夏の扉を開けるとき

「霧のはし 虹のたもとで 2nd season」

 アルビーの留学を控えた二か月間の夏物語。

 僕の心はきみには見えない――。


 やっと通じ合えたと思ったのに――。

思いがけない闖入者に平穏を乱され、冷静ではいられないアルビー。
不可思議で傍若無人、何やら訳アリなコウの友人たちに振り回され、断ち切れない過去のしがらみが浮かび上がる。

夢と現を両手に掬い、境界線を綱渡りする。
アルビーの心に映る万華鏡のように脆く、危うい世界が広がる――。


 *****

 コウからアルビーへ一人称視点が切り替わっていますが、続編として内容は続いています。独立した作品としては読めませんので、「霧のはし 虹のたもとで」からお読み下さい。

 注・精神疾患に関する記述があります。ご不快に感じられる面があるかもしれません。

(番外編「憂鬱な朝」をプロローグとして挿入しています)


 

24hポイント 7pt
小説 34,734 位 / 140,231件 BL 7,445 位 / 15,868件