神の宿り木~旅の途中~ルーク~ …旅の終わりの始まり…

長い時間を生きるリーンの最初で最後の恋物語。
森の奥の魔素の強い『聖域』に住むリーンは『森の管理者』として『風霊』に呼ばれ、各地で起こる自然災害や、壊れそうな結界の被害を最小限に抑えるため、各地を飛び回っていた。
そんなリーンが出会ったのは、魔力を持っている事を隠されて、魔法を使う事の出来ない剣士で…。
リーンに掛けられた幾つもの魔法が動き出し、発動し始める…。

長い時間の中で出会った、獣人族、水人族、魔女、人族と再開しながら、旅の終わりに向かう…。


⚫水中都市~フールシアの溺愛~
 リーンの過去編です。
 馬車の中で語った、『水中都市へ行って、帰って来た話』です。
 ルーク達には、フールシアとのアレコレは、流石に省いて話してます。

⚫魔女の宴
 やっとココへ、たどり着いた感じです。

⚫魔女の森~対価~
 リーンの過去編です。
 かつて一緒に行動を共にして暮らした、獣人のユキに掛けた魔法が消えた。
彼女にあげた、その耳飾りを探して『魔女の森』へ、迷いこむ。その日は『魔女の宴』で…。
魔女達から逃げきれず、捕まってしまうが…。
~旅の途中~ジン~の少し前の話です。
(ジンと、出会った後の話)

⚫カザンナ王国
ここからはその後、後半戦に入ります。(折り返し?)
カザンナ王国の事や、リーンの耳飾り、ルークの魔力、魔女王ソフィアの件も片付いていないので、少しずつ旅の終わりに向かいます。

⚫神の宿り木~再生~に入ったのに、アリミネ火山~追憶のキース~が意外と長くなってしまった。
でも、これがあったからのキラですからね…。
 
*神の宿り木~旅の途中~ジン~の、十数年後の話です。(~ルーク~へ、たどり着くまでの過去の話しです)(~ジン~は完結してます)
こちらも読んで見てください。

少しずつ書き出しながら進んでいきます。
24hポイント 306pt
小説 4,587 位 / 148,569件 BL 1,033 位 / 17,092件