他人の寿命が視える俺は理を捻じ曲げる。学園一の美令嬢を助けたら凄く優遇されることに

魔法学園4年生のグレイ・ズーは平凡な平民であるが、『他人の寿命が視える』という他の人にはない特殊な能力を持っていた。

ある日、学園一の美令嬢とすれ違った時、グレイは彼女の余命が本日までということを知ってしまう。

グレイは自分の特殊能力によって過去に周りから気味悪がられ、迫害されるということを経験していたためひたすら隠してきたのだが、

「・・・知ったからには黙っていられないよな」

と何とかしようと行動を開始する。

そのことが切っ掛けでグレイの生活が一変していくのであった。


他の投稿サイトでも掲載してます。
24h.ポイント 10,644pt
33,416
小説 169 位 / 185,983件 ファンタジー 29 位 / 42,755件