますか?」 お江戸永代橋の袂。 草木も眠り、屋の棟も三寸下がろうかという刻限に夜な夜な店を出す屋台の蕎麦屋が一つ。 「仕合せ屋」なんぞという、どうにも優しい名の付いたその蕎麦屋には一人の親父と看板娘が働いていた。 ある寒い夜の事。 そばの香りに誘われて、ふらりと訪れた侍が一人。 お江戸の冷たい夜気とともに厄介ごとを持ち込んできた。 冷たい風の吹き荒れるその厄介ごとに蕎麦屋の親子とその侍で立ち向かう。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 113,318 最終更新日 2021.04.29 登録日 2021.04.23
 ときは鎌倉時代 ―― 幕府を開いた源頼朝はいまはなく、二代目の頼家も暗殺され、実朝が三代目に。だが、権勢は既に執権北条氏のもとへ。  仏師実慶は、北条政子の依頼で、亡き頼家の菩提を弔うため、仏像の作成を依頼され、修善寺へと赴くが、そこで黒髪の美しい女性と出会い………………
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 14,777 最終更新日 2021.01.14 登録日 2021.01.14
 かつて5人の小さな人の物語に着手したことがある。  5人ともそろいもそろってあまりに奔放なものだから物語が散り散りに飛んでいき、空中分解するみたいにして頓挫した作品だった。  パソコンの中に棲む小人という設定に華やかさはなく、だから彼らに与えた姿はモノトーン。地味だけど着々と描いてきたのに。  彼らは、おとなしい活躍など最初から望んではいなかった。  それがある時、自らに色をつけ、向こうから再登場してきたではないか。  作者であるぼくをさしおき、彼らは自由意思で活動し始めようとしている。  なんのために?    ぼくのものだったはずの物語は、ある瞬間を境に彼らの物語にすり替わった。  彼らの目的はなにか?
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 ファンタジー 42,690 位 / 42,690件
文字数 5,813 最終更新日 2020.11.11 登録日 2020.10.23
旧題:深川 悪女の深情け 深川の遊郭で行き倒れていたところを、春画描きの浮世絵師に拾われた醜女の「猿」。 彼女は浮世絵師のために飯を作る約束で、遊郭の引き手茶屋で住むことを許されて……。 という、江戸飯テーマの人情小説です。 髪結い師の男、化粧師の男、引き手茶屋の婆に郭の台所を任された男、門番の男。など、花街に住む人達の視点で、1話完結の連作短編です。 完結しました。 ※なろうでも同じ小説をアップしています。
24h.ポイント 21pt
小説 26,977 位 / 185,588件 歴史・時代 286 位 / 2,384件
文字数 140,449 最終更新日 2020.10.29 登録日 2019.04.13
大伝馬町、木綿問屋街にある葉茶屋三好屋の一人娘『おみつ』は、 他の江戸娘と比べ少しふくふくとした娘である。 『おみつ』がふくふくとする原因は『おみつ』のとある力にあって……。 歌舞伎役者のように美しい藍屋若旦那『一太』からの溺愛に気づかず、 今日も懸命に菓子などを頬張る『おみつ』の少し不思議な日常と恋のお話。 第五回歴史・時代小説大賞で大賞&読者賞を頂きました。応援ありがとうございます。
24h.ポイント 21pt
小説 26,977 位 / 185,588件 歴史・時代 286 位 / 2,384件
文字数 62,551 最終更新日 2020.10.29 登録日 2019.04.15
昭和11年。仙台の教員一家に生まれた十歳の真澄は、親類の女衒によって花街に売られ、消息を絶った。 花街の下女となった真澄の、幸不幸こもごも人生。
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 現代文学 7,767 位 / 7,767件
文字数 19,030 最終更新日 2020.09.15 登録日 2020.09.15
四軒の長屋がポツンとある。そこには大家さんと、一人暮らしの娘っ子がいて、二つの空いた部屋を貸し出すが、なかなか居付かない。なぜだろうと思いつつのんびり過ごしている人情もの
24h.ポイント 0pt
小説 185,588 位 / 185,588件 歴史・時代 2,384 位 / 2,384件
文字数 11,547 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.05.20
50 12