前世の記憶を思い出した皇子だけど皇帝なんて興味ねえんで魔法陣学究めます

ハーララ帝国第四皇子であるエルネスティ・トゥーレ・タルヴィッキ・ニコ・ハーララはある日、高熱を出して倒れた。数日間悪夢に魘され、目が覚めた彼が口にした言葉は……

「皇帝なんて興味ねえ!俺は魔法陣究める!」

天使のような容姿に有るまじき口調で、これまでの人生を全否定するものだった。


* * * * * * * * *


母親である第二皇妃の傀儡だった皇子が前世を思い出して、我が道を行くようになるお話。主人公は研究者気質の変人皇子で、お相手は真面目な専属護衛騎士です。


○注意◯
・基本コメディ時折シリアス。
・健全なBL(予定)なので、R-15は保険。
・最初は恋愛要素が少なめ。
・主人公を筆頭に登場人物が変人ばっかり。
・本来の役割を見失ったルビ。
・おおまかな話の構成はしているが、基本的に行き当たりばったり。

エロエロだったり切なかったりとBLには重い話が多いなと思ったので、ライトなBLを自家供給しようと突発的に書いたお話です。行き当たりばったりの展開が作者にもわからないお話ですが、よろしくお願いします。




2020/09/05
内容紹介及びタグを一部修正しました。
24hポイント 972pt
小説 1,574 位 / 144,207件 BL 318 位 / 16,460件