剣ぺろ伝説〜悪役貴族に転生してしまったが別にどうでもいい〜

俺こと「天城剣介」は22歳の日に交通事故で死んでしまった。

…しかし目を覚ますと、俺は知らない女性に抱っこされていた!

「元気に育ってねぇクロウ」

(…クロウ…ってまさか!?)

そうここは自分がやっていた恋愛RPGゲーム
「ラグナロク•オリジン」と言う学園と世界を舞台にした超大型シナリオゲームだ

そんな世界に転生して真っ先に気がついたのは"クロウ"と言う名前、そう彼こそ主人公の攻略対象の女性を付け狙う、ゲーム史上最も嫌われている悪役貴族、それが

「クロウ•チューリア」だ

ありとあらゆる人々のヘイトを貯める行動をして最後には全てに裏切られてザマァをされ、辺境に捨てられて惨めな日々を送る羽目になる、そう言う運命なのだが、彼は思う

運命を変えて仕舞えば物語は大きく変わる
"バタフライ効果"と言う事を思い出し彼は誓う

「ザマァされた後にのんびりスローライフを送ろう!」と!

その為に彼がまず行うのはこのゲーム唯一の「バグ技」…"剣ぺろ"だ

剣ぺろと言う「バグ技」は
"剣を舐めるとステータスのどれかが1上がるバグ"だ

この物語は
剣ぺろバグを使い優雅なスローライフを目指そうと奮闘する悪役貴族の物語

(自分は学園編のみ登場してそこからは全く登場しない、ならそれ以降はのんびりと暮らせば良いんだ!)

しかしこれがフラグになる事を彼はまだ知らない
24h.ポイント 1,229pt
小説 1,044 位 / 186,098件 ファンタジー 187 位 / 41,599件