花は何時でも憂鬱で









日本屈指の財力を持つ金持ち学校
春栄学園に入学した春は
とある事情で財閥の長子であるにも関わらず偽名で入学することになった






けれど、その学園には奇妙な独自規則が展開されていた。




______『力こそが、全てだ』_____と。




そして、春も様々な思惑の中で
その独自規則に巻き込まれていく


そして知ることとなる

 

    この学園の端々に感じる  

  
 
『春田叶多』の名と『オーロ世代』と呼ばれるその世代とは何なのか、を。


     
『オーロ世代』 の間違いのその犠牲の果てに、この学園には
  

“何か”が欠如してしまった生徒たちが多く蔓延っていた。


 
【 ヒトは、変わらないことを願う。願い続ける。けれど、それを壊さんとする悪魔が鬼が
現れたのならどうなるのだろうか____待っているのは“安寧”かそれとも“崩壊”か  】





※登場人物は随時更新していくので
お手数ですがご確認下さい

※生徒会・風紀委員それぞれ出ますが
王道の様な王道ではない様な所が多々あるのでご注意下さい

※関西弁使いますが
本場の人からすれば違和感まんさいです
けど、どうか温かい目で見てやってください

※年齢制限の表現は極力挟まない予定ですが。全くないとも言い切れませんのでR指定させていただきます。









24hポイント 42pt
小説 15,920 位 / 143,907件 BL 3,363 位 / 16,424件