身代わり婚~暴君と呼ばれる辺境伯に拒絶された仮初の花嫁

【決してご迷惑はお掛けしません。どうか私をここに置いて頂けませんか?】

妾腹の娘として厄介者扱いを受けていたアリアドネは姉の身代わりとして暴君として名高い辺境伯に嫁がされる。結婚すれば幸せになれるかもしれないと淡い期待を抱いていたのも束の間。望まぬ花嫁を押し付けられたとして夫となるべく辺境伯に初対面で冷たい言葉を投げつけらた。さらに城から追い出されそうになるものの、ある人物に救われて下働きとして置いてもらえる事になるのだった―。
24hポイント 21,393pt
小説 115 位 / 144,428件 恋愛 70 位 / 45,162件