幼馴染み達がハーレム勇者に行ったが別にどうでもいい

アイ「恥ずかしいから家の外では話しかけて来ないで」

サユリ「貴方と話していると、誤解されるからもう2度と近寄らないで」

メグミ「家族とか気持ち悪、あんたとは赤の他人だから、それじゃ」

義理の妹で同い年のアイ
幼馴染みのサユリ
義理の姉のメグミ

彼女達とは仲が良く、小さい頃はよく一緒遊んでいた仲だった…

しかし

カイト「皆んなおはよう」

勇者でありイケメンでもあるカイトと出会ってから、彼女達は変わってしまった

家でも必要最低限しか話さなくなったアイ
近くにいることさえ拒絶するサユリ
最初から知らなかった事にするメグミ

そんな生活のを続けるのが
この世界の主人公 エイト

そんな生活をしていれば、普通なら心を病むものだが、彼は違った…何故なら

ミュウ「おはよう、エイト」

アリアン「おっす!エイト!」

シルフィ「おはようございます、エイト様」

エイト「おはよう、ミュウ、アリアン、シルフィ」

カイトの幼馴染みでカイトが密かに想いを寄せている彼女達と付き合っているからだ
彼女達にカイトについて言っても

ミュウ「カイト君?ただ小さい頃から知ってるだけだよ?」

アリアン「ただの知り合い」

シルフィ「お嬢様のストーカー」

エイト「酷い言われ様だな…」

彼女達はカイトの事をなんとも思っていなかった











カイト「僕の彼女達を奪いやがって」


24hポイント 5,290pt
小説 369 位 / 140,031件 ファンタジー 113 位 / 34,292件