魔力値1の私が大賢者(仮)を目指すまで

 誰もが魔力をもち魔法が使える世界で、アンナリーナはその力を持たず皆に厭われていた。
 運命の【ギフト授与式】がやってきて、これでまともな暮らしが出来るかと思ったのだが……
 与えられたギフトは【ギフト】というよくわからないもの。
 だが、そのとき思い出した前世の記憶で【ギフト】の使い方を閃いて。

 これは少し歪んだ考え方の持ち主、アンナリーナの一風変わった仲間たちとの日常のお話。

 冒険を始めるに至って、第1章はアンナリーナのこれからを書くのに外せません。
 よろしくお願いします。

 この作品は小説家になろう様にも掲載しています。
24hポイント 56pt
小説 7,781 位 / 68,819件 ファンタジー 1,826 位 / 20,745件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

追放悪役令嬢、只今監視中!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:139928pt お気に入り:6662

ヤンデレの妹がマジで俺に懐きすぎてだるい。

青春 / 連載中 24h.ポイント:426pt お気に入り:48

えっ!?こんなスキルって嘘でしょ!?

BL / 連載中 24h.ポイント:120pt お気に入り:45

迷宮最深部(ラスボス)から始まる美食(グルメ)探訪記

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:15898pt お気に入り:3174

悪役令嬢になったようなので、婚約者の為に身を引きます!!!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:29011pt お気に入り:2506

異世界への迷い人?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:355pt お気に入り:128

緑の魔法と香りの使い手

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:752pt お気に入り:7281

唯一平民の悪役令嬢は吸血鬼な従者がお気に入りなのである。

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:142pt お気に入り:1034